ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



【FFXI ファンフェスティバル】追加ジョブ"からくり士"など新情報が公開
【FFXI ファンフェスティバル】

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●最新情報の大盤振る舞いに米国のファンは熱狂!
 


 3月10日〜11日(現地時間)、米国サンタモニカで、『ファイナルファンタジーXI』のイベント"FINAL FANTASY XI FAN FESTIVAL 2006"が開催された。イベントでは、追加ジョブの"からくり士"など、追加ディスク『アトルガンの秘宝』に関する最新情報が飛び出した!
 

 からくり士は、英語名の"Puppetmaster"の名前で紹介された。今回は画像の公開のみで、その詳細は明かされなかったが、画像から判断すると、からくり人形とともに戦うジョブと思われる。また、今回の拡張ディスクでは、このからくり士が最後の追加ジョブになるとのこと。これで、『アトルガンの秘宝』で追加される新ジョブは、青魔道士、コルセア、からくり士の3つであることが確定した。

 

▲どんなジョブなのかはいまのところ明かされていない。からくり人形の仕様なども不明だ。


 また、追加ジョブの青魔道士とコルセアは、スタッフによる生プレイの様子がスクリーンに映し出され、画面上で動く姿が初めて公開された。まだ未完成とのことだったが、魔法やアビリティがくり出されるたびに、観客からは大歓声があがっていた。

 

▲青魔法を放つ青魔道士。かなり多くの敵の技がラーニングできるようだ。

▲コルセアのアビリティ。カードを2枚引くことができ、合計が11に近いほど効果が高いとのこと。


 会場では、同タイトルの体験スペースも設置され、米国全土から集まったプレイヤーたちで賑わいを見せていた。また、特設ステージでは計3回に渡り"開発チームパネル"が催され、『アトルガンの秘宝』で追加されるさまざまな新要素の解説が行われた。大きなトピックとしては、チョコボの育成が可能になることが判明。現在ある"栽培システム"のように、定期的に世話をすることで、自分の所有するチョコボの育成をしていくという新システムだ。その育成しだいで、色や容姿、また能力までも変わってくる。さらに、友だちや知り合いのチョコボをお見合いさせて、新しいチョコボを誕生させることも可能に。それらのチョコボは、新たに導入予定の"チョコボサーキット"で遊べることになる。

▲育成したチョコボをフィールド上で呼び出し、騎乗できるかは現在検討中とのこと。

 

 もうひとつの大きな発表は、新システムの"モグロッカー"。これは、現在使用できる金庫とは別に所有することができる、倉庫のようなシステム。現状では30〜50スロットまでの拡張が予定されている。なお、今後のバージョンアップで増えるかは検討中とのこと。また、使用するには『アトルガンの秘宝』をインストールする必要があるという。

 

▲"モグロッカー"を使用する際は、ギル以外の何らかのコストを支払うことが予定されている。

 

 そしてサプライズ! 『アトルガンの秘宝』発売後、コロセウムという新システムを導入することが発表されたのだ! 詳細は一切不明だが、モンスターVSモンスターの戦闘が予定されているという。低レベルのプレイヤーでも遊べるよう鋭意開発中と報告された。
 

 なお、イベントでは日米のプレイヤーどうしによるバトル"バリスタロワイヤル日米対決"も実施された。こちらは別の記事でお伝えする!

▲『アトルガンの秘宝』のプレイアブル出展は、世界でも初となる。

 


※『ファイナルファンタジーXI』の公式サイトはこちら

 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース