ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



すげぇ盛り上がったってばよ! GAMES マーヤで『ナルティメットアクセル』発売記念イベント

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●ナルトに扮した松山洋氏も福岡からやってきた!

 

▲松山氏だけでなく、サイバーコネクトツー広報さんも"サクラ"のコスプレで登場!

 バンダイナムコゲームスから2007年4月5日に発売予定のプレイステーション2用ソフト『NARUTO-ナルト-疾風伝 ナルティメットアクセル』の発売記念イベントが、2007年3月24日に東京・葛西のゲームショップ"GAMES マーヤ"で開催。このイベントに、『NARUTO-ナルト-疾風伝 ナルティメットアクセル』をはじめ、『NARUTO-ナルト- ナルティメットヒーロー』シリーズや『.hack』シリーズの開発を手がける福岡のゲームメーカー"サイバーコネクトツー"が全面協力! 主人公ナルトの衣装に身を包んだ同社代表取締役社長の松山洋氏がゲストとして登場したぞ。

 

 

▲『NARUTO-ナルト-』大好きっ子たちがGAMES マーヤに大集合! 参加者たちはひとつひとつのプレイに一喜一憂するなど、とても賑やかな雰囲気だった。

 

 内容は、『NARUTO-ナルト-疾風伝 ナルティメットアクセル』を使ったゲーム大会で、16人参加によるトーナメントが計2回行われた。大会に参加すると成績に応じた『NARUTO-ナルト-』グッズがプレゼント。優勝者にはレアシャツと非売品の手ぬぐい、準優勝者には非売品の手ぬぐい、さらに負けた人も参加賞として特製ポスターがもらえるとあって、大勢のチビッコが大会に参加。「Rボタンのガードが重要」、「相手の後ろに回り込むといいよ」など、実況を務める松山氏が参加者にアドバイスを送る中、大会は1回戦から決勝戦まで、すべての試合が白熱。参加者もギャラリーも一体となって盛り上がっていたぞ。松山氏は、「まだ発売まえのゲームなのに、皆うまく操作していて驚きました。『ナルティメットヒーロー』シリーズを遊んでくれているんだなぁと思って感動しますね」と大会の感想を語った。

 

▲優勝者に贈られるレアシャツと非売品の手ぬぐいを掲げる松山氏。

▲すばらしいバトルを見せてくれた上位入賞者に松山氏みずから賞品をプレゼント!

 

▲バトルが終わればノーサイド。会場にいる皆でチャンピオンを拍手で称えた。

 

 ゲーム大会の合間には、松山氏とGAMES マーヤの秋谷店長によるトークショーも行われた。「サイバーコネクトツーは福岡・博多にあるゲーム制作会社なんです。開発スタッフは100人で、『.hack』シリーズなどのRPGを作る第一開発室、『NARUTO-ナルト-』シリーズのようなアクションゲームを作る第二開発室、そして、新しいタイトルを作っている第三開発室があります」と、まずは自社について説明。続けて『NARUTO-ナルト-』に対する思いをこう語った。「僕を始め、第二開発室のスタッフはアクションゲーム、そして『NARUTO-ナルト-』という作品が大好きで、ストーリーはすべて頭の中に入っています。『ナルティメットヒーロー』シリーズは、対戦アクションゲームとしてのおもしろさだけではなく、『.hack』シリーズで培ったRPGのノウハウをストーリーモードに活かしているんです。『ナルティメットアクセル』は、いま連載中の第2部はもちろん、第1部のストーリーや、マンガやアニメでも描かれていない1部と2部のあいだの空白の期間をオリジナルストーリーとして収録しています。『NARUTO-ナルト-』のすべてを知ることができるので、今作からプレイする人でも楽しめますよ」(松山)

 

▲秋谷店長は松山氏について、「『.hack』のイベントに一度来ていただきましたが、お客さんひとりひとりにサインしてくれて、参加したみんなが喜んでいました」と語った。

▲「マーヤさんはひとつひとつのタイトルを丁寧に、そして大切に取り扱ってくれるので作り手としてはうれしいですね。こんなにイベントが頻繁に行われて、いろいろなクリエーターさんが来るお店も珍しいですよ(笑)」と松山氏。

 

▲ギャラリーの"福岡にもGAMES マーヤのようなお店はあるのか?"という質問に「学校の先生みたいな(笑)店長さんがいる、こういうお店は福岡にはないですね」と松山氏。そこでGAMES マーヤのチェーン店を福岡にという話題になり、「いいですね、GAMES マーヤ福岡店。サイバーコネクトツーのビルの前に出店してくれれば、うちのスタッフが行列を作りますよ。そのためには、みんながGAMES マーヤで買い物をして出資しないとね(笑)」とコメントした。

 

 最後に松山氏は「今日、大会で負けちゃった人も『NARUTO-ナルト-疾風伝 ナルティメットアクセル』が発売されたら皆で練習して、もっともっと強くなってください。そのとき、またゲーム大会が開ければなと思います。皆、今日はありがとうだってばよ!」とイベントを締めくくった。

 

▲最後に記念撮影! チビッコたちにポスターの筒で頭を叩かれたり股間をつつかれたり、そしてサインをねだられたりと大忙しだった松山氏だが、このナイススマイルを見ればこのイベントが大成功だったと感じられる。

 

『NARUTO-ナルト-疾風伝 ナルティメットアクセル』の画面写真だってばよ!
※画面は開発中のものです。 

 

※GAMES マーヤ公式サイトはこちら

※サイバーコネクトツー公式サイトはこちら

※バンダイナムコゲームス公式サイトはこちら

※『NARUTO-ナルト-疾風伝 ナルティメットアクセル』公式サイトはこちら

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース