ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



【FFXIIコラボ発表会】ポーションが清涼飲料水に! そしてソフトは8990円[税込]に決定!!
【FFXIIコラボ発表会】

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●飲めば力が湧いてくる神秘的な飲料としてポーションが開発中

▲会場で報道陣を出迎えてくれたのは、等身大のジャッジマスター。そしてその横に陳列されていたのが……。

 

 本日(12月1日)、スクウェア・エニックスが『ファイナルファンタジーXII』に関する発表会を開催。ソフトの販売価格を発表したほか、飲料メーカーのサントリー、そして著名アーティストとのコラボレーションを明らかにしたのだ。
 

 まずはスクウェア・エニックスの和田洋一代表取締役社長が登壇し、「『ファイナルファンタジー』シリーズは世界で6300万本売れた大ベストセラー。ほかの業種とのコラボレーションによって、より深く浸透させていきたい」とコメント。続いて橋本真司コーポレート・エグゼクティブの口から「来年の3月16日に8990円[税込]で発売します」と販売価格が初めて発表されたのだ。


▲和田氏は「テレビゲームが世に現れてから20数年、ストーリーやシステムが厚みを増して複雑化しており、映画や音楽などと並ぶエンターテインメントとして浸透してきた」ともコメント。

▲ポーションの発売、そして『ファイナルファンタジーXII』の価格という重要な発表は、ともに橋本真司氏の口から行われた。


 続けて橋本氏は、サントリーとのコラボレーションに関して以下のように言及。
 

 「サントリーさんからご提案していただいたのがきかっけです。ポーションをリアルワールドで再現してみようという内容です」(橋本氏)
 

 『ファイナルファンタジー』シリーズを通して登場してきた回復薬"ポーション"が実際に販売されるという。異色のコラボレーションに、会場に集まった報道陣が驚いているあいだに、サントリー常務取締役食品事業部長の寺澤一彦がステージに。異色のコラボの意義を以下のように語った。
 

 「洋の東西を問わず、世界中の人に愛されている『ファイナルファンタジー』シリーズ。これは"幅広い人々に愛される"という当社のモットーにも合致しております。今回、ポーションを再現することになったのは、我々にとって挑戦的で魅力的な取り組み。成功することを確信しています!」(寺澤)

 

▲現在開発中ということもあって、会場に展示されたポーションのボトルは数タイプが見られた。最終的なデザインの決定はこれからといったところか。


 飲料としてのポーションは現在、鋭意制作中とのことで、その制作の難しさを、サントリー食品事業部、副事業部長の斎藤和弘氏は以下のように語った。
 

 「ポーションは、`87年に発売された『ファイナルファンタジー』の第1作から登場しているアイテムで、プレイする人それぞれでポーションに対して持っているイメージが違うはずです。みなさんに納得してもらえるものを作るのは簡単ではないと思います。現在、試行錯誤しながら煮詰めているところです」(斎藤氏)
 
 では、ポーションとはどういった飲み物になるのか? 気になるその内容を、斎藤氏は以下のように説明した。
 

 「回復アイテムのポーションであるからには、力が湧いてくるような、回復できるような飲み物にしたい。また、"神秘的な何か"も加えたい。聖なるハーブと言われるヒソップやメリッサなどを組み合わせて、ほかにはない飲み物ができると思います」(斎藤)
 

 このポーションには2タイプが用意される予定で、飲料だけのレギュラーバージョンのほかに、『ファイナルファンタジーXII』のアートミュージアムカードが同梱されてスペシャルバージョンも登場(パッケージもクリスタル調の豪華仕様に)。また、販売開始はソフトが発売される3月ごろとなる予定。価格は、レギュラー、スペシャルともに未定だ。飲めば力が出るというこのポーション、発売の暁にはぜひ、お試しあれ。
 

▲こちらが、スペシャルバージョンに同梱されるアートミュージアムカード。コレクションアイテムにぴったり!

 

 なお発表会では、あるアーティストとのコラボレーションも発表されている。そちらに関しては別の項目に掲載する。
 


 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース