ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



自作のステージが物理演算パワーで動き出す! 『LittleBigPlanet』のデモが公開
【PLAYSTATION PREMIERE 2007 リポート】

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●キャラクターもステージも思いのまま!
 

 ソニー・コンピュータエンタテインメントJAPANスタジオのシニアバイスプレジデント、桐田富和氏から紹介されたのは、一風変わったアクションゲーム『LittleBigPlanet』。じつは、まったく新しいジャンルのゲーム、プレイステーション3だからこそ実現できたゲームとして、2007年3月に開催された”ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス”で発表された作品なのだが、この日はデモプレイが公開された。


▲「まったく新しいゲームの提案をさせていただきます」と桐田氏。

 『LittleBigPlanet』は、キャラクターやステージを自分で作ることができる。デモプレイを見た限り、キャラクターメイキングは、吹き出しのようなアイコンメニューを表示させて、その中からアイコンを選択するだけで、デフォルトのキャラをカスタマイズ。ステージも、同様にアイコンを選んで動かしたり、コピーペーストするだけで簡単に作ることができるようだ。グラフィックはクレイアニメのような暖かいタッチで統一され、フェルトやスチールなどの質感が楽しめる。


 このゲームの最大の特徴は、ステージ上にオブジェクトを配置すると、物理演算によってオブジェクトが宙に浮いたり、落下したりとステージ上のギミックに変化すること。そういった意味では、プレイステーション3のマシンスペックをフルに活用しているゲームなのだ。こうして作られたステージは、プレイステーション3のユーザーどうしネットワークを介して共有することができ、コメントをつけたり、ランキング機能も用意されるとのこと。


 ゲームの内容は、最大4人で協力してゴールを目指す。デモプレイでも、4人の現場クリエーターが実際にキャラクターを作り、挑んだ。キャラクターは、風船のようなものを使って宙に浮いたり、丸いものに乗って転がったりと、ステージ上にあるさまざまな物を利用して進んでいく。このキャラクターたちの動きがじつにかわいらしく、デモプレイではなくコミカルなアート風アニメでも観ているようだった。発売日は未定だが、東京ゲームショウ2007へのプレイアブル出展を目指しているとのこと。

LittleBigPlanet
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン/発売日未定/未定 

▲難しい操作やプログラムの知識がなくても、かわいい世界観を持ったゲームが作れちゃう。そんな、いままでにない新しい遊びかたを提示するソフトが『LittleBigPlanet』だ。


※PlayStation.comはこちら 
 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース