ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



【Xbox 360発売日リポート】秋葉原の量販店2店舗も早朝から賑わった
【Xbox 360発売日リポート】

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaでは抽選会も実施!

 いよいよ発売日を迎えたマイクロソフトの次世代ゲーム機Xbox 360。都内の量販店は軒並み開店時刻を早めて販売を行ったが、ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaもそのひとつ。午前7時からの販売開始に備えて、早朝からハッピを着た店員が店頭に立って呼びこみを行いXbox 360の船出を盛り上げた。


▲午前6時30分の時点では、行列に並ぶ人はチラホラ。もの静かなスタートとなった。


▲お姉さんたちが、ホットコーヒーとカイロをやさしく手渡し! カイロはXbox 360オリジナルデザイン(右写真)となっていたぞ。


 午前6時30分の時点では行列は10人前後だったが、隣接するJR秋葉原駅が活気づくとともに徐々に人数が増えていき、午前7時には25名程に。朝早くから店頭で待ち続けたファンのために、コンパニオンのお姉さんがホットコーヒーとXbox 360オリジナルのカイロを配布するサービスも行われた。同店では、6階に設置されたXbox 360の特設売り場で販売が行われたため、行列は午前7時直前に店内へ。すっかり準備が整い、いまかいまかと待ち構えていた店員に出迎えられて、20秒まえからカウントダウンがスタート! 午前7時になると同時に拍手が沸き起こり、ついにXbox 360がユーザーの手に渡ったのだ。午前7時を過ぎても、つぎつぎにやって来る人で6階の専用レジは活気に溢れていたぞ。


▲いよいよ店内へと誘導開始! 静かにこのときを待っていたファンは、にわかに活気づいて急ぎ足で6階へと向かったのだ。


▲専用レジでは、Xbox 360本体と、ソフト、周辺機器のみが取り扱われていた。同店の店員によれば、「相当な数を入荷しているので、品切れの心配なく買っていただけると思います」とのこと。


▲ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaで、最初にXbox 360を手にしたのはこの方。ちなみに、千葉県から始発で来て並んでいたのだとか。


 ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaでは、Xbox 360本体を購入した人のみが参加できる抽選会も行われた。店頭の特設ステージに、『リッジレーサー6』や、『FIFA06 ロード・トゥ FIFA ワールドカップ』、『パーフェクトダーク ゼロ』、『PGR3-プロジェクト ゴッサム レーシング 3-』、『ナインティナイン・ナイツ』の体験台が設置され、DJとコンパニオンがXbox 360の発売をプロモーション。店内6階で本体を購入した人は、そのレシートを見せれば、抽選会に参加することができた。特賞の17インチ液晶テレビをはじめ、5.1chホームシアターセット、デジタルカメラなど豪華賞品が用意。もちろん、Xbox 360を購入したファンはこぞって抽選に参加していたぞ。なお、この抽選会は、本日閉店まで行われる予定とのこと。今年オープンしたばかりの話題の同店では、これからさらに盛り上がっていきそうだ。

▲体験台も設置されて賑わっていた抽選会場。立ち止まってDJのトークに耳を傾けていた人も。


 秋葉原中央通りのアソビットゲームシティも午前7時にオープン。こちらも開店まえの行列はそれほど長くはない。静かなスタートかと思われたが……、開店以降の客足がなかなか途切れない。早朝から店内は大きな賑わいとなっていたのだ。同店マネージャーは「だいたい予想していたとおり。早朝ということを考えれば出足はいいと思います」と語る。また、客層については「朝の段階では既存のXboxユーザーが8割くらいでしょうか。ただ、実機の展示を始めてからは興味を持つ方も多いようで、問い合わせも増えています。これから動き出す方も多いでしょう」とのこと。Xbox 360の発売はまずまずのスタート。むしろ、これからが本番という印象だった。

▲開店待ちの行列も発生。こちらでもホットコーヒーなどが振る舞われた。


▲開店直後の店内はXboxを求める人でいっぱいに。レジ前にはつねに行列ができていた。また、同店店頭と入口付近(下の写真)ではXbox 360のデモを行い、次世代機の魅力をアピール。


ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース