ファミ通.com TVゲーム ファミ通.comトップページ
家庭用ゲームPCゲーム・ハードケータイアプリ・端末ファミ通スクール.netムービーミュージックショッピングプレゼント
カテゴリ別ニュース&企画記事ブロードバンドコンテンツ

飾り枠
マーケットレポート
飾り枠
飾り枠

飾り枠
飾り枠
連載バックナンバー
ササキMk.IIのゲムッ子日記
次へ進む 前へ戻る

第79回 『エボエボ』プレイステーション2版情報
第78回 『エボエボ』イベント情報です
第77回 『エボエボ』どころか風邪ひき中
第76回 『エボエボ』ついに七段です!
第75回 『エボエボ』トゥデイメンバー騒動記
第74回 『エボエボ』やりたい〜
第73回 『エボエボ』新J&Mk.IIの50人組み手!?
第72回 『エボエボ』大阪に初遠征
第71回 『エボエボ』岡山に初遠征!
第70回 『エボエボ』アツくなったら負け!

『ササキMk.IIのゲムッ子日記』に関するご意見・ご感想などをお聞かせください。ここをクリックするとメール投稿フォームのページへとジャンプします。
飾り枠
HOMEゲーム>連載>

第80回 OZで『エボエボ』3on3大会
ササキMk.IIのゲムッ子日記


 はい、この歳になって初めて『ベルセルク』(三浦建太郎/白泉社)を読んだササキです、こんにちは。このマンガ、チョーおもしろいのなぁ〜。ビックリ。やっぱり大勢の人が「おもしろいッ!!」って言ってるものって、本当におもしろいものが多いんだなと改めて思ってみたり。ただいま2度目の読み直し中だったりします。

 そんな近況は置いといて。本日は、お伝えするのが遅れていた『エボエボ』3on3大会の結果を書き記しておこうと思います。よろしゅう。

 12月15日(日)、私の家のご近所ゲーセン"ゲームスクウェアOZ"で、『エボエボ』の3on3大会が行われました。このゲーセンは私のお気に入りゲーセンなので、前回に引き続き、今回も張り切って参加することに。

 しかし今回は3on3の大会。ということで、チームメンバーを集めなきゃならないわけです。とりあえずOZに馴染み深いキャサ夫さんを誘ってみたものの、「都合が悪い」ということでお断りされちまいまして……。そこで、いつも「大会に出たい!」と言っていた新宿ジャッキーさんを湘南から召喚することに!! し、湘南ですよ!? 遠路はるばるご苦労さまです(笑)。

 さらに、もうひとりのメンバーとしてお誘いしたのがOZの店員さん。じつはOZの店員さんたちって、ほとんどが『バーチャ』大好きっ子だったりするんですよ(笑)。ある日フツーに対戦してる人がつぎの日にはエプロン着けてお仕事してたりするので、最初はかなりビックリしました(笑)。で、この店員さんは、すでに何度も対戦したことがあるシュン使いなわけですが、以前同段戦を行い昇格させちまったことがある人物。つまり、私に苦い記憶を植えつけた人物なのであります(笑)。

 まぁ、そんなこんなで遅刻ギリギリでOZへ向かうと、なんか! お店側がやる気マンマンだッ!! 2階フロアを大会運営用に設置し直し、コンバーターを用意して大会の映像撮りにも挑戦するという気合の入れよう。うーん、いい感じです。ホント、この店の前向きな態度には感服させられます。すごい。

 で。まずは今大会のルールから説明しておきましょう。欠席チームがチラホラいたという話ですが、今回は8チーム、計24名のバチャっ子さんが参加していました。この8チームを3ブロックに分けてリーグ戦を行い、各ブロックの1位が決勝トーナメント進出。2位は敗者復活戦をやって、勝ち上がった1位チームだけが決勝トーナメントに進出するっていう感じでした……多分。記憶力が悪くてスミマセン。

 そして私と新J、店員さんで「優勝しちゃおうぜー!!」などと雑談していたそのとき! 信じられない人物が店内に入ってきたんです!! その人物とは……ブンブン丸ッ!?



ササキ 
エッ!? なんでブンブンがOZにいるの?

ブンブン 
大会参加者ですよ(笑)。

ササキ 
マジかよっ!?

ブンブン 
てか寝てたんだけどMAXに召喚されてさ(笑)。

ササキ 
MAXと組むの!? つーか、もうひとりは誰よ?

ブンブン 
シンノスケって人。

ササキ 
シ、シンノスケかよ!? きっちぃチームだな、おい!!

ブンブン 
とりあえずがんばりますよ。

ササキ 
うぅーーー(泣)。
 



 おなじみトゥデイメンバーが、なぜか私の住む地に勢揃い!! けど、ブンブン丸だけ別のチーム! 大丈夫か、うちら(笑)? あ、ちなみに文中に登場しているMAXさんとはいまは亡きゲーセン、下北沢アテナがあった時代からのバチャっ子さんで、現在はOZの常連さん。密かにこの日記にも、何度か登場していただきました。そしてシンノスケも、以前OZの個人戦でキャサ夫を倒した経験を持つOZの常連さんだったりします。
 

 ブンブン丸の参加により、厳しい匂いがプンプンしてきた今大会。しかし、今回に限って私はクジ運の神様に愛されていた模様です。なぜなら2チームで予選を行うCブロックを引き当てることができたからっ! つまり、予選で負けても敗者復活には必ず出られる!! ……いや、優勝する気はマンマンだけど、いちおう保険はあったほうがいいしネ!! なんちゃって、マジで優勝する気たっぷりで挑んだんですけどね。
 

 というワケで、いよいよ大会開始。まずは3チームで構成されたAブロックとBブロックの予選が同時に進行されることに。このときはブンブン丸が属する"ぼぶさっぷ"チームの試合を観戦してみました。ていうか……このチーム強いわぁー。MAXが十段ゴウ、カゲカードをなくしたシンノスケが十段ジェフリー、でもってブンブン丸が八段ウルフ。……は、八段? まぁ細かいところにツッコミは入れませんが、なんと"ぼぶさっぷ"は予選1戦目を先鋒で出たブンブン丸が3人抜きし、予選2戦目をこれまた先鋒で出たMAXが3人抜きして、サクッと決勝進出を決めたのでした。……うーん、さすがぁ。ちなみにBブロックで決勝にコマを進めたのは、"OZニ軍"チーム(詳細は後程)でした。
 

 そしていよいよCブロックの予選が開始。お相手は……おえーっぷ。いつも私がOZで対戦して、まったく歯が立たないリオンさんがいるトコじゃないですか! この人には勝てた記憶がないんだけどなぁ〜(泣)。けど、やるしかない!! 

 そして通常なら私が先鋒として出るのがふつうなんですが、今回は「先鋒で出たい!!」と強く意志表示をした新Jさんが最初に出ることに。相手の先鋒は九段ウルフ。新Jがいい感じで挑むものの、惜しくも敗北! というワケで私の出番です。
 


楽しかった!

▲じつはこの日がVer.B初プレイ。というか、トゥデイメンバー全員が初プレイだったりしました。大丈夫か!? 

 正直言うと、この試合はあんまり緊張することなく戦えたような気がする。いや、ブルってたのかもしんないけど、ウルフと戦うのは基本的に好きだし。それと、「新Jが負けたんだから、私も負けちゃうんだろーな」みたいな気持ちがあって、好きなように暴れられたのがよかったのかな。というワケで、なんとなく勝てましたッ! ラッキ!! 

 続く相手の次鋒さんはラウ。……げぇ〜ッ、ラウ、苦手だぁ〜。しかも対戦中、私の下K+Gが読まれまくってたぁ〜。すぐに対応できない自分がもどかしいのですが、こればっかりはしょーがない。まだまだ慣れ不足です(泣)。しかし、これまた暴れきって勝利!! おぉ、ずげぇぜ自分。ふたり抜き? みたいな。

 そして大将さんの登場!! この大将さんこそが、私の苦手なリオンのワケで。うぅー(泣)。……けど、いざ試合が始まってみると、何やら大将リオンさんの動きが固いような??? 私より各段に上手いはずのこの人が、なぜ……!? ズ、ズバリこれが大会効果なのかッーーー!? なんか、すっごく危なかったんだけど、これまた勝つことができちゃいました! 大会効果、バンザイです!!

 ひっさびさに3人抜きを達成しちゃいましたよー。よかったぁ〜。チームに貢献することもできたし、場も盛り上げられて、オマケに日記ネタもゲット!! おいしいな、オイ。

 というワケで、うちらのチームは大将を温存しながら決勝トーナメントに進出することができました。こうなると、やっぱり優勝を目指す気持ちが高まってくるわけで……。

 で、いよいよ決勝戦がスタート。うちらの相手は敗者復活で勝ち上がってきたチームです。今回も先鋒は新J、そして相手チームの先鋒はシュン。しかも同段さん!! つーかシュンか!! 思わず私と店員さんは、「シュン、ムリ!! 新J、がんばって倒してぇ〜」みたいなことを口走り、新Jが勝つようお祈りしちゃいました(笑)。しかし新Jは、どうやらシュン戦は得意な様子。危なげなく勝ってたような感じでした(多分)。とりあえず、ヤッター!! 新J、ひとり抜きです。

 このまま勢いに乗って新Jが3人抜きしてくれれば……と思ってたら、今度は向こうの次鋒が……王者アキラ!? あ、あり得ない〜ッ!! 

 新J→負け、ササキ→負け、そして大将の店員さんもがんばってくれたのですが、3人が惨殺される結果となってしまいました。うぅ、残念〜。けどベスト4入りしたわけだし、楽しかったから、まぁ、よしとしましょうか。……けど、口惜しいー。
 

 ……と、かなりザックリ試合の流れを書き綴ってみたわけですが、あまりにも大雑把すぎますね。「これだけじゃ物足りない!!」という読者さんのために、そして、私自身が読みたいがために、おなじみのあの人に大会レポートを書いてもらいました!! さぁみなさん、読んでください!



新J(コメス)の悶絶レポ 〜黄昏の3on3、oz大好きッコ編〜


コメスさんでーす

●ポイント
・大会ってのも久しぶりだなぁ。
・よーし、先鋒として出て行って、相手チームをかき回しちゃうぞ! グリグリ!
・試合の最初は、サマーソルト占いもしちゃうぞ! 今日の運勢はどんなかな〜?

●サマーソルト占い
・試合開始と同時にサマーソルトキックを打ち、その当たりかたによって試合の行方を占う、非常に危険な占い。

◆サマーソルト占いの判定◆
カウンターヒット――――――――――大吉
ノーマルヒット―――――――――――中吉
ガードハーフ―――――――――――小吉
空振り――――――――――――――凶(※)
※空振りした時点で凶は決定。どのくらい痛い反撃を受けたかによって、凶〜大凶と変化する。


●予選リーグ
・相手は九段のウルフ。
・試合開始! ……のまえに、カードのバージョンアップか……。Ver.B、初めてだもんなぁ……。
・開幕、サマーソルト占い(上記参照)。相手がバックダッシュ後に技を出してたので、痛い反撃は食らわなかった。凶。
・つーか、なんかぜんぜん動けてないんですけど……。
・溜め攻撃を見てからのパクサオを2度成功させるも、その後の投げをいずれも投げ抜けされるという象徴的な場面が示すように……。
・沈没! チームメイトのみなさん、あとはよろしくお願いしまーす!
・試合を見ていたブンブン丸のコメント「ローキックにこだわりすぎちゃいましたね。あと、相手のローキックをガードしたあとの反撃と……。あ、あとスピンヒールとパンチサイドが少なすぎですよ。それと、ビート1回も出してなかったんじゃないすか?」
・そ、そうだよね。うんうん、わかるわかる……。
・サマーソルト占いはよく当たるなぁ。


●準決勝
・くじ運のよさとササキMk2活躍の巻により、決勝トーナメントへ。
・先鋒は同段(七段)のシュン!? よーしわかった! コメスにまかしとけ!
・10杯以上飲まれちゃったけど、勝っちゃった感じ〜。
・よっしゃ〜! つぎ行ってみよう! つぎ〜!
・あー、なんかー、"王者"のアキラさんがいらっしゃったんですけど〜!
・オロロロロ……。なんかよく捌かれてんなぁ……。これじゃあ……。
・沈没! チームメイトのみなさん、あとはよろしくお願いしまーす!
・試合を見ていたブンブン丸のコメント「いやー、やっぱパンチサイド打たないと。あと、全体的に手数が少なすぎですよ」
・そ、そうだよね。うんうん、わかるわかる……。


●得たもの
・キャラクターアクセスカード(参加賞)
・おにぎり、みかん、ジュース(オーナーさんのご好意の品々)
 



 ででで、出たぁ〜ッ! 謎の"サマーソルト占い"!! ……つーか、マジで"開幕サマーッ!!"だったんですよ!? チョー受けた。てか大爆笑の巻です。相変わらずレポート内容もおもしろいので、今後とも当コラムのためにガンガン原稿を書いていただきたいものですね(さりげなく希望)。

 というかですねぇ、新Jさんも同意してくれると思うんですが、もう1回、じっくりと今大会での自分の試合を見たい!! そして、猛烈に自分のミスをチェックしたいッ! 新Jさん、店員さん。今度ビデオでも見ながらじっくり反省会やりましょーよ。マジで!!

 で、大会結果に話を戻します。気になる今大会の優勝チームはというとですね、当たり前といえば当たり前(!?)なんですが、ブンブン、MAX、シンノスケからなる"ぼぶさっぷ"チームが優勝したのでした!! てか、強かった! 決勝トーナメント1戦目ではシンノスケが3人抜きするしさぁー。もう、強い!! 

 ちょっと、ここらへんの流れを私が説明するのはなんなので、今回はブンブン丸に原稿を書いてもらうことにしました。状況がうまく説明できない私のテキトーな文章、そして思わず吹き出しちゃう新J原稿ともひと味違う、ブンブン丸ならではのレポートをお楽しみください。……というか、『バーチャ』をやるうえでいちばん役立つことが書いてある文章だと思われます(笑)。さらに見事優勝した"ぼぶさっぷ"メンバーの写真も掲載! ほな、じっくりとお読みになってくださいな。

MAXさんでーす

シンノスケでーす

▲前回はスイカを掲げていた人がいましたが、今回はメロンを天高く掲げている人がいます! ていうかMAXさんです。呑みもお疲れでした〜(笑)。

▲今回は何をお持ちですか? なんの称号がついてたカゲカードをなくしたのかが気になりますが、とりあえずシンノスケさんです。優勝おめ!!


 

ブンブンでーす

▲ホント、今回のブンブン丸は輝いてた! さすが"ブンブン丸"って感じ。優勝、おめでとさーん。

 
 


ブンブン丸の幸せレポ 〜優勝したヨ!!〜

ブンブン丸でーす

【野試合編】
 友人MAXの誘いを受けて参加したこの大会。ルールは3on3の勝ち抜き戦で、チームメンバーは俺、MAX、そしてMAXの友だちのシンノスケ。ウルフ、ゴウ、ジェフリーというキャラ編成に一抹の不安を覚えつつも、とりあえず野試合を1試合始める。

 カードを挿すと画面には"バージョンアップを開始します"との文字が。そう! ゲーセンでVer.Bやんの、今日が初めてなんですよ! この日記でも書かれてたとおり、まともにゲーセンに行く時間がとれず、じつに今日が約3週間ぶりの『バーチャ』なんすよ! ひさびさのプレイは感触を取り戻すことが最優先。つうわけで、とにかくしゃがみPのヒット確認ができているかどうかをチェックして終了。


【予選リーグ1戦目】

 対戦相手のチームは先鋒にシュンが登場。こちらの先鋒を予定していたMAXは、画面にシュンが映った瞬間に弱気な表情を見せたため温存。ジェフリーだとシュン戦はキツイかな、という考えから俺が先鋒で出ることに。そこから続くカゲ、アキラと倒して先鋒から3タテを記録。

・VSシュン
 Ver.Bになってスクリューラリアートに酔い覚まし1が追加されたので、有利な状況ではこれを積極的に使うことに。相手が避け攻撃、向側後避を使ってくるようなら様子をみるということを意識。結果、しゃがみPと立ちPのヒットからおもしろいようにスクリューラリアートがヒット。終始試合の主導権を握って勝利した。

・VSカゲ
 MAXからこのカゲが猛者まで上がっていたという情報を入手。ならば、しゃがみ状態を作りつつ、有利なところでアッパーを出してくる技術を持ったプレイヤーだと予想。途中のしゃがみP、ローキックがガードされた状況で読みどおりアッパーが飛んできた。予想どおり。

 アッパーへの反撃を狙いつつ、アッパーを出すためにしゃがんでいるところにニーリフト、スクリューフックなどを狙う。肘のガード後と十文字構えへの対応もうまくいき、勝利。立会いでいきなり投げに来るような攻めがなかったことに早い段階で気がついたのがよかった。

・VSアキラ
 段位は王者。アキラ相手なので有利な状況ではキャッチを狙っていこうと意識。向こうはこれまで先鋒に2タテされているという状況から、開幕は慎重に様子を見にくるのではないかと予想。開幕の一手は思い切ってダッシュからのKS。成功。

 その後の試合の展開は五分五分。

 こちらのしゃがみPヒットなど、有利な状況を作ったら積極的に投げにいく。その投げは決まるが、向こうの打撃を警戒してしまい逆に投げをけっこう食らってしまった。ここで獅子抱月の3( )方向の投げ抜けを捨て、2()方向に狙いを絞る。これが的中し、2回ほど投げ抜けに成功。

 向こうの起き上がりは受け身からの白虎を警戒しつつ、技を潰しやすいミドルキックを合わせる。最後のラウンドも厳しい展開になったが、なんとか勝利。


【予選リーグ2戦目】

 2試合目はMAXが先鋒で登場。

 1試合目こそ固くなっていたが2試合目以降はいい動きを見せた。ここも3タテで勝利し、予選ブロックを通過した。

 3on3でのチーム戦は、プレイしていないほかの味方がしっかりと応援し、チームの雰囲気をよくしていくことが重要!

 この3試合で俺は対戦相手の以下の点についてチェック。
相手が不利な状況でどんな対応を行うのか?(避け抜け、ガードメイン、暴れなど)
とくにこちらのしゃがみPがヒットしたあとなど、わかりやすい状況で相手がどんな行動を行うのか?

 これらをチェックしてMAXにラウンドの合間に簡潔なアドバイスとして情報を送る。プレイしていると見落としてしまう相手の癖やパターンなども、観戦するという一歩引いた立場からなら冷静に分析することができるからだ。このアドバイスの効果については、同じく大会に参加していたササキにコメントしてもらいましょう。


【決勝トーナメント:準決勝】

 つぎは決勝トーナメントの準決勝。うちのチームの先鋒はシンノスケ。

 最初は動きが少し固いのかと思ったけど、勘違いだった。シンノスケは相手の技を見つつ対応して戦うタイプのプレイヤーだということに気がつく。軽いアドバイスを送るも、終始安心して見ていられた。いい感じですな。

 相手の大将ジャッキーには、けっこう苦戦を強いられていた。とくに、途中こちらの膝を読んでの割り切った立ちガードが厄介だった。が、シンノスケは2K+Gを使ったり、いきなり立ち投げを狙うなどして対応。ぎりぎりの勝負をものにして、ここでも3タテでの勝利を飾った。


【決勝トーナメント:決勝】

 最後は決勝戦。相手は予選リーグの1試合目にあたった王者のアキラのチーム。かなり強かったので決勝まで勝ち抜いてくるかも、と思ってたらやっぱり上がってきた。

 向こうのシュンに対して今回はあえてMAXを当てた。Ver.Bでの酔い覚まし技などを確認し、試合に臨む。序盤は試合のペースを握っていたが、途中のラウンドで相手の体力を1センチまで追い詰めてから急に固くなって手が出せなくなってしまったのが敗因。プレッシャーに飲まれての負け。ショック。

 続いてシンノスケが試合に臨む。序盤は相手の様子を見て2本とられてしまったが、予選のときと同じく避け攻撃、向側後避が少ないのを確認。有利な状況から膝を積極的に狙っていく。これで立ちガードを意識させて、スパインバスター、バックブリーカーなどの技で酔いを醒ます。狙いどおりにいき、勝利。

 向こうの次鋒はカゲが出てきた。シンノスケはこれまでの試合どおり相手の様子を見つつ戦うが、終始ペースを握っていた。カゲの肘のあとやK+Gのあとの対応がうまく、このカゲにも勝利。あとから聞いた話では、シンノスケはもともとカゲ使いだったとか。

 大将のアキラ登場。

 じつは、多分勝ち上がってくると思って、MAXとここまで何試合かこのアキラの動きを見ていた。中間距離からは3P+Kと躍歩、近距離では主導権を握るためか裡門を多めに使っていた。不利な状況ではバックダッシュ避けしゃがみダッシュやガードがメインで、暴れの打撃はあまりなかった。最初の俺との対戦でもその傾向が強かった。あと、立会いの状態では一瞬ファジーでしゃがむような癖もあった。技術がしっかりしているから、暴れの打撃などのリスキーな行動は取らないタイプなのだと予想。

 シンノスケは善戦していたが膝をガードされてしまうことが多く、ペースを握れずに敗戦。たぶん、これまでの2試合でシンノスケの動きも向こうにばれていたんじゃないだろうか?

 で、俺が大将として登場して大将戦がスタート。

 さっきの試合と何試合か見ていたときの動きを確認したためか、向こうの打撃に対してこちらの避けのタイミングがよくあっていた。ファジーやバックダッシュへの対策として、有利な状況では変に相手の出かたを待たずに最速で投げにいくことを心がける。これが完全にハマって試合のペースを完全に握ることに成功。

 ラストはファジーを1点読みしてのビックブリッジボムで決めさせていただきました。 あー気持ちよかった。


【そして優勝!!】

 とまあこんな感じでなんとか優勝することができました。細かい試合内容まで書けてないのでアレですが、こんな感じで大会レポート(?)を終えさせていただきます。あとはササキに大会とこのレポートのまとめ&感想でも述べてもらって締めとさせていただきましょう。

 参加&対戦してくださったみなさん、ありがとうございました。
 あと、OZのアットホームな雰囲気もすんげえいい感じでした。
 また次回も遊びに行きたい!
 優勝できてたよかったよかった。
 んじゃまた!
 



 ススス、スゴイ!! ブンブン丸がこんなにたくさん原稿を書いてくれました!! 各ゲーム誌編集部、震撼の巻です! ……ウソウソ(笑)。ブンブン、ありがとねー。

 つーかブンブン、マジメに原稿書いてくれたなぁー。というか上手い人は、こんなことを考えながら試合をしてるのか。かなり勉強になりました。……が、正直よくわからないところがあるのも事実! まぁ、そこらへんはおいおい理解していくことにしてですね、個人的に、私がブンブン丸のレポートで同感できたところがあります。それは……。


3on3でのチーム戦は、プレイしていないほかの味方がしっかりと応援し、チームの雰囲気をよくしていくことが重要!
(中略)
ラウンドの合間に簡潔なアドバイスとして情報を送る。プレイしていると見落としてしまう相手の癖やパターンなども、観戦するという一歩引いた立場からなら冷静に分析することができるからだ。
 


 ここ! これ、ホンット重要だと思いましたよ。実際、新Jの悶絶レポートでもブンブン丸によるアドバイスについて書かれていましたが、私が対戦してるときも、ブンブンはたくさんアドバイスをくれたんです。

 いちばん覚えているのは、対ラウ戦のときかな? 対リオン戦のときだったかな??? とにかく2-2で、互いに残り体力がわずかという微妙な状況のときのこと。もう、わたし的にはあたふたしていたワケなんですが、そのときブンブン丸が「暴れろッ!!」って、ものすごく大きな声で怒鳴った! その怒鳴りっぷりは、2階フロアに響きわたるほどの大音量イコール、店内大爆笑!! けど、その声につられて思わず何かの技を出したことで(確か1PP。よりによって1PP(笑))、相手の体力を削りきって勝つことができたんです。

 そのほかにも、「この相手には受け身を取らなくていーよ」とか、「相手はオマエが下段攻撃出してくるのわかってるから、中段いっぱい出せ。で、そのあとは投げでオッケー」とか、たくさんアドバイスをもらったなー。けど大会時って、あんまりアドバイスが耳に入らないときのほうが多いじゃないですか。けど、今回はちゃんとアドバイスどおりに動けたのが、私が3人抜きできた勝因だと思われます。

 そしてほかのチームの試合を見ているときも感じたんだけど、仲間が自分にアドバイスをくれたり、自分のプレイを盛り上げてくれたほうが、勝つことが多いんじゃないだろうか? てかリラックスできる!! というワケで、今大会で学んだことは、"団体戦では仲間を応援&アドバイスを与えるべし!"ってことですな。……ただし、的確なアドバイスができるようになるには、かなりの時間を要すると思われますが(泣)。

 あ、それと今大会、ホントにすべてにおいてブンブンが輝いてたヨ! かなり失礼ですが、「ブンブン丸、すげぇ〜! さすがあの"ブンブン丸"だぜぇ〜!!」とか思っちゃったもんな(笑)。

 というワケで、OZの3on3大会の報告はこれにて終了。大会に参加したみなさん、OZスタッフのみなさん、お疲れさまでした!! あと毎度毎度のことながら、参加賞としてアクセスカードを全員にプレゼントしてくれるオーナーさん、ありがとうございました!! しかも今回は、みかんやらジュースやら、おにぎりまでもいただいちゃいまして……。ホンット、このゲーセンはすべてにおいて居心地がイイ!! 最高&最強! 次回大会があるときには、またいろんなメンツを連れて参加させていただきますよー。みなさん、お疲れさまでした!

 

記念写真でーす

▲最後はみんなで記念撮影! みんなこのゲーセンが好きで集っている人たちばかりです。ホント、OZは最高!! ……あ、密かにブンブン丸に会いに来た、知る人ぞ知るVOVO先生が写っている点にも注目ですよ(笑)。



【エボエボ現在の戦績】
592勝913敗 39.3パーセント 七段
備考:今日は忘年会に行ってきます。……年末ですなぁ。
七段同段ポイント:
●●●……だと思います。




 

イベントあります!! 
ズバリ、組み手です!!!!


 来たる12月22日の日曜日。クラブセガ秋葉原で、セガさん主催のイベントが開催されます。その内容とはズバリ、組み手イベント! 今回のゲストさんは、キャサ夫さんとセガールさん!! 珍しい組み合わせに驚きを隠せない私ですが、さらにビックリな事実があります。それはなんと!! 私、ササキも参加させていただくってこと! マジかよ!? 冗談で「組み手やらせてください〜」なんて言ってたら、現実のことになってしまった!! あわわわわ。しかし、やるとなったからにはがんばらせていただきますよ。てか、みんなで楽しくやれたらいいですねー。

 イベント開催日は3連休真っ只中なので、キャサ夫さんやセガールさんと確実に対戦したいって人は、ぜひぜひ秋葉原にいらっしゃってください。そしてヘッポコリオンと戦いたいという稀有な考えの持ち主さんも、どうぞご来店ください。……あぁ。組み手中、確実にニ段ぐらい降格しそうな予感(泣)。

 あ、ちなみに今回の組み手は、すべて50人組み手となっております。イベント詳細は下記に明記しましたので、確実に組み手に挑戦されたい方は、早めにご来店されたほうがよろしいかと思いますよ。

 

日時

2002年12月22日(日) 15:00スタート

内容

キャサ夫・セガール・ササキMk2による50人組み手

参加費

100円

受付

13時(組み手開始2時間前)より受付開始。
受付時に
1:リングネーム
2:使用キャラクター
3:アクセスカード番号
をご記入していただくことになります。
当日会場受付のみ。電話受付はいたしません。
整理券、受付控え券等は配布いたしません。

会場

クラブセガ秋葉原7F

 

 

 


 

バーチャファイター4エボリューション

発売日

稼働中

価格

プレイ料金100円

メーカー

セガ

機種

アーケード

テイスト

格闘

ジャンル

アクション

備考

NAOMI2基板 プロデューサー:鈴木裕



 

バーチャファイター4エボリューション

発売日

2003年3月13日発売予定

価格

6800円(予価)

メーカー

セガ

機種

プレイステーション2

テイスト

格闘

ジャンル

アクション

備考

プロデューサー:片岡洋


 

Original Game (C) SEGA (C) SEGA-AM2/SEGA, 2001, 2003

インフォメーションプライバシーポリシー別窓)|利用条件・免責
FAMITSU.com ©KADOKAWA CORPORATION 2015
ファミ通.comに使用されている画像を無断で転載、加工などを行った場合、処罰の対象となることがございます。