ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



本邦初! 新モンスターも明らかに! 『モンハン フロンティア』ハンター懇親会が開催!
【MHFプレスカンファレンス】

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●魚竜種の新モンスターとの闘いの地は、火山!

 

▲ユーザーからの質問にも現状答えられる範囲で、誠心誠意答えていた杉浦氏(左)と木村氏(左)。ユーザーの意見を尊重して柔軟に対応し、ゲームに反映させていく意向という。
 

 『モンスターハンター フロンティア オンライン』プレスカンファレンス(2007年6月4日に開催)に引き続き、ハンター懇親会も実施。クローズドβテストに参加していたユーザーの中から抽選で選ばれた約100名のユーザーが来場し、プレスカンファレンスで明らかになった同ゲームの正式サービス開始日や月額料金、ゲーム内容といった詳細が、開発プロデューサーの杉浦一徳氏とディレクターの木村幸一氏から改めて説明された。
 

 また、プレスカンファレンスでは触れられなかったクローズドβテストの状況なども明らかに。平均HR(ハンターランク)やキャラクターの男女比、使用武器ランキングなどが公開された。ここでもっとも会場が沸いたのが、最高プレイ時間。3回にわたって計34日間行われたクローズドβテストで、なんと517時間36分54秒ものプレイしたユーザーがいたというのだ。これは1日平均15時間以上プレイしないと出ない数字。『モンスターハンター』シリーズのファンが熱狂的なことを改めて証明する形となった。

 

▲もっとも使用されていた武器やほとんど装備されなかった武器など、クローズドβテストでのデータが続々と公開。クローズドβテストを遊んでいたユーザーが集まった懇親会だっただけに、ひとつひとつのデータに興味深く見入っていた。

 

 そしてここで木村ディレクターすら知らなかったサプライズ! なんと7月下旬に予定されている”リファイン”アップデートで追加される予定の新モンスターが、ハンター懇親会限定で披露されたのだ。もちろんこのモンスターはすでに発表されている新モンスター”ヒプノック”とは違うモンスター。残念ながら撮影は一切禁止だったためお見せすることはできないが、発表されたモンスターは魚竜種で、火山で戦っている画面写真が1点公開された。木村ディレクターは「鉄鉱石のようなものが溶けたような外皮です。いままでのモンスターよりカワイイ顔に仕上がっていてかなり気に入っています」と解説。会場からは「ディレクターの顔に似てる!」とのヤジも飛び出したが、木村ディレクターは笑顔で答えていた。なお、新モンスターは今回発表された"火山の魚竜種"以外にも追加される予定ということだ。

 

▲もっともゼニー(『モンスターハンター』シリーズの通貨)が多かった額や、もっとも長かったプレイ時間などが披露。これらのデータには集まったユーザーも感嘆の声。

 

 ユーザーからの質疑応答に対しては、杉浦開発プロデューサーと木村ディレクターが真摯に受け答えしている姿が印象的だった。「ご意見ご要望には迅速にかつ柔軟に対応していく覚悟です」(杉浦)と語り、ユーザーとともに『モンスターハンター フロンティア オンライン』を育てていきたいという気持ちがひしひしと伝わってきた。

 

▲正式サービス開始後のキャンペーンやアップデート情報も発表。杉浦開発プロデューサーは長期間遊べることを強調したうえで、「すでに2、3年後のことまで考えています」とコメントした。

 

●集まったハンターたちが”大鎌将軍を対峙せよ!”にチャレンジ!

 

 そしてハンター懇親会の目玉として、闘技演習タイムトライアル”大鎌将軍を対峙せよ!”が実施! 抽選で選ばれたハンターたちがひと足早くショウグンギザミとの闘いを楽しんでいた。あらかじめ設定された異なる4種類の武器を使って行われるこの演習に、即席パーティーながらも事前にしっかり作戦を練って挑戦するパーティーもあれば、思い思いの闘いを楽しむパーティーもあり、ギャラリーも含めて会場は大いに盛り上がっていた。また、闘技演習を終えたあと、パーティーどうしで『モンスターハンターポータブル 2nd』に興じる姿も。真の意味でハンターどうしが懇親できる会となっていた。ちなみに今回の最高タイムは、3分35秒という即席パーティーとしては驚異の数字。上位3パーティーにはウェブマネーやマグカップなどの賞品が贈られた。最後に杉浦開発ディレクターは、「開発スタッフ、運営スタッフともに全精力で『モンスターハンター フロンティア オンライン』の新しい歴史を作っていきます! 皆さん応援よろしくお願いします」と締めると、ハンターたちから大きな拍手が送られ、大盛況のうちにハンター懇親会が終了した。

 

▲闘技場でショウグンギザミ討伐にチャレンジ! 熟練ハンターが多かったせいか、即席パーティーにも関わらず、好タイムが連発。空き時間にはパーティーメンバーで『モンハンポータブル 2nd』をプレイするハンターが多数!

 

※『モンスターハンター フロンティア オンライン』公式サイトはこちら

 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース