ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



ドワンゴがスパイクを子会社化

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●チュンソフトとともに中間持株会社の設立も

 株式会社ドワンゴは11月14日、スパイクの株式を取得し、子会社化することを取締役会で決議したと発表した。同日、スパイクの親会社である株式会社スパイキーとの間で株式譲渡契約を締結し、11月16日に株式譲渡が行われる予定だ。ドワンゴは、インターネットや携帯電話でオンラインゲームなどコンテンツ配信を展開する会社。スパイク子会社化の理由については、「スパイクを当社グループの一員として迎えることにより、当社の強みであるシステム構築・運用ノウハウと同社の強みであるゲームソフト開発ノウハウを相互に活用し、ネットワークゲームの開発、携帯電話向けコンテンツの一層の強化を行ってまいります」(リリースより)とし、スパイクのグループ化においてブランドと自立性を維持しながら経営統合によるグループの相乗効果を図るという。また、ドワンゴの連結子会社であるチュンソフトとともに「株式移転により、グループにおける中間共同持株会社の設立を目指す」(同)と、ゲーム事業部門の再編についても言及している。

※ドワンゴの会社情報ページはこちら
※スパイク公式ホームページはこちら
 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース