『ティアリングサーガ』の物語を盛り上げる、魅力的なキャラクターたちを紹介。
キャラクター紹介〜その6〜


ドメス
ドメス(クラス:ジェネラル)
 マップ6に登場するコッダ軍の兵士。屈強な体躯を持ち、剣での攻撃ではさほどダメージを与えられない。ただし、魔法攻撃には弱い。



ベロム
ベロム(クラス:ジェネラル)
 マップ7に登場。ウエルト宮殿に陣取っている。太っているが戦闘力はかなり高く、見た目で油断をして攻撃をしかけると痛い目に合う。



ダゴン
ダゴン(クラス:あんこくしさい)
 マップ5に登場するグエンカオスの配下で残忍な暗黒司祭。攻撃力が高く、暗黒魔法のブラックホールを使ってくるので注意が必要。



ヤーザム
ヤーザム(クラス:さんぞく)
 山賊団のボス。太った体に似合わず、意外とす速い。弓や手槍での投射攻撃を避ける場合もある。病に苦しんでいたところをエンテに助けられるも、治ったとたんに恩を仇で返し、エンテを幽閉した極悪人。



シャロン
シャロン(クラス:レディナイト)
 バージェ王国の遺臣。かつてラフィンとは恋人どうしであったが、約束の日に現れなかったラフィンに裏切られたと思い、自慢の髪を切ったというエピソードがある。


ビルフォード
ビルフォード(クラス:アーマーナイト)
 シャロンの配下。いつもシャロンのことを気にかけている。


メリエル
メリエル(クラス:まどうし)
 リーヴェ神殿の大神官、マイオスの孫娘でエンテとは従兄弟同士。行方不明になっている兄を捜すために旅立った。光の術を得意としている。



ノートン
ノートン(クラス:アーマーナイト)
 顔はいかついが、職務には忠実で国に絶対的な忠誠を誓う。