ファミ通.comゲームニュース>JA全農と『コスモぐらし』がタッグ
■NEWS 2004/3/23


旬の野菜ゲット!? JA全農と『コスモぐらし』がタイアップ

●JA全農、ゲームメーカーと初のタイアップ

タイアップイメージ

▲JA全農と『コスモぐらし』がタッグ。
 

 スクウェア・エニックスは、PC用オンラインゲーム『コスモぐらし 〜オンライン的野菜生活〜(以下、コスモぐらし)』において、全国農業協同組合連合会(以下、JA全農)とタイアップし、共同プロモーション展開を図っていくことを発表した。

 『コスモぐらし』は、’03年3月28日に発売。マスカット星系にある4つの惑星、マーマレード星、カリント星、アラーレ星、ババロア星のうちのひとつを舞台に、宇宙農協が募った農業入植者となって生活する近未来の農業をテーマにしたオンラインゲームだ。入植した惑星で土地を購入し、家を建てて、庭で畑を耕して野菜を育てるのが目的で、ゲームに登場する生き物"バブー"をうまく利用することにより、より品質の高い野菜を収穫していく。

『コスモぐらし』ゲーム画面

▲農業生活を楽しむオンラインゲーム。
 

 今回のタイアップは『コスモぐらし』のゲーム性とJA全農の業務が重なることから実現したもので、発表によるとJA全農がゲームメーカーとタイアップを行うのは初めての試みとのこと。タイアップでは、今後ゲーム中にJA全農の"旬の野菜・果物"が毎月登場するほか、その野菜を生産したプレイヤーに抽選で実際の野菜や果物が当選するプレゼントを実施。また、野菜をテーマとした地域イベントをゲーム内で行っていく。

 そのほか、JA全農およびスクウェア・エニックスで今後も共同プロモーションを行っていくとのことで、詳細は同ゲームの公式サイトとJA全農ホームぺージにて随時発表していくとのことだ。JA全農では、今回のタイアップにより、農業への理解向上や国産農産物の消費拡大、インターネットショッピングもーづ"JAタウン"の顧客拡大を図っていきたいとのこと。また、スクウェア・エニックスでは、これによりゲームの認知度を高め、ユーザーの裾野を広げていきたいとしている。


※『コスモぐらし 〜オンライン的野菜生活〜』公式サイトはこちら
※JA全農のホームページはこちら


(C)2003.2004 MuuMuu Co.,Ltd.・MicroVision,Inc.・Community Engine Inc・SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


トップゲームニュースバックナンバー

インフォメーションプライバシーポリシー利用条件・免責
FAMITSU.com ©KADOKAWA CORPORATION 2015
ファミ通.comに使用されている画像は全て著作権管理ソフトで保護されています。 無断で転載、加工などを行った場合、処罰の対象となることもございます。