クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
過去のシリーズ作品で描かれた巨大企業アンブレラ社を巡る事件を、新たな視点から楽しめるガンシューティング。多彩な武器を駆使し、迫りくるゾンビを倒せ。
発売日
2007年11月15日
価格
6990円 [税抜]
対応機種
Wii 他の機種を見る
ジャンル
シューティング
メーカー
カプコン
詳細を見る

バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ(Wii)のレビュー・評価・感想情報

カミカゼ長田
ファミ通公式 Wii
8

『バイオ』ファンにとってはかなり魅力的なシナリオだからなのか、けっこう歯応えのある難易度。何度もプレイしてコツを覚える必要はあるが、蓄積によって武器をパワーアップさせたり、隠しアイテムを捜す楽しみもあるため、あまり苦にならない。ふたりプレイがかなり楽しい。

週刊ファミ通988号より

吉池マリア
ファミ通公式 Wii
8

懐かしくも、"アンブレラ事件"の新たなシナリオが見られて、ファンにはうれしい内容。武器の種類が多かったり、物をガンガン壊せるのもイイ。ただゾンビが硬く、ヘッドショットの部分もピンポイントで、難度は高い。見たいシナリオにたどり着くには、けっこうな鍛錬が必要です。

週刊ファミ通988号より

山本ペンキ
ファミ通公式 Wii
8

過去作品を一挙に詰め込んで、おいしいところをチョイス。イージーでもけっこう難しく、初見では道中のザコたちですら強敵。そんな敵たちも攻撃を覚えると、軽くあしらえたり。アクションゲーム本来の楽しみかたを味わえます。ボス戦も久しぶりに歯応えがあって楽しい!

週刊ファミ通988号より

デイリー松尾
ファミ通公式 Wii
8

昨今のゲームには珍しい硬派な難度。敵の弱点を正確に狙う技術と反射神経に加え、パターン構築も必須。Wiiのメインユーザー層を考えると難しすぎる気もするが、こういう歯応えのあるゲームを待っていた人もいるはず。練習した分だけ、自分の腕が上がっていくことを実感できる作り。

週刊ファミ通988号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
過去のシリーズ作品で描かれた巨大企業アンブレラ社を巡る事件を、新たな視点から楽しめるガンシューティング。多彩な武器を駆使し、迫りくるゾンビを倒せ。
発売日
2007年11月15日
価格
6990円 [税抜]
対応機種
Wii 他の機種を見る
ジャンル
シューティング
メーカー
カプコン
詳細を見る

バイオハザード アンブレラ・クロニクルズに関連

すべて見る
  1. 1
    『ひろがるスカイ!プリキュア』新情報。キュアウィングはレギュラーメンバー初の男子プリキュア、キュアバタフライは18歳の新成人プリキュア
  2. 2
    【FGO】ウィンターパーティースタッフトーク発表内容まとめ。福袋召喚ランキングやラスプーチンのデザイン資料が公開
  3. 3
    『To LOVEる-とらぶる-』新作読切がトレンドを湧かす! 数年ぶり新作漫画にTwitterが盛り上がる【トレンドワード解説】
  4. 4
    アニメ『鬼滅の刃』上弦の鬼役として宮野真守、古川登志夫、鳥海浩輔、置鮎龍太郎が参加決定! 新PVも公開
  5. 5
    『ギルティギア ストライヴ』ブリジットがフィギュア化決定。覚醒必殺技“帰ってきたキルマシーン”のポーズがベースに
特設・企画