ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



『beatmania IIDX』夏の祭典! beatnation summitが開催

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●アーティストとファンがひとつになって盛り上げた!

▲夏と言えばライブの季節! KONAMIが誇る音楽ゲーム『beatmania IIDX』のライブイベントは、暑さを吹き飛ばすほどの熱気に包まれた。


 2007年8月11日に神奈川県にあるCLUB CITTAで、KONAMIの音楽ゲーム『beatmania IIDX』シリーズのアーティストたちによるライブイベント”beatnation summit -beatmania IIDX premium Live-”が開催された。

 今年、2007年はシリーズ第1作目となる『beatmania』が発売されてから10周年の節目に当たる。そのため今年は、『BEMANI』シリーズのさまざまなイベントが行われているが、このライブもそのひとつ。完全無料招待制となっており、コナミスタイル限定の関連CDを購入するか、業務用ゲーム『beatmania IIDX 14 GOLD』をプレイすることで応募ができた。関東公演には630組1260人、2007年8月19日に大阪府のSAZA★Eで開催予定の関西公演には210組420人がご招待。まさに、ゲーム業界の”夏フェス”とも言えるビッグライブなのだ。


 最初に登場したのは、DJ YOSHITAKA。巧みなDJパフォーマンスと話術でファンを盛り上げると、ライブはそのままのテンションで進行していった。ほとんどの楽曲がファンにはお馴染みのものだったが、2007年8月30日に発売予定のプレイステーション2用ソフト『ビートマニアIIDX13 DistorteD』のオリジナル新曲も。Ryu☆とSOTA FUJIMORIによるコラボ楽曲『Go Beyond!』と、kors KとL.E.D.によるコラボ楽曲『SOLID STATE SQUAD』が揃ってお披露目された。また、事前に明かされていなかったシークレットゲスト、AKIRA YAMAOKAが登場するサプライズもあり、4時間にも及ぶ長丁場のライブながらファンは最後まで手を振り上げ、ジャンプをしてアーティストのDJプレイに答えていた。

▲登場いちばんに『GOLD RUSH』で会場を暖めたDJ YOSHITAKA。キーボードはTOMOSUKEが務め、途中から星野奏子も加わって『D.A.N.C.E.!』などを披露した。


▲ステージ中央にはDJブース、左手にはキーボードブース、そして右手にはVJブースが設けられた。華麗なムービーで『beatmania IIDX』を支えてきたVJたちが、演奏に合わせてスクリーンに映像を映し出し、ビジュアルでもファンを魅了した。


▲Sota Fujimori(左)とL.E.D.(右)のふたりは、プレイステーション2用ソフト『ビートマニアIIDX13 DistorteD』の新曲を披露した。Sota Fujimoriは、アーケード版の最新作『beatmania IIDX15 DJ TROOPERS』に収録される新曲『beatonic nation』もプレイ。『beatmania IIDX』ではお馴染みのふたりだけに、ファンといっしょにライブを盛り上げた。


▲Ryu☆は、『雪月花』などをプレイ。「俺のライブは最初から最後までクライマックスだぜ」のセリフどおり、ファンを魅了した。


▲kors Kは、『the shadow』や『tripping contact』、『heaven above』などをプレイ。アンコールでは、人気曲『SigSig』も披露した。

 

▲シークレットゲスト、AKIRA YAMAOKAの登場に会場が燃えました! 『SPACE FIGHT』や『ライオン好き』にファンもノリノリ。


▲トリを飾ったのは、dj TAKA。最後のDJとして名前を紹介されるやいなや、会場のファン全員から熱狂的に迎え入れられた。『V』や『嘆きの樹』などをプレイし、『beatmania IIDX』を代表するアーティストの貫禄すら感じさせるパフォーマンスだった。


▲最後は全員揃ってお祭り状態に! ファンは大盛り上がりした疲れを見せつつも興奮冷めやらぬ雰囲気で、beatnation summitをたっぷりと満喫したようだった。

 
※beatnation summitの公式サイトはこちら

 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース