ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



CESに見る、ゲームライフを豊かにする周辺機器とは?
2007 International CES

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●ゲーム関連グッズを求めて会場をあちこち……こんなん見つけました!

 2007 International CESの主役は間違いなくハイビジョンテレビ。パナソニックや東芝、シャープといった大企業から、無名のメーカーまで、それこそ数多くのハイビジョンテレビが出展されていた。そこで気づかされるのが、ハイビジョンテレビをデモンストレーションするための映像コンテンツとして、いかに数多くのゲームソフトが使用されているかということ。ゲームの映像はすっかり「すごいもの」として定着しているようだ。さらに、映像とくればお次はサウンド……というわけで、ホームシアターを出展する企業のブースでも、ゲームのデモンストレーションがそこかしこで見られた。臨場感のある映像や音を満喫するには、やはりインタラクティブなゲームソフトが最適なのだろう。こうしてみると、"家電"の普及には、テレビゲームが大きな役割を果たすような時代に突入しているのかもしれない。

▲サムソンブースでは、Xbox 360の"オフィシャル HD TV"として、同社のハイビジョンテレビが展示。"オフィシャル HD TV"とは誇らしい感じ。

▲そんなわけで、ゲームに力を入れるサムソンでは、HD TVに"スタンダードゲームノーマルモード"と、"スポーツゲームモード"、"アドベンチャーゲームモード"の3つが切り替え可能に。それぞれスポーツゲームやアドベンチャーを快適にプレイできるようになっているらしい。

▲ドルビーラボラトリーズのホームシアターのデモンストレーションでは、プレイステーション3とXbox 360、そしてWiiが仲よく展示。なにしろ、3つのハードすべてにドルビーのサラウンドテクノロジーが活用されておりますからね。

▲プロジェクターメーカーのオプトマでは、デモンストレーションにXbox 360の『PGR3-プロジェクト ゴッサム レーシング 3』を使用。対戦相手どうして向かい合って、目の前の壁に画面を表示するという趣向だった。


 さて、CESといえば、やっぱり"ユニークな周辺機器"。会場のそこかしこに、思わずくすりとしてしまうものから、実際に欲しくなってしまうものまで、たくさんの周辺機器を見つけることができた。ここでは、そんな周辺機器の数々を紹介していこう。アメリカのゲーム文化を知るための一助にどうぞ。ちなみに、ここで紹介した周辺機器の発売時期や価格はすべて北米でのものだ。

▲一部のゲームファンにはおなじみの、本体に直接モニターをくっつけてゲームを楽しむ、Axionの"MojoPlay"。Xbox 360では、この初夏にも発売予定の12インチHD対応のバージョンがお披露目。価格は200ドル(約23800円)前後になるのでは……とのこと。ちなみに、9インチのタイプは2006年のクリスマスシーズンに発売されている。

▲Wiiのデザインに合わせたMP-720"Gaming Monitor for Wii。こちらは7インチバージョンだが、12インチも発売予定とのこと。こちらも第2クォーター(4月〜6月)に発売予定で、価格の見通しは149ドル(約17700円)程度ではないかとのこと。Wiiのコントローラーで遊ぶには、ちょっぴり小さいかも?


▲A.L.S.のブースでは、3つのハードの専用バッグが出展されていた。3つとも北米では発売中。価格は小売店によってまちまちだが、おおむねWiiバッグが29ドルから35ドル(約3400円〜4100円)、Xbox 360とプレイステーション3のバッグが49ドルから59ドル(5800円〜7000円)程度で販売されている。担当の人に、「3つのかばんでどれがいちばん売れていますか?」と聞いたところ、「Wiiだよ。友だちの家で遊ぶために、持ち運ぶ人はけっこう多いよ。Xbox 360とプレイステーション3はさすがに重いからね(笑)」とのこと。なるほど、愚問でした。とはいえ、ふつのかばんよりしっかりしているうえに安いので、ふつうのかばんとして使うティーンエイジャーも多いとか。

 

▲一時期は日本でも展開していた、知る人ぞ知るのピラマット社の新製品、S2000 Sound Rocker。ふたつのスピーカーを背もたれのところにつけた、"オーディオレスポンステクノロジー"を採用。映画はもちろん、映画鑑賞やiPodなどで音楽を聞くのにも最適。ゲームファンにはワイヤレスなのがうれしいところ。こちらは169ドル(約20000円)。座り心地のいい上位機種も同時発売で、そちらは199ドル(約23000円)。意外と安い!? 両方とも2006年末に発売されたばかり。

▲こちらは、ニンテンドーDSやPSPをプレイするのに最適の"G-Flex Pyramat Game Booster"。8才から10才向けで、お値段は49ドル(約5800円)。

 

▲ゲーム専用チェアというのはアメリカで確固たる地位を築いているようで、会場ではもうひとつ、REPOSEのエンターテインメントチェアを発見!E1000は5つのスピーカーをつけた(3つは背もたれ、ふたつは座るところ)、振動も伝わるスグレモノ。価格は259ドル(約30800円)。ワイヤレスでリクライニングもできる上位機種は599ドル(71000円)とちょっぴり高め。「日本での発売予定は?」と聞いたところ、さびしそうな顔をして「ないね」とのこと。ただし、ワールドワイドで通販を実施しているので、気になる方はサイトをチェック。

▲なんとなくまっとうな雰囲気がぷんぷんのHOTSEAT。モニター付きからフライトシミュレーター用まで幅広いラインアップを揃えております。価格は599ドル(約71000円)から3954ドル(約47万円)まで。さすがに、コアゲーマーでも手が出しづらい値段だけど……。

 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース