ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



プレイステーション3の新たなネットワークサービス”Home”が発表!
【GDC 2007 リポート】

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●SCEが提唱する'Game3.0'時代の新サービス'Home'
 

    2007年3月7日(現地時間)、ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス3日目の目玉であるソニー・コンピュータエンタテインメントのワールドワイドスタジオのフィル・ハリソンプレジデントの基調講演で、プレイステーション3の新たなネットワークサービスが発表! “Game3.0”と題した基調講演で、まずフィル・ハリソン氏はつぎのように語り始めた。

▲フィル・ハリソン氏の基調講演でサプライズ! プレイステーション3の新ネットワークサービス'Home'が発表された。

 

「ソーシャルコミュニティーやスカイプ、グーグルなど、次世代のインターネットサービスを総称してWeb2.0という言葉が使われています。一方ゲーム業界は、ファミコンやプレイステーションなどのGame1.0時代からプレイステーション2、XboxなどのGame2.0時代を経て、Game3.0の時代が来たと考えています。Gmae3.0の時代にゲームクリエーターの力を存分に発揮してもらえるツールを我々は提供したいと思っています。それが今回発表するプレイステーション3の新たなコミュニティーサービス”Home”です。」(フィル・ハリソン)

 Game3.0時代の新サービス”Home”とは? フィル・ハリソン氏は実際にHomeの画面を披露し、デモンストレーションをしながらこう続けた。

 「Homeとはソーシャルコミュニティーワールド。3Dアバターコミュニティーのことです。プレイステーション3のユーザーがそれぞれ自分の分身となるキャラクターを持ち、ネットワークの世界の中で、ほかのプレイヤーとコミュニケーションを取ったり、自分の部屋を持ち、部屋に友だちを呼ぶことができるのです」(フィル・ハリソン)

 

▲HomeのロビーではPSPを使ってさまざまなメニューを呼び出すことが可能となっている。ほかのプレイヤーとのコミュニケーションは、ボイスチャットやキーボードチャット、定型文によるチャットができるという。


 また、フィル・ハリソン氏のデモプレイでは、人がたくさん集まる”セントラルロビー”でコミュニケーションを取るだけでなく、ビリヤードやボウリングなどの簡単なミニゲームをロビー内でプレイする様子や、ロビーに設置してあるアーケードマシンのまえに行き、実際にアーケードゲームを楽しむ感覚でダウンロードしたオリジナルゲームをプレイするデモも行われた。そのほかにも、セントラルロビーにはスクリーンが設置してあり、そのスクリーンで最新ゲームの映像が放映。ロビー内では、新宿アルタ前の大型ビジョンを見るような感覚でゲームの最新映像を見られるようになっていた。このスクリーンでは「HDの映像を見ることができ、3Dバナー広告なども放映することが可能」(フィル・ハリソン)という。ほかのプレイヤーとコミュニケーションをとるだけでなく、いっしょにミニゲームなどを楽しむことができるなど、現実世界に近いバーチャルな世界がプレイステーション3で楽しめるというわけだ。
 

▲プライベートルームには友だちを呼んでコミュニケーションを取ることも。キャラクターやプライベートルームのカスタマイズも自由自在だ。


 続けて紹介されたのが、プライベートスペース。Home内ではすべてのプレイステーション3ユーザーが個人的な部屋を持つことができ、部屋の壁紙や家具など、さまざまなカスタマイズをすることが可能になっているという。また、ホームシアターなども設置することができ、そこで自分が撮影した動画や写真を閲覧したり、ダウンロードした音楽をプライベートスペース内のオーディオデッキで再生することも可能とのこと。デモでは設置してあるテレビをわざと床に落とし、転がる様子を披露。部屋内の家具すべてに物理演算処理がきちんと施されていることもアピールしていた。もちろん、プライベートスペースでゲームを遊ぶことも可能ということだ。

 そしてもうひとつ紹介されたのが、”ホームシネマスペース”。ここはHome内の映画館のような場所で、ここでは「好きな映画を好きなときに見られる」(フィル・ハリソン)という。また、ホームシネマスペース以外にもソニーグループのゲームや映画だけでなく、ほかのゲームメーカーのコンテンツや音楽、雑誌、ユーザーが作ったコンテンツなども楽しめることができるスペースが用意されているとのこと。会場ではスポーツゲームだけが楽しめるスペースなども紹介された。具体的なコンテンツの配信方法などまでは言及されなかったが、Home内にはプレイステーション3の中にさまざまなアミューズメント施設がひしめき合っているといった印象だ。

 もちろんゲームについてもHome内でさまざまな仕掛けが用意。自分がプレイしたゲームなどをトロフィーのようにして飾ることができるスペースが設けられているほか、すべてのプレイステーション3タイトルのアイコンを一挙に見ることができるような画面も披露された。

 なお、Homeのサービスはプレイステーション3ユーザーすべてが対象のもので、プライベートスペースとセントラルロビーの利用はすべて無料とのこと。Homeはβテストを2007年4月ごろから、2007年秋から正式サービスがスタートする予定ということだ。フィル・ハリソン氏は最後に「この先10何年、さまざまなテクノロジーとネットワークが我々のGame3.0のコンセプトに沿っていくだろう。Game3.0の時代に存分に力を発揮してほしいと思います」と、集まったゲームクリエーターたちに熱くメッセージを送った。

 そのほかにもフィル・ハリソン氏の基調講演では、ネットワーク音楽サービス『singstar』の詳細や今回初公開となるプレイステーション3用ソフト『LitteBigPlanet』のデモンストレーションが実施。これらの詳細はのちほどお届けするので、お楽しみに!

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース