ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



バイクメーカー7社が競演。"バイク業界、頂上決戦! ツーリスト・トロフィー真剣勝負(マジバトル)"開催!!

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●各バイクメーカーが威信を賭けて『ツーリスト・トロフィー』で頂点を争う!

 今年2月に発売されるや2輪ファンを中心に大好評を博している、ソニーコンピュータエンタテインメントのプレイステーション2用ソフト『ツーリスト・トロフィー』。そのゲームイベントである"バイク業界、頂上決戦! ツーリスト・トロフィー真剣勝負(マジバトル)"が、本日(3月28日)開催された。日刊スポーツ創刊60周年を記念して開催されたこのイベントは、『ツーリスト・トロフィー』に収録されているバイクメーカーが実際に集結。その社員どうしで真剣勝負をくり広げるというもの。会場となった六本木ヴェルファーレには、カジバジャパン、スズキ、ドゥカティジャパン、トライアンフジャパン、ハーレーダビッドソン ジャパン、本田技研の7社の代表選手と応援団が集まったのだ。

▲"真剣勝負"と書いて"マジバトル"と読む! バイクのことを知り尽くした各メーカーによる意地とプライドのぶつかった戦いが! 「負けたらボーナスなしね」などという恐ろしいヤジもちらほら……。


 気になる試合のルールは、各社が自社のオートバイを選択し、1対1によるトーナメント戦を実施。最終的に勝ち抜いた選手が優勝というもの。しかも、なるべくマシンによる性能差が出ないように、開発者のほうでマシンをチューニングしたというコダワリぶりなのだ。まずはイベントには、『ツーリスト・トロフィー』のディレクションを担当したポリフォニー・デジタルの七澤崇聖(しちさわたかまさ)氏が登場。「昨年のいまごろまさに制作が本格化したのですが、1年後にこのような晴れがましいイベントが開催できるとは思ってもいませんでした。『ツーリスト・トロフィー』は10万人以上の方にプレイしてもらっていますが、それもみなさんのおかげです。オートバイは子どものころから乗っていますが、本当にかっこよくてすばらしいものです。みなさんにもすばらしいバトルを期待します」と挨拶。さらに、ゲスト解説として数々のオートバイレースで栄冠を勝ち取っている辻本聡氏が登壇。会場は大いに盛り上がった。その後、各チームの代表が壇上に上り、各社による意地とプライドを賭けた戦いが始まったのだ。以下、その白熱の大会の模様をレポートすることにしよう。

▲『ツーリスト・トロフィー』でディレクターを務めた、ポリフォニー・デジタルの七澤崇聖氏。氏のオートバイに対する情熱がこの作品を生んだ。

▲85-86年とTT-F1(現在のスーパーバイク)クラス2年連続チャンピオンを獲得するなど、すべてのバイカーの憧れ辻本聡氏がゲスト解説として登場。

▲各メーカーの応援団が大挙して、六本木ヴェルファーレにやってきた!! ちなみに、各メーカーのレースの合間には、メディアによるエキジビションマッチなども行われた。まさに、バイク好きによる和気あいあいとしたイベントだったのだ。

▲参加選手(その多くは各メーカーの広報さんだったり、営業の方だったりするわけですが……)は、多くの人がツナギを着て登場。まずは格好から入ったみたい。

▲実況役の末飛登(まひと)氏(左)は、千葉テレビのバイク番組でナビゲーターを務める。解説の七澤氏(中央)や辻本氏(右)との息もぴったり。会場の雰囲気を盛り上げる。


 1回戦のコースは筑波サーキット。"筑波に始まり筑波に終わる"というくらい、初心者から上級者まで幅広く楽しめるサーキットだ。まさに、各選手のお手並み拝見といったところ。

〈1回戦第1試合〉
×ホンダ CBR 1000RR(前原英人選手) vs ハーレーダビッドソン ビューエル ファイヤーボルトXB12R(井上雅矢選手)○
抜きつ抜かれつの好バトルを展開するも、最後にホンダの前原選手がコケてビューエル・井上選手の勝ち。

〈1回戦第2試合〉
×トライアンフ スピードトリプル レーシングモデファイ(大西洋介選手)vs カジバ MVアグスタ F4-1000s(杉村武彦選手)○
安定した走りのMVアグスタ・杉村選手が終始一貫してリード。危なげなく勝利。

〈1回戦第3試合〉
○ヤマハ YZF-R1(北川隆選手) vs ドゥカティ 999R(木下弘選手)×
1回戦屈指の好カード。一進一退のレースとなるも、最後のミスが勝敗を分けてヤマハ・北川選手の勝ち。

〈1回戦第4試合〉
×スズキ GSX-R1000(鈴木則宏選手) VS ドゥカティ 999R(木下弘選手)○
ワイルドカードで敗者復活した(第1〜第3試合敗者でもっともタイムのよかったチーム)ドゥカティ・木下選手とスズキ・鈴木選手のバトルは転倒が勝敗を決めて、ドゥカティ・木下選手の勝利。


 結果は実力者4名が勝ち抜くことになった。続く準決勝のコースはディープフォレスト・レースウェイ。「『グランツーリスモ』のころから使用しているので、コースが老朽化してかなりスリッピーになっているんですよ」とディレクターの七澤氏は冗談めかして言うが、難易度の高いコースであることは間違いない。「ひとつのミスが勝敗を分けますね」と辻本氏は解説するが、さて、戦いの行方は……?

 

〈準決勝第1試合〉
×ハーレーダビッドソン ビューエル ファイヤーボルトXB12R(井上雅矢選手) VS カジバ MVアグスタ F4-1000s(杉村武彦選手)○
準決勝の第一試合も、危なげないレース展開のMVアグスタ・杉村選手が余裕で勝利。

〈準決勝第2試合〉
×ヤマハ YZF-R1(北川隆選手)VS ドゥカティ 999R(木下弘選手)○
奇しくも1回戦の再戦となる。両者の実力は伯仲しており、「ひとつのミスが勝敗を分ける」展開となったが、勝利を目前にしたヤマハ・北川選手がコケて、ドゥカティ・木下選手が雪辱。


 決勝の舞台となったのは、バレンシア。2輪レースの最高峰、MotoGPにも採用されているコースで、抜きどころの少ない中低速コースとしてつとに有名。優勝を争うには絶好のコースと言える。因縁の戦いを勝ち抜いたドゥカティ・木下選手と、順当に勝ち抜いたMVアグスタ・杉村選手の勝負となった。

〈決勝戦〉
×カジバ MVアグスタ F4-1000s(杉村武彦選手)vs ドゥカティ 999R(木下弘選手)○
安定感で勝るMVアグスタ・杉村選手が1周目の途中で抜き去るや、そのままリードをキープ。一時はかなりの差を広げ、このままゴール、と思われたが、応援団の熱烈な声援を受け、ドゥカティ・木下選手が猛プッシュ。最終コーナー近くでアグスタ・杉村選手のミスを誘い、奇蹟の逆転勝利!

 

〈試合後の選手の談話〉 
木下選手:勝ててよかったです!! 最初から強い選手と当たってばかりいたのがよかった。後から追い上げる作戦でいったのが成功したのかもしれません。
杉村選手:追い上げられたのが痛かったです。(先行したあとは)転倒しないことばかり考えて、攻めの走りができなかったのが敗因ですね。


▲決勝戦は、カジバ MVアグスタ F4-1000sを駆る杉村武彦選手(右)とドゥカティ 999Rの木下弘選手(左)のあいだで行われた。

▲3月26日に開幕したばかりのモーターレースの最高峰MotoGP 2006の第1戦では、ドゥガティ所属のカピロッシ選手が優勝。「だから、僕もこの勢いを駆って……と思っていました」とは木下選手の弁。

▲ドゥカティチームを後押ししたのは、何よりも女性部隊から成るその応援団! 優勝直後に喜ぶ彼女たち。まさに、WBCの日本代表のような展開に大いに盛り上がった!!!


 というわけで、ドゥガティ 999Rの木下選手が激戦を勝ち抜いて見事勝利。"バイク業界、頂上決戦! ツーリスト・トロフィー真剣勝負"は大きな盛り上がりのうちに幕を閉じた。オートバイメーカーが参加して、このようなイベントを開けるのも、まさに『ツーリスト・トロフィー』ならでは。"オートバイ好き"が集まったからこそ実現した夢の競演と言える。最後の「今日集まってくださった皆さんにおめでとうと言いたいです。こんなに素晴らしいバトルになるとは思いませんでした。ゲームをとおして新しいゲームの遊びかたが広がってくれたらいいですね」という七澤氏の最後の言葉が印象的だった。

※『ツーリスト・トロフィー』の公式サイトはこちら 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース