ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



セガがレボリューションのバーチャルコンソールへのソフトの提供を表明

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●メガドライブの名作が蘇る!
 

 2006年3月24日、セガは任天堂の次世代ゲーム機、レボリューション(コードネーム)の"バーチャルコンソール"に、メガドライブ(北米での名称はジェネシス)のソフトを提供することを発表した。これは米国サンノゼで開催されているGDC(ゲームディベロッパーズカンファレンス)2006での任天堂の岩田聡社長による基調講演(現地時間3月23日に開催)で明らかにされた内容を、改めてセガが国内で発表したもの。

 

 "バーチャルコンソール"は、ネットワークを介してレボリューションにソフトをダウンロードする仕組み。ユーザーは過去のゲーム機で発売されたさまざまなソフトを遊ぶことができることになる。

▲'88年10月29日に発売され多くの名作ソフトを輩出したメガドライブ。北米ではジェネシスという名前で発売され、任天堂ハードと互角のシェア争いを演じた。

 

 セガは発表文中で「弊社は"バーチャルコンソール"に、メガドライブ、ジェネシスで発売されたコンテンツの配信を行う予定です。メガドライブ、ジェネシス合わせて過去、1000タイトル以上を発売しており、今回の参入で、それらの豊富なソフト資産を有効に活用してまいります」とコメントしている。
 


※セガの公式サイトはこちら

 

 

 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース