ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



『FFXI』サマーカーニバル2005 続報: イベントの詳細を徹底リポート!

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

 スクウェア・エニックス運営のプレイステーション2/Windows用MMORPG『ファイナルファンタジーXI』の大規模オフラインイベント“ファミ通 PRESENTS ファイナルファンタジーXI サマーカーニバル2005”が、2005年8月27日に都内にて開催。その続報をお届けする。(第一報はこちら

 

 会場となったのは日本青年館 大ホール。15時の開場前から既に多くのファンが集まっており、リンクシェルやフレンドのメンバーらと携帯電話で連絡を取り合う姿が見られた。1階席、2階席合わせて約1300人を収容する同施設だが、この日はほぼ満席状態。来場者層は10代から子供連れまでと幅広く、世界規模で成功を収めているMMORPGとしての間口の広さを感じさせられた。

 

 

●開発陣トークセッション 〜“ヴァナ・ディール”の現状、今後の展望


 16時、いよいよ開演。最初に行われたのは、『ファイナルファンタジーXI(以下、FFXI)』クリエイター陣とファミ通グループ総編集長・浜村通信によるトークセッション。プロデューサー・田中弘道氏をはじめ、『プロマシアの呪縛』ディレクター・河本信昭氏、バトルディレクター・松井聡彦氏、アートディレクター・相場良祐氏、モンスター担当プランナー・岡田厚志氏らクリエイター陣5名が登壇し、質疑応答形式で進められた。

 

 話題となったのは、『FFXI』の世界“ヴァナ・ディール”の現状と今後の展望。『FFXI』の世界はバージョンアップごとにゲームバランスの調整や新要素の追加が行われているため、これらは自分たちのプレイに直接影響することからプレイヤーにとって最も気になる話題のひとつ。浜村通信は自分が『FFXI』プレイヤーのひとりであるという視点からクリエイター陣に質問。いちプレイヤーとして「これが聞きたかった!」と思わせるような鋭い質問に関しては、会場から拍手喝采が起こる場面も見られた。トークセッションは“バリスタ・ロワイヤル”公式サイトで募集していたユーザーからの質問も交えながら進行した。

 

 

 

 ここで聞けた内容はクリエイター陣から直接語られただけに、『FFXI』プレイヤーにとっては非常に大きな収穫だったのではないだろうか。なかでも会場から大きなどよめきが起こったのはレアアイテムの入手方法の公開。2005年7月19日のバージョンアップでは、アーチャーリング、クジャクの護符、皇帝羽虫の髪飾り、リーピングブーツといった一部のレアアイテムの入手方法が変更されたのだが、それらを“印章BF戦(以下、BF)”の戦利品として入手できることが開発陣の口から明かされた。

 

 以下、トークセッションで挙げられた内容を紹介する。

 

■『FFXI』の現状

  • 現時点で“マートキャップ”を所有した全ジョブレベル75到達者は、全ワールドで4、5人。
  • レリック武器の最終強化を達成したプレイヤーも出始めている。

 

■拡張ディスク関連

  • 『ジラートの幻影』『プロマシアの呪縛』とは異なるベクトルの内容の拡張ディスクを開発中。
  • 開発中の拡張ディスクは新エリア追加がメインであり、システムなどの変更やクエストの追加などは従来どおりバージョンアップでも供給していく。

 

■ジョブ関連

  • 今後のジョブバランスの調整はそれぞれのジョブの個性を活かしたものに。ジョブそのもののイメージを変えるような劇的な変化は考えていない。
  • “槍の強いジョブ”はいい方向での修正を検討。(竜騎士?)
  • メリットポイントを使用してアビリティをカスタマイズするシステムが追加されるかも。(複数のアビリティからからひとつを選んで習得など)
  • 召喚獣の追加は機会があればあり得る。
  • 新ジョブの追加は何年も検討中。機会があればあり得る。
  • 忍者のパーティーにおける“盾”としての働き(「空蝉の術」の上手な張替え)はクリエイター陣の想定外であったが、すでに定着した盾としての役割を無くすつもりはない。あくまで他のジョブとのバランスを調整した。
  • 狩人が遠隔攻撃を行う際の最適距離は、“投てき → 銃 → ショートボウ → クロスボウ → ロングボウ”の順番で遠くなる。遠すぎても近すぎても最大の能力は発揮できない。


■その他

  • “デュナミス”の流れを汲む新しいバトルフィールドが追加されるかも。
  • “指定生産クエスト”のような、合成でのやり込み要素が追加されるかも。
  • おしゃれ装備の追加が行われるかも。(“白サブリガ”はかねてから田中プロデューサーが要望していたが、昨年のイベント“『プロマシアの呪縛』SPECIAL NIGHT”でたまたま話題が出たことから実装されたことも挙げられた)
  • “謎の装置”で要求されるパスワードは「自分のキャラクターの名前の頭文字3つ」がヒント。


■“印章BF戦”で入手できるレアアイテムの一部を公開

 一部のレアアイテムが、BFの戦利品として入手できることが明らかに。特にアーチャーリング、クジャクの護符、皇帝羽虫の髪飾り、リーピングブーツの4つは、これまでは稀に出現する“ノートリアスモンスター(以下、NM)”が落とすアイテムとして存在していたが、一部のプレイヤーによるこれらのNMの独占状態を回避するため、2005年7月19日のバージョンアップ以降は入手方法が追加されていた。また、従来のNMからはExRareの同じ性能の新アイテムが入手できるようになった。

 

 また、クリエイター陣はこれらのアイテムを入手できる確率についても言及。アストラルリングの出現確率は25%ほど(「4回に1回くらい」なのだそう)、クジャクの護符の入手確率は5%ほどであることも明らかに。NMからの同性能品の入手確率も以前と同程度らしい。

 

 

 


 さらに、ここではもうひとつのサプライズが。現在開発中のXbox 360版『ファイナルファンタジーXI』のデモ映像と、『FFXI』開発チームが制作した次世代ゲーム機向けのデモ映像が上映されたのだ。ステージには、クライアントプログラムディレクター・山本泰弘氏が登壇。壇上で実際に操作し、デモ映像を見せてくれた。

 

 Xbox 360版は解像度が増していることで、遠くの景色がより鮮明に見える印象を受けた。一方の次世代ゲーム機向けのデモは、美麗に描きこまれた風景と、モンスターらしき生き物がのしのしと歩き回る様子を見ることができたが、映像のきめ細かさとリアルな質感に、会場からは驚きの声が上がっていた。

 

 

●“バリスタ・ロワイヤル” 〜出場総数252チームの頂点に立ったのは!?

 

 いよいよ、本イベントの目玉ともいえる“バリスタ・ロワイヤル”の決勝大会がスタート。この日は準決勝、決勝戦が開催され、予選から勝ち上がってきたRagnarokワールド代表“Onipower”、Carbuncleワールド代表“Imperialguards”、Cerberusワールド代表“Highpower”、Sirenワールド代表“Lovehame”の4チームが激突した。

 

 ステージには、『FFXI』開発チームのバリスタ担当・木越祐介氏、“ヴァナ・ディール通信”編集長・ルパン小島、ファミ通PS2編集部・あらじ谷塚が登壇。実況と解説を行った。  

 

 

 

 決勝大会では、モンク、シーフ、白魔道士を活かした戦いが目立った。モンクは回避と命中が上昇するスコピオハーネスを装備して“乱撃”を打ちまくり、とにかく相手のヒットポイントを削ることを狙う。シーフは“ぬすむ”で相手のペトラを奪い、仲間と組んで“不意打ち”&“だまし討ち”から“ダンシングエッジ”につなげる強力コンボを連発。相手のヒットポイントを吸い取るブラッディボルトをはじめとした各種遠隔攻撃の活用も見られた。 

 

 また、白魔道士の生存能力の高さが際立った。ブリンク、ストンスキンらの魔法によって防御効果を高め、物理攻撃の被ダメージ20%カットのアーススタッフを常時装備。周囲のメンバーを回復しつつ、自分が倒れそうになった場合は回復薬ガブ飲みで耐えしのぐ。決勝戦ではSirenワールド代表“Lovehame”の白魔道士がウェポンスキルの集中砲火を浴びながらもなお倒れず、的確に距離をとって状況を立て直す場面が多々見られ、会場は大いに沸いた。

 

 結果、圧倒的実力を見せつけたSirenワールド代表“Lovehame”が最後は完封勝利し、見事優勝。出場総数252チームの頂点に立った。優勝した“Lovehame”には盾が贈呈されたほか、各メンバーにはゲーム内アイテム“ローレルクラウン”(頭装備)と、専用の“称号”が贈られた。これらの戦いの模様は、後日リニューアルオープンする予定の“バリスタ・ロワイヤル”公式サイトにて再度お伝えする予定なので、そちらも楽しみにしていただきたい。

 

 

●グッズ販売コーナー 〜気になるアイテム“マンドラゴラ帽子”が参考出展

 

 会場では『FFXI』関連グッズの販売も行われた。既に発売されているTシャツやサントラCDなどのほか、本イベント限定の三国(サンドリア、バストゥーク、ウィンダス)の国旗をあしらったハンドタオルと、胸に『FFXI』のワールドマップがプリントされたオリジナルTシャツが並んでいた。

 

 ここで一番の注目を集めていたのは、株式会社コスパの販売員さんがかぶっていた“マンドラゴラ帽子”。今回は展示のみとのことで購入することはできなかったが、これを目にしたファンの多くが販売について問い合わせる人気ぶり。こちらは白と黒の2種類が用意され、2005年9月に開催される“東京ゲームショウ2005”の会場にて数量限定で販売されるとのことだ。人気商品になりそうなので、ファンの方はチェックをお忘れなく。

 

 

●植松伸夫氏、増田いずみさんが『FFXI』のボーカル入り楽曲を披露

 

 この日は、スペシャルゲストとして『ファイナルファンタジー』シリーズの作曲を手掛ける植松伸夫氏と、オペラ歌手・増田いずみさんがステージに登場。増田さんは2005年7月19日のバージョンアップで実装されたボーカル入りの楽曲“Distant Worlds”を歌っている。両名からは同曲のレコーディング時のエピソードを聞くことができたほか、“Distant Worlds”を実際に披露。増田さんの生の歌声を聴くことができた。

 

 植松氏と増田さんの出会いは、彼女の歌声に注目した田中プロデューサーの推薦によるもの。数年前から田中氏に『FFXI』用の楽曲制作を依頼されていた植松氏は、今回はよりインパクトを持たせるために意識的に歌モノの制作に取り掛かったのだそう。

 

 

 レコーディング当初、曲の雰囲気作りのために、植松氏は増田さんにボーイソプラノのように一本調子で歌ってほしいとの注文を出す。だが、ひとたび彼女の生の歌声を聴くと、「(増田さんの持ち味は)こういう歌い方じゃない」と悟ったのだという。その後はとにかく感情を込めて歌ってほしいと指示を変更。最終形へと仕上がっていった。スローテンポで、どこか神聖さともの悲しさが共存している“Distant Worlds”。同曲は、先日ついにストーリーのクライマックス部分が実装されたプロマシアストーリーを進めることで聴くことができるほか、2005年9月中旬ごろから音楽配信サービス“iTunes Music Store”での販売、および2005年10月21日に発売を予定している増田さんの3rdアルバムにも収録されるとのこと。

 

 また、植松氏は自身の活動についてもコメント。近年、海外でも開催されている同氏プロデュースの『ファイナルファンタジー』オーケストラコンサートを、2006年内に日本国内で行いたいとの意気込みを語った。

 

 

●“スターオニオンズ”ライブ 〜生演奏ならではのアレンジを披露

 

 イベントのトリを飾ったのは『FFXI』サウンドチームの中心人物、水田直志さん率いるバンド“THE STAR ONIONS”(以下、スターオニオンズ)のライブ。メンバーは水田さん(ベース)、谷岡久美さん(ピアノ、シンセサイザー)、甲田雅人さん(シンセサイザー)、関戸剛さん(ギター)、マイケル・クリストファー・コージ・フォックスさん(ドラムス)の5人。発売中の1stアルバム『THE STAR ONIONS FINAL FANTASY XI − Music from
 the Other Side of Vana'diel』
からの楽曲を含む全5曲を演奏した。

 

 

■演奏曲

  • Yuhtunga Jungle ……ユタンガ大森林、ヨアトル大森林で流れる曲(CD未収録)
  • Rolanberry Fields ……ロランベリー耕地で流れる曲
  • Mog House ……モグハウスで流れる曲
  • Awakening ……“闇の王”とのバトル時に流れる曲

■アンコール

  • Selbina ……セルビナで流れる曲

 

※スターオニオンズ公式サイトはこちら!

 

 メンバーはこのライブの為だけに制作したというオリジナルTシャツで登場。フロントに“THE STAR ONIONS”ロゴ、バックにはたまねぎの形をしたモチーフイラストを配していた。

 

 圧巻だったのが4曲目の“Awakening”。1stアルバムには同曲のアレンジバージョンが収録されているが、この日演奏されたのはほぼ原曲に近いバージョン。演奏には植松伸夫氏率いるロックバンド“THE BLACK MAGES”のドラマー・羽入田 新さんが飛び入り参加し、羽入田さんがメインドラムス、マイケルがパーカッションを担当。まさしく決戦にふさわしい躍動感溢れるステージとなった。

 

 全プログラムが終了したのは20時過ぎ。約4時間にも渡った本イベントは、大盛況のうちに幕を閉じた。本イベントの模様は、現在制作中の“ヴァナ・ディール通信 SUMMER CARNIVAL 2005 特集号(仮)”にて、さらに詳しく紹介される予定。イベントに参加できなかった人は、こちらも楽しみにしていただきたい。

 

 

 

【関連リンク】

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース