ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



カプコンの『デッドライジング』が北米で50万本出荷を突破

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●発売から2週間で50万本!

 

 カプコンのXbox 360用ソフト『デッドライジング』。 2006年8月8日に北米で発売されて以来、約2週間で50万本の出荷を記録したことが発表された。同ソフトは、フリージャーナリストの主人公が街に発生したゾンビたちを、さまざまな方法で撃退しながら事件の真相を突き止めていくアクションゲーム。海外市場をメインターゲットとしたカプコンの今期の期待作のひとつだが、今回の50万本突破について、カプコンは公式リリースでつぎのようにコメントしている。

 

 「『デッドライジング』が達成した50万本という出荷本数は、北米市場におけるXbox 360向けソフトとして国内のゲームメーカーでは最多の本数であります。当社は、次世代機向けソフト開発にいち早く取り組んできたことにより高いクオリティーを実現できたことに加え、グローバル市場に対応すべく努めてきた改革の効果によるものと考えております」(公式リリースより)

 

 『デッドライジング』は北米に続き、9月8日には欧州で、9月28日には日本市場に投入される。今後どこまで出荷本数を伸ばすのか、注目だね。

▲海外の展示会などでも大好評を博していただけに、今回のヒットはナットク。日本版にも期待がかかる!

 

 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース