ファミ通.com TVゲーム ファミ通.comトップページ
家庭用ゲームPCゲーム・ハードケータイアプリ・端末ファミ通スクール.netムービーミュージックショッピングプレゼント
カテゴリ別ニュース&企画記事ブロードバンドコンテンツ

飾り枠
マーケットレポート
飾り枠
飾り枠

飾り枠
飾り枠
連載バックナンバー
【見習い記者の取材日記】
次へ進む 前へ戻る

第26回 噂のゲーム実体験記! Xbox『N.U.D.E.@』編!
第25回 2003年1月〜3月のソフトとハードの売れ行きを徹底検証!
第24回 人気ソフト&ハードが相次いで発売された2月、3月商戦を行列で総括!
第23回 Xbox Live Nightの熱い夜を取材!
第22回 『鬼武者3』発表会が開催! 会場に潜入取材!
第21回 スワンクリスタル受注生産へ! ワンダースワンのこれまでとこれからを探る!
第20回 『サクラ大戦〜熱き血潮に〜』の発売日を追う!
第19回 AOU2003 アミューズメントエキスポを徹底取材!
第18回 ゲームボーイアドバンスSP発売日の模様を見習い記者が徹底取材!
第17回 ゲーム機本体とカラーバリエーション!

『【見習い記者の取材日記】』に関するご意見・ご感想などをお聞かせください。ここをクリックするとメール投稿フォームのページへとジャンプします。
飾り枠
HOMEゲーム>連載>

第27回 噂のゲーム体験記! プレイステーション2『みんなのGOLF オンライン』編!
【見習い記者の取材日記】

●いきなり潜入取材です

 

 こんにちは。新人記者Iです。2週連続で掲載が遅れてしまいまして申し訳ありません。今回のコラムはかなりのボリュームで、時間がかかってしまいました。さて今週のコラムは、ソニー・コンピュータエンタテインメント(以下、SCE)からお伝えします。じつは先日上司と先輩が、発売時期や価格が発表されたばかりの『みんなのGOLF オンライン』をSCEで遊んできたらしいのです。秘密裏にそんな取材に行くなんて鬼ですか!? ふてくされる僕を哀れんだ上司は、「取材という名目があるなら、いつでも遊びにきてくださいって言ってたな」とボソリ。その話を聞くやいなや、僕はすぐに電話交渉を開始。遊ばせてもらえることになりました。というわけで今回は、PlayStation BB対応のオンラインゲーム『みんなのGOLF オンライン』のプレイ体験記をお伝えします。今回は、SCEにオジャマしてプレイ。じつは僕は『みんなのGOLF2』はプレイしたことはありますが、この『みんなのGOLF オンライン』はβテスト版も未プレイ。それだけに非常に楽しみです。あ、ちなみに今回は開発途中のソフトで遊ばせていただきました。では、コラムスタートです!

 

プレイ風景

▲SCEの一室を占拠して居座りプレイ。3時間以上も遊ばせてもらいました。まるでマンガ喫茶みたい……。

 

●『みんなのGOLF オンライン』ってどんなゲーム?

 

 さて、まずは『みんなのGOLF オンライン』がどんなゲームなのかを簡単に紹介しておきましょう。今作の特徴はタイトルどおり、オンラインプレイがメインになっていること。基本システムは『みんなのGOLF3』を継承。自分専用のキャラクターを作成して、ほかのプレイヤーとのコミュニケーションを楽しみながら、各種オンラインプレイモード(下を参照)が遊べます。さらに、オフラインモードもしっかりと用意されているんです。ちなみに発売は6月で価格は4800円。利用料金などはこちらの記事をご覧ください。

 

オンラインプレイで楽しめるモード

フリー対戦

最大4人で同じコースで対戦できるモード。部屋を作成して、さまざまな条件を設定。段位を問わずに好きな人とチャットをしながら自由にラウンドできます。ふたりでマッチプレイも楽しめますよ。

リアル大会

最大100人が同時にプレイして順位を競う"リアル大会"。

フリー対戦とは異なり、ひとりでラウンド。1ホールが終了するたびにランキングが表示され、そこでチャットも楽しめます。リアル大会の大会内容はさまざま。多数の人と同時進行で順位を競えるだけに、βテストではこのモードがもっとも盛り上がっていたみたいですね。

新全国大会

『みんなのGOLF3』の全国大会と同様にひとりでプレイ。ラウンド終了後に、スコアとコメントを申請。後日、インターネット上で総合順位が発表されます。

 

 

●βテスト版との変更点はどこなのでしょう?

 

 それではさっそくプレイ! と思ったのですが、βテスト版をプレイしていない僕は、どこがどう変更されているかわからないではないですか! 困っていると上司が、「どうせβテスト版との変更点がわからないんだろ? 仕方ないから俺がまとめてやる」と救いの手を差し伸べてくれました。いやはや、珍しいこともあるものです。ということで、βテスト版を遊びまくった上司にしかわからない変更点をご覧ください。

 

●βテストからの気になる変更点は?
 

 しょうがないのでここで書き手交代。βテスト版からの変更点とプレイした感想を、ここでまとめてお伝えしましょう。ちなみに変更点はあくまで現時点でのもの。製品版ではさらに改良されている可能性もありますので、ご了承ください。ちなみに掲載している変更点のほとんどは、体験プレイ時に記者が気づき、感じたことです。中には間違いもあるかもしれませんが、ま、そこはご容赦を。では、ドドドドッと掲載しましょう!


●ヤジ、応援セリフが画面に表示されちゃったり!

 今作ではフリーのラウンド時、コントローラー操作でヤジや応援セリフを簡単に発することができます。が、βテスト版ではどのボタンにどのセリフが登録されているのかがわからず、イマイチ不評な声が多かったのも事実。これが改善されていて、登録されているセリフを画面下部に表示できるようになりました。これは確かに便利。うっかりブーイングやセリフ間違いの心配はもういりませんよ。

●見たこともないコース&キャラが!

 SCEにオジャマした際、「このコース遊んでみます?」と言われて、あるコースをプレイさせていただきました。そのコースのレイアウトが最高に活かしてたんですよ。詳細はまだ言えませんが、五重塔やエッフェル塔が建っていたり、なぜかクルマがビュンビュン走っていたり。あるコースでは水の中に入ったボールがなぜか打ててしまったりも……? ちなみにそのコース、激ムズでした。お恥ずかしい話ですが、18ホール回って10オーバー以上というダメダメスコア。でも、この激ムズコースがまたおもしろい。製品版ですぐに遊べるかはわかりませんが、コースも非常に多彩になっている、ということですね。それからキャラクター。こちらもこっそり見せていただきました。当然のことながら増えていました。いい感じでした。印象的だったのは女性キャラのコスチュームで、妙に色っぽいコスチュームや仕草が増えていたような。

●細かい変更点も!

 フリーラウンド時、ショットの際に"●●●●さんの●打目です"と表示されるようになっていました。細かい変更点ながら、これもうれしい仕様の追加。とにかく、より快適にラウンドできるような変更点が本当に満載なんですよ。

●昇段は実力に応じて
 昇段システムは大幅に改善される模様。詳細はまだわかりませんが、βテスト時のような、プレイした回数に応じて段位が上がっていく、というシステムではないとのこと。スコアやリアル大会の成績など、さまざまな要素をもとに段位が上下しそうです。つまりはプレイヤーの実力に応じた昇段システムになるということ。ユーザーの意見がしっかり反映されていますよね。

●リアル大会にグレード制導入?
 これはわりと衝撃の事実。なんとリアル大会の各大会に"GI"や"GII"などのグレード制が導入されていました。各大会ごとにグレードが決まっているというわけです(たとえば"女性キャラ限定大会"はGIIとか)。ではこのグレード制はどんな意味を持っているのか………………それはじつはまだ謎だったり。でも、上で紹介した昇段システムにも関係がありそうな気もしますね〜。リアル大会をさらにおもしろくしてくれそうです。

●リアル大会の回数&内容に変化が!
 βテスト時は1時間平均3回程度の開催だったリアル大会。が、製品版ではサーバーの数が増えることもあり、大会の種類&回数が大幅に増加。15分間隔でつぎつぎ大会を開催することも可能なようです。さらに大会の種類もよりバラエティーに富んだものに。詳しく書けないのが残念ですが、想像を絶する厳しいルールの大会から、(いい意味で)おちゃらけた内容の大会、スコアなどのプレイヤーの実力に応じて参加者を限定する大会などなど、とにかく種類が豊富になっていましたよ。

●そんなリアル大会に参加回数制限が?
 なんとビックリ、リアル大会に参加回数制限が! βテスト版では、無制限で自由に何回でも参加できたリアル大会。しかし製品版では"1週間に20回まで(回数は仮の数字)"など、参加回数が制限されることになりました。これはリアル大会だけを楽しんでもらうのではなく、フリー対戦などの各モードを満遍なく遊んでもらうための仕様変更、とのこと。え? と思う人もいるかも知れませんが、仮に週20回までだとしても、1日約3回は大会に出場できるわけで、ほとんどのプレイヤーに大きな影響はなさそう。それに出場する大会を厳選することで、大会の緊張感もほどよく増すし、『みんGOL』のゲーム性を考えても適切な措置と言えるのではないでしょうか。


 

●まだまだ変更点はあるんだけど……
 

 あまりに長くなってしまったので、あとは駆け足で。ロビーキャラのアイテムがすっごく増えてました。ちなみにSCEの広報氏はロビー内を自転車で走り回っていましたが、これが採用されるかは未定とのこと。さらにロビーの種類もよりバラエティーに。各コースをモチーフにしたロビーや2階部分が用意されているロビーなど、その種類はさまざま。それから新全国大会モード。体験プレイ時にはふたつの大会が並行開催されていましたね。そのほかまだまだあるんですが、とりあえずこのへんで。はっきりと言えることは、βテストユーザーの要望が可能な限り叶えられているということ。また、要望を叶えるだけではなく、全体に手を加えてより親切、丁寧な設計になっている印象を受けました。βテスト時のシステムを大きく崩さずに、いい肉付けがされたな〜と感じましたね。"このボタンでどんなセリフがでるんだっけ?"、"この部屋に入っても大丈夫なのかな?"など、βテスト時にちょっと感じていた不安点がしっかりと解消されていて、より快適に遊びやすくなっている。ぶっちゃけてしまうと、「こりゃおもろい」のひと言なんですけどね。個人的にも、6月の発売が本当に楽しみです。では、ここでまたまた書き手交代。新人記者Iのダメダメゴルフっぷりをお楽しみください。 

 

●『みんなのGOLF オンライン』初体験の僕の感想

 

プレイ

▲初めはオロオロとおぼつかない操作でしたが、慣れればどうってことなしですよ!

 なんだか細かい変更点がいろいろとあるみたいですね。あれで全部じゃないというのが驚きです。さて、変更点がわかったところで、ここからは初めて『みんなのGOLF オンライン』をプレイした僕の率直な感想を書きます。僕のゲームライフは思いのほかオンラインゲームとは疎遠です。以前にこのコラムでも書いたXbox Live のβテスト。それ以来のオンライン挑戦です!

 

まずはフリー対戦に挑戦! 手始めに僕と上司、広報さんでフリー対戦に挑戦。このモードでは、ひとりがショットを打つとき、それ以外のプレイヤーはチャットで声援や野次を飛ばせます。こちらからメッセージを発するのは楽しいです。問題は自分のショットのときです。上司から、「へたくそ」とか「彼女なし」とか「こいつ○○だぞ」など卑猥なメッセージを浴びせられ、バンカーやOBの連続。始めはチャットで親切にアドバイスしてくれていた広報さんまで、「早く打って」とか「ホント○○ですね」と上司に便乗した叱責メッセージを投げかけるのです。おかげでスコアは散々(ビリ)でしたよ。でも僕も、「教えかたが悪い」などの報復メッセージを送ってやりましたけどね。アドバイスやたわいもない会話が楽しかったです。それとチャットによる妨害は快感。もちろん知っている人どうしだから許されることで、初めてプレイする人に対してはこういうことはしちゃだめですよ! 


リアル大会で集中プレイ つぎにプレイしたのはリアル大会。このモードは個々にラウンドして、1ホール終了するたびに総合順位が表示されます。総合順位表示中のみチャットでメッセージも送れます。なので相手のショットを待ったり、野次を飛ばされることなく集中してプレイできるのです。総合順位表示時には、画面の左下に1位のプレイヤーのキャラクターが表示されていました。これも細かい変更点みたいですね。スコア的にはリアル大会のほうがよかったです。ま、ビリでしたけど。

 

チャット

▲βテスト版にはなかったロビーで反省会を実施。チャットが気軽にできるのもうれいしいですね。

みんなでチャットも 最後にロビーに集まり、チャットで反省会をしました。『みんなのGOLF オンライン』初体験の僕も、そのおもしろさにメロメロ! なんでβテストのときに遊ばなかったんだろうと後悔しちゃいましたよ。とりあえず発売までもう少し時間があるので、ネットワーク環境を整えようかなぁと考えてます。もともと『みんGOL』好きの上司たちも、各々の感想を広報さんに熱弁していましたよ。全国のプレイヤーとオンラインでつながったとき、このロビーでさまざまな出会いが待っているかと思うとワクワクしますね。

 

●一度プレイすればそのおもしろさが実感できます

 

 というわけで今回は、発売まえの『みんなのGOLF オンライン』について書きましたがいかがでしたでしょうか? 初めてプレイをして感じたことは、『みんなのGOLF オンライン』はオンラインゲームの中でも取っつきやすく、簡単なルールで誰でも遊べるゲームだということです。まだまだ数の少ない家庭用ゲーム機のオンラインゲームですが、PlayStation BB Unitと(おそらく)同時に発売されることもあり、このゲームはオンラインユーザーの幅を広げてくれそうですよね。チャットも気軽にできて、オンライン、オフラインの両モードがある。すでにβテストは終了していますが、製品版でこのおもしろさをぜひ味わってみてください!


※ソニー・コンピュータエンタテインメントのホームページはこちら

※みんGOLnetはこちら

 

(C)Sony Computer Entertainment Inc.

インフォメーションプライバシーポリシー別窓)|利用条件・免責
FAMITSU.com ©KADOKAWA CORPORATION 2015
ファミ通.comに使用されている画像を無断で転載、加工などを行った場合、処罰の対象となることがございます。