ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



ユークスが新日本プロレスリングを子会社化!

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●新日本プロレスリングの株51.5パーセントを取得!

 

 本日11月14日、プロレスゲームでおなじみの株式会社ユークスと、新日本プロレスリング株式会社が東京ドームホテルで緊急記者会見を開催した。この会見で、ユークスが新日本プロレスリングの株51.5パーセントを取得。子会社化することが発表された。

 

 会見にはユークス代表取締役社長の谷口行規氏、新日本プロレスリング代表取締役社長のサイモン・ケリー猪木氏が出席。まず、サイモン社長が子会社化の経緯について、「寝耳に水という言葉がございますが、今年の9月にある会社が、新日本プロレスリングを敵対的買収しようとしている、との噂が流れました。現状の新日本プロレスリングの経営状態では、買収を阻止することが難しかったため、ユークスさんに相談しました」と説明した。

 

 それを受けて、谷口氏は「今回の子会社化は、敵対的買収ではなく、あくまでもある会社に新日本プロレスが敵対的買収されるのを阻止するための救済と考えています」とコメント。続けて「ユークスはゲームや映像など、プロレスとともに育った会社です。日本を代表するプロレス団体の新日本プロレスが、敵対的に買収されてはプロレス界がダメになると考え、バックアップさせていただくことになりました」と語っていた。

 

▲ユークスが新日本プロレスリングをガッチリとサポート! 今後の両社の動きに注目しよう(写真左からサイモン社長、谷口社長)。

 

 今回、ユークスが新日本プロレスリングの筆頭株主となるが、新日本プロレスの興行におけるマッチメイクなどは、いままでどおり新日本プロレスが主体となって行っていくとのこと。なお、株式の受渡は11月30日を予定している。

 

※ユークス公式サイトはこちら

※新日本プロレスリング公式サイトはこちら

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース