ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



『ファミ通ゲーム白書2007』発刊、過去最大となったゲーム市場を徹底解剖

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●未知の領域へ飛び込んだゲーム業界をひもとく1冊

 

ファミ通ゲーム白書2007 エンターブレインは、『ファミ通ゲーム白書2007』を2007年5月17日に発売した。定価は30,000円(税込)。2006年5月発刊の『〜2006』に続く、最新版の「ゲーム白書」となる。ファミ通グループの総力を結集して海外のゲームデータをも網羅しており、国内外のゲーム業界を1冊で把握できる内容だ。

 

 2006年に過去最大規模となった日本国内のゲーム市場。実態を見ると、従来の据え置き型ゲーム機から携帯ゲーム機のへの移行など、かつてない変化が訪れている。業界内外から注目が高まる市場を、同書は豊富な最新データをもとに、専門のアナリストチームが詳細に分析。また、1万人のゲームユーザーに行なった大規模アンケートにより、ハード・ソフトのユーザー像を多角的に調査しているほか、ゲーム内広告についても取り上げている。巻末には2007年3月までの市場データを速報として掲載している点も見逃せない。

 

 さらに、海外のゲーム市場についても、成長著しいインドを含む29カ国にまで範囲を広げて詳細に調査している。今、ゲーム業界で何が起こっているのか。現状を見極め把握し、この先の展望を探るためには必携の1冊と言えるだろう。

 

※『ファミ通ゲーム白書2007』の詳細はこちら

 

 

ファミ通ゲーム白書2007

編集

エンターブレイン マーケティング企画部

ISBN

978-4-7577-3577-4

発売日

2007年5月17日

価格

30,000円[税込]

判型

A4判 / 平綴じ

ページ数

本編408ページ+付録16ページ

 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース