ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



ユーザーがゲーム作りに参加できる"Mod(モッド)"のセミナーが開催!

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●ゲームメーカーが提供する公式のツールを使って、PCゲームのコンテンツを作成できる!

 先日、都内のアビッドテクノロジー本社にて、"XSI Mod Tool ラウンドテーブル"と題するセミナーが開催された。

 このセミナーの紹介をするまえに、まずは"Mod"(モッドと読みます)の説明をしておいたほうがいいだろう。"Mod"とは、Modification(変更、改造くらいの意味)の略で、ゲームメーカーが公式にリリースしたツールを使ってユーザーにより作成されたコンテンツのこと。つまり、ゲームメーカーが自社タイトルのツールやソースコードなどを一般に公開し、ユーザーがそのゲームの追加マップやオリジナルキャラクターを自由に作れるようにする、という仕組みだ。その代表例が、`98年にPC版が発売されたValve社のアクションゲーム『Half-Life』。購入者に無償でツールが提供された本作は、数多くの"Mod"を生み、なかでもユーザーに圧倒的な支持を得た"Mod"が商品化。『カウンターストライク』として、オリジナル以上の大ヒットを飛ばした。海外ではPCゲームを中心に"Mod"はけっこう盛んで、"Modコミュニティー"も数多く存在するが、日本での"Mod"の認知度はまだまだ。そんな"Mod"を浸透させていくことを目的に開催されたのが、今回のセミナーというわけ。

▲2回にわたって行なわれた"XSI Mod Tool ラウンドテーブル"。ちなみにXSIとはアビッドテクノロジーが提供している3Dモデリングツール。数万円もするXSIだが、同社では、出力できるデータは『Half-Life2』のみという条件で、ツールを無料でネット上で公開している。なんとも太っ腹な話だが、これも"Mod"の将来性を見据えてのこと。


 ラウンドテーブルでは、東京大学にてゲーム学問を研究する星野瑠美子氏が登壇。"Mod"の歴史や国内における現状を報告した。商品寿命の延長や、熱心なファンコミュニティーの形成など、ビジネス的な面からもニーズが高い"Mod"。ゲームメーカーが実際に使用している開発環境が使えるので、実践的な人材育成という点でも大きな利点がある。そんな"Mod"がこれまで日本であまり広がらなかった大きな理由のひとつは、ツールのマニュアルが日本語に対応していなかったこと。ところが、ここへ来てそんな風向きも変わりつつある。というのも、ユーザーおよびアビッドテクノロジーの手により、100以上の記事が日本語化され、"Mod"に対する間口が徐々に広がってきているのだ。さらに、近年は教育現場に"Mod"を導入するケースも増えてきているという。

▲当日登壇した星野瑠美子さんは、東京大学にてゲーム学問を研究している。インターンとしてやってきたアビッドテクノロジーにて、"Mod"のマニュアルの日本語化に取り組んでいたのだ。

▲ゲームクリエーターの団体IGDAの日本代表である新清士氏も"Mod"に大きな可能性を感じている。ゲームスクールのデジタルエンタテインメントアカデミーの非常勤講師でもある同氏は、教育現場に"Mod"を取り入れているとか。


 セミナーでは、具体的な制作プロセスの説明などもあり、来場者は熱心に耳を傾けていたのだ。ユーザーがゲーム作りに参加できるなんて、ある意味究極のインタラクティブとも言える"Mod"。その可能性の広がりを実感できたセミナーだった。

▲会場では"Mod"のコンテンツを披露。ちなみに"Mod"はひとりから数十人単位で作る。こうなると、もはやゲーム開発に近い。

▲『シム』シリーズでおなじみのウィル・ライト氏によると、"Mod"がユーザーの幅を広げることになるとか。

▲セミナーでは、"Mod"の制作プロセスを詳しく説明してくれた。

▲当日は、"おそらく日本で唯一"というModのコミュニティーを運営する、ハンドルネーム、teNDon氏も出席。『Half-Life2』のツールを使って作成したコンテンツのムービーを披露してくれた。『Half-Life2』とは見た目もかなり異なった作品になっている。「"Mod"には、自分で作った空間でみんなが遊んでいるという喜びがありますね。ゲーム業界でもない一般ユーザーでもゲームを作れるというもの魅力的です」とのこと。

 

※XSI Mod Toolの詳細はこちら

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース