ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



『押忍!闘え!応援団』の海外ローカライズの秘密が! 『2』の情報もどっさり!
【GDC 2007 リポート】

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●開発会社イニスの矢野氏が、その秘密をユーモラスに解き明かす!

 応援団をモチーフにした、いっぷう変わった音楽ゲームとして任天堂からリリースされたニンテンドーDS用ソフト『押忍!闘え!応援団』は、海外では『Elite Beat Agents』として、衣装も新たに発売され大好評を博した。"応援団"という日本固有の文化をテーマにした『押忍!闘え!応援団』は、いかにして海外向けにローカライズされ、高い評価を得るに至ったのか? 開発を担当したイニスの取締役副社長にして同作の開発ディレクター、矢野慶一氏が、"「おうえんだーん!」から「HELPへ!」:Elite Beat Agentsの舞台裏"と題した講演で、その秘密の一端を解き明かした。

▲イニス取締役副社長の矢野慶一氏が『押忍!闘え!応援団』の開発秘話を披露。『押忍!闘え!応援団』という純日本風の作品を手がけた同氏のイメージとは裏腹に(ごめんなさい!)、講演はすべて流暢な英語で行われた。


 それまでさまざまなゲーム開発に取り組んできた矢野氏は、いろいろなリサーチを経た結果、「音楽を取り込んだゲームを作りたい」と思うに至る。そこでアクションゲームに音楽の要素を交えたソフトのプロトタイプを作成して任天堂に持ち込んだところ、製品化には至らなかったものの、任天堂にはゲームのコンセプトが評価され、以後任天堂とは良好な関係を築くようになる。ところが、それから企画は迷走し、しばらく沈滞期が続くようになる。転機となったのは、E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)で、はじめてお披露目されたニンテンドーDSを見たとき。そこから、1年ほどまえから持ち込まれていたという応援団に音楽ゲームの要素をあわせたゲームの企画を、ニンテンドーDS向けに走らせることになる。

 「ゲームデザインのベースは応援団から煮詰めました。つまり"団(仲間)"で"応援すること"です。そこでプロトタイプを作って任天堂にプレゼンしたところ、ほかの作品との違いを認めてもらって、企画にゴーサインが出たんですよ。プレゼン用の映像を流したノートPCをタッチスクリーンに見立てて、ゲームの魅力を紹介しましたよ(笑)」(矢野)

▲『押忍!闘え!応援団』のベースとなった設定資料。


 結果、『押忍!闘え!応援団』は大好評を得るにいたる。当初海外で発売される予定はなかったという同作だが、海外で賞を受賞したことから、欧米でのリリースが決定する。そこで問題になるのがローカライズだ。『押忍!闘え!応援団』は極めて日本的な応援団をモチーフにした作品であるがゆえに、欧米に受け入れられるハズもない。応援団を欧米のゲームファンにも理解してもらえるものに変える必要があった……。そこからの発想が、まさに矢野氏の真骨頂だ。応援団→ロックバンド→映画と発想が膨らんでいき、ついにはエージェントが登場する『Elite Beat Agents』が完成する。

 「とにかく商品がよく動いています。任天堂さんがチャンスをくれたことに喜んでいます」と結んだ矢野氏が紹介したのが、シリーズ第2弾となる『燃えろ!熱血リズム魂 押忍!闘え!応援団2』。2007年に任天堂より発売予定の同作で、「本邦初公開です」(矢野)という登場キャラクター"西園寺"とその仲間たちを披露した。応援団のコスチュームをしたスタッフが登場するなど、ゲームに負けないほどのサービス精神旺盛ぶりを見せてくれた矢野氏。質疑応答での、「『押忍!闘え!応援団』のほかハードへの移植を考えていますか?」との問いに関しては「はい考えています」と明言したが、今後はさらに『押忍!闘え!応援団』の世界が広がりそうだ。

▲矢野氏が赤裸々に海外ローカライズの裏話を披露。その発想の流れを順を追って紹介していくと、まずは応援団の黒い服ということで、ロックバンドのモトリークルーを連想したらしい。

▲モトリークルー+応援団ということで思いついたのが、往年の人気バンド、ヴィレッジピープルだとか。

▲ヴィレッジピープルをベースにキャラを描き起こしてみたものの、この方向性はすぐに頓挫。「ヴィレッジピープルなんかになりたがる人はいないだろうなあ……と思いまして」(矢野)とのこと。

▲そこでクールな要素として、映画『ゴーストバスターズ』や『メン・イン・ブラック』、『ブルースブラザース』などの要素を入れることに……。

▲ここにクールなエージェントが誕生。

▲が、何かが足りない……。そこで『オースティン・パワーズ』のグルーブ感を付与することを思いついた矢野氏は、さらに『チャーリーズ・エンジェル』のチャーリー役、つまりミッションを与える役目を付け加えることにした。

▲そしてついに、『Elite Beat Agents』が誕生したのだ。

▲こちらは『燃えろ!熱血リズム魂 押忍!闘え!応援団2』の新キャラとなる西園寺。

▲西園寺の仲間たち。

▲そしてこちらがゲーム画面。おもしろさがさらにグレードアップ。

 

 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース