ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



第25回次世代ワールドホビーフェアが開催!

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●Wii、ニンテンドーDS用ソフトの新作が目白押し!

 2007年1月14日、大阪府にある京セラドームで第25回次世代ワールドホビーフェアが華々しく開催! 会場には任天堂やソニー・コンピュータエンタテインメントを筆頭に、多数のゲームメーカーが出展。新作タイトルやゲームに関連したカードゲームなどを自由に体験することができたのだ。
 

▲朝早くからたくさんの家族連れでにぎわった次世代ワールドホビーフェア。京セラドーム大阪にはご覧のような人だかりができた。


 会場でもっとも目立った人だかりができていたのが、任天堂ブース。Wii用ソフト『おどるメイドインワリオ』や『Wii スポーツ』、『マリオパーティー8』をプレイすることが可能で、お昼の段階で体験整理券が終了してしまうほどの人気ぶりだった。このほかにも、KONAMIの『Elebits』やマーベラスインタラクティブの『名探偵コナン 追憶の幻想』、ポケモンの『ポケモンバトルレボリューション』など、サードパーティーもこぞってWii用ソフトを出展。いずれの体験コーナーも長蛇の列ができていた。
 

▲任天堂ブースはWii一色! どの体験コーナーも人がぎっしり。歩くのも困難なほど、たくさんの人が詰め掛けた。

▲KONAMIやマーベラスインタラクティブ、バンダイナムコゲームスなどのブースでもWii用ソフトの体験コーナーが大盛況だった!


 一方、ソニー・コンピュータエンタテインメントブースではプレイステーション3用ソフト『みんなのGOLF5(仮題)』や『グランツーリスモHDコンセプト』といったタイトルがプレイアブル出展。こちらもたくさんの人だかりができていた。今回の次世代ワールドホビーフェアは、プレイステーション3とWiiがともに楽しめるイベントという意味でも、まさに“次世代”を肌で感じられる出展内容だった。
 

▲プレイステーション3用ソフトでは『みんなのGOLF5(仮題)』や『グランツーリスモHDコンセプト』などが出展。PSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『ピポサルレーサー』なども子供たちに人気だった。


 また、次世代ワールドホビーフェアは小学生や中学生の来場者が多いイベントということで、ニンテンドーDS用ソフト『オシャレ魔女 ラブandベリー』や『甲虫王者ムシキング』といった低年齢層向けアーケードゲームも人気の的。ゲームを体験すると関連したオリジナルグッズがもらえるということで、親子連れで列に並ぶ人たちが多かった。

 

▲セガブースの『オシャレ魔女 ラブ and ベリー』コーナーはゲームの体験コーナーのほか、ラブとベリーのふたりと記念撮影できるスペースも。

 

 なお、次世代ワールドホビーフェアは今後1月20日、21日に東京で、1月28日に名古屋で、2月4日に福岡で開催される予定。ゲームファンはぜひ足を運んでみよう!
 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース