ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



【池袋】当日販売は約1200台! Wiiを求める人々がビックカメラ池袋本店に殺到
Wii発売リポート

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●午前12時過ぎに早くも割込み防止券が配布され、事実上の完売!

 

▲Wii発売前日、午後10時のビックカメラ池袋本店。店先の道を埋め尽くすほどの人だかり!

 

 有楽町店に負けない盛り上がりを見せたのが、ビックカメラ池袋本店。店舗側は発売前日の2006年12月1日午後10時以降から行列を作るようにアナウンスしていたが、Wiiをいち早く手に入れたい熱狂的なファンが閉店まえから店先に集まった。その人数は午後9時の時点でおよそ500人。正式な行列ではないため、どちらが列の先頭なのか困惑する人も。そして午後10時、同店舗の営業が終了すると同時に、集まっていた人たちが一斉に店舗入り口に殺到! 混雑を避けるために、集まった人を数十人単位で区切り、順番に店舗裏にある公園へ誘導。午後11時まえにはキレイな行列ができあがっていた。午後11時を回り、並んでいる人に"割込み防止券"(のちに整理券との引き換えが行われる)が配布。行列も時間とともにその人数を増していき、終電がなくなった午前12時過ぎには1000人を突破。同時に割込み防止券の配布も終了し、この時点でWiiは事実上の完売となったのだ。

 

▲深夜12時過ぎという早すぎる時間に、Wiiの完売を告げるプラカードが立てられた。

 

▲先頭グループは、前日午後8時くらいから店先に集まっていた。

 

▲池袋の行列の層だが、ファミリー向けのWiiなのに子供、家族連れはあまり見当たらず。逆に外国人が目立っていた……。

 

▲こちらが割込み防止券と引き換えに配布される整理券。これを受け取ったら、列から抜けることは許されない!

 

 その後は、割込み防止券と整理券の引き換えが実施される午前4時までの時間、並んでいる人たちは、携帯ゲーム機や読書で時間をつぶし、近くのコンビニで購入したカイロやカップラーメンで寒さと戦った。そして午後4時の整理券配布を経て、2006年12月2日午前7時、Wiiがめでたく発売開始となった。ビックカメラ広報の話によると、ビックカメラ池袋本店では当日販売分が約1200台、ビックカメラSuicaカードによる予約販売分が約1800台。Wiiの販売も、当日と予約でレジが分かれていた。店舗サイドは、通常営業時間の午前10時までにWii購入者をさばくために、1階の特設コーナーに加え、2階や3階も使用して、1000人以上の客をできるだけスムーズに誘導した。午前8時30分には、900人以上がWiiの購入を済ませており、目標どおり通常の開店時間まえには、全員にWiiが行き渡ったことだろう。

 

▲Wiiと同時に発売されるソフトや周辺機器は、事前に欲しい商品を配られたアンケート用紙に書いているため、スムーズな受け渡しに。

 

▲もっとスムーズなのが、予約購入者への販売。

 

▲予約購入した親子。受け取り期限は12月10日までと、慌てることはないのだが、息子の早くプレイがしたい願いから、午前7時に来店。

 

▲左のカップルは、プレイステーション3の発売日も行列に並んだとのこと。今回は予約してあったものの、Wiiがどれだけ混雑するか興味があったから、早朝から買いに来たらしい。右の親子は、前日午後8時過ぎから約11時間かけて並んだという。おつかれさまです。

 

 ちなみに、ビックカメラ池袋本店スタッフによれば、Wiiの次回入荷予定は未定とのこと。

 

※ビックカメラ公式サイトはこちら

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース