ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



中村光一氏が贈るサウンドノベル完全新作 プレイステーション3用ソフト『忌火起草』発表
【セガ コンシューマ新作発表会 2007 SUMMER】

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●プレイステーション3でゲーム史上”最恐”のホラー作品

 

 2007年5月15日、セガがこの夏〜秋にかけて発売予定のソフトや注目タイトルを一挙披露する”セガ コンシューマ新作発表会2007 SUMMER”が都内で開催。この発表会に、”セガ×チュンプロジェクト”を展開しているチュンソフトの中村光一代表取締役社長が出席。15周年を迎えたサウンドノベルシリーズの最新作として、プレイステーション3用ソフト『忌火起草』(いまびきそう)が発表された。発売時期は2007年秋。

 

▲サウンドノベルシリーズ15周年記念作品にして、セガ×チュンプロジェクト第5弾となるプレイステーション3用ソフト『忌火起草』を発表した中村光一氏。

 

 ステージに登壇した中村氏は、「15年まえに『弟切草』が発売され、『かまいたちの夜』、『街』と、サウンドノベルシリーズはハードとともに進化してきました。そして、プレイステーション3という新たなハードによって進化したサウンドノベルシリーズの完全新作が『忌火起草』です」と、同タイトルについて説明。スクリーンに映し出されたプロモーションムービーや、恐怖シーンをまとめたゲーム画面を見た瞬間、「ゲーム史上”最恐”のホラー作品です」という中村氏の言葉もうなずいてしまう作品だった。また、「『かまいたちの夜×3』(プレイステーション2)では、登場人物のセリフをテキストで表示していますが、『忌火起草』は情景及び心理描写のみテキストで、セリフはすべてボイスで表現されます」(中村氏)と、『忌火起草』で採用される新たな手法をスクリーン上で解説した。

 

▲シナリオ、グラフィック、サウンドといった『忌火起草』制作陣が明らかに。

 

 さらに、「サウンドノベルファン、セガ×チュンプロジェクトファン以外の人たちにも『忌火起草』を楽しんでもらいたい」と言う中村氏から、お台場にあるセガの東京ジョイポリスに今夏から『忌火起草』を題材にしたウォークスルータイプのホラーアトラクションを設置することが発表された(詳細記事はこちら)。

 

▲東京ジョイポリスのアトラクションについて「耳で、そして全身で恐怖を味わうことができます」と語った中村氏。

 

 最後に中村氏は、「(怖すぎるので)正直、ひとりでプレイするのはオススメできません(笑)」とまとめた。

 

▲試遊体験コーナーでは、『忌火起草』をハイビジョンモニターと5.1chサラウンドのプレイ環境することができた。

 

『忌火起草』スクリーンショット

 

※セガ×チュンプロジェクト公式サイトはこちら

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース