ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



台湾にポケパークがオープン!

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●6月23日から3ヵ月間の期間限定で!

 

 ポケパークLLPは2月20日、台湾の台北市で記者会見を行い、昨年名古屋で展開して話題となった『ポケモン』をテーマにしたテーマパーク"ポケパーク"を、6月23日〜9月24日までの94日間、台北市で展開することを発表した。

 

▲ポケモン代表の石原恒和氏が、台北市にポケパークを設置することを発表した。

 

 台湾版ポケパークは、台北市の北西部にある国立台湾科学教育館のとなりにある39291平米の広大な土地に設置される予定。園内には9種類のアトラクション(台湾オリジナルのものもあるとのこと)のほか、イベントステージ、フードコート、グッズ販売店なども展開される。すでに開園準備の着工式も行われている。

 

▲テーマソングを歌うのは、台湾の子供向け番組で人気のタレント、"MOMO"(台湾では水蜜桃お姉さん)。

 

 入場料金は、1日入場券が大人860元(当日券の場合。前売りだと700元)、子供650元(同。前売りは520元)、全期間入場券は大人2500元、子供1800元となっている。主催は有限会社P-projectで、企画監修をポケパークLLPが務める。

 

▲ポケモンたちもまじえて記念撮影。

 

 ちなみに台湾では、ファーストフードのマクドナルドで"ポケモンスクープ"と題したポケパークの小冊子が2月20日より配布開始。話題を集めている。

 

▲記者会見場に展示されていたポケパークのポスター。

 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース