ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



【GC 2005】任天堂カンファレンス、ゲームボーイミクロやWi-Fiコネクションの詳細も!
【GC 2005】

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●『マリオカートDS(仮題)』は欧州で11月に発売! オンラインサービスも始まる!

 8月17日、任天堂はGC 2005会場内でプレスカンファレンスを開催した。まずは、ニンテンドウ・オブ・ヨーロッパ(NOE)のゼネラルマネジャーのドクター・バーンド・フェイキッシュ氏が壇上に。「ゲームの未来とは何か? 我々はふたつの提案をしたいと考えています。ひとつはいままでとは異なるアプローチのゲームを提供すること、そしてもうひとつはオンラインです」と語り、欧州における今後の展開を紹介した。

 最初に紹介されたのはニンテンドーDS用ソフト『nintendogs(ニンテンドッグス)』。日本では4月に発売されて大ヒットを記録している作品だが、欧州では10月3日に発売予定。プロデューサーの紺野秀樹氏が会場に駆けつけ、その魅力を説明した。

nintendogs

▲ドイツの女優のニナ(左)とトップモデルのエバ(右)が『nintendogs』を紹介。ふたりとも子犬にメロメロの様子。

 

nintendogs

▲紺野氏(左から2番目)は「『nintendogs』は誰もが楽しめるゲーム。エバさんのように忙しい人でも楽しめますよ」と語った。そして、「そろそろ散歩に連れて行かなきゃいけない時間だから……」と足早に舞台裏へと去っていった。


 紺野氏が去ったあとにフェイキッシュ氏が再び登場し、欧州とドイツ市場での現状を説明。気になる新ハードのレボリューション(コードネーム)については、「情報は近いうちには出る、とだけ言っておきましょう」とのコメントを残した。また、新たな展開のひとつとしてニンテンドーDS用ソフト『マリオカートDS(仮題)』を紹介。同氏は「このゲームはスピードを追及したものになる。コースは30種類以上で、1カートリッジによる8人対戦も可能になっている」と語り、欧州では11月11日に発売することも明らかにした。さらに、フェイキッシュ氏はニンテンドー Wi-Fi コネクションについても言及。「サービス開始は秋から。『マリオカートDS(仮題)』の発売と同時にスタートさせたい。詳細はまだ発表できませんが、子供でもすぐに理解でき、楽しくて使いやすいものになる。また、無料ホットスポットのプロバイダーとの提携の話も進んでいる」という。なお、日本での『マリオカートDS(仮題)』の発売日は2005年、オンラインサービスの詳細は未発表。しかしながら欧州での展開から考えると、日本国内もこれに近い時期になりそうだが……?

任天堂 欧州で

▲欧州の任天堂ハードの現状も説明。ニンテンドーゲームキューブは400万台、ゲームボーイアドバンスは1500万台、ニンテンドーDSは130万台が普及しているとのこと。

 

マリオカートDS

▲裏から紺野氏(『マリオカートDS(仮題)』の開発も手がけている)を呼び戻し、会場のプレス関係者を交えて8人対戦の実演も。


マリオカートDS

▲『マリオカートDS』の欧州での発売日は11月11日!


 このほか、ニンテンドーゲームキューブ用ソフト『The Legend of Zelda(仮題)』をはじめ、今後発売予定のソフトを一挙に紹介。また、『スーパーマリオストライカーズ(仮題)』については、サッカーのドイツ代表であるフィリップ・ラーム選手をゲストに招き、大々的にアピールした。

スーパーマリオ ストライカーズ(仮題)

▲ラーム選手はこのあと報道陣と『スーパーマリオストライカーズ(仮題)』で対戦。また、ドイツの広報活動において任天堂とラモン選手が提携したことも併せて発表されている。


 最後にゲームボーイミクロを披露し、発売日と価格も発表! ゲームボーイミクロは欧州で11月4日に99ユーロ(約13500円)で発売されることが決定している。

ゲームボーイミクロ

ゲームボーイミクロ

▲欧州での価格と発売日がついに決定! カラーもピンク、ブルー、シルバー、グリーンが用意されるという。日本での発表もそろそろか?


●カンファレンス終了後に紺野氏を直撃!

 紺野氏は『nintendogs』と『マリオカートDS』を手がけている。カンファレンス終了後に同氏を直撃! 両タイトルについて話をきいてみた。

――『nintendogs』(北米では9月22日、欧州では10月3日に発売予定)の海外での反応は? 

紺野 反応は非常にいいです。新しいコミュニケーションツールとして受け入れてもらえているようです。

――"すれちがい中継所"のようなサービスを、海外でも考えていますか?

紺野 展開についてはいろいろと考えています。バークモード("すれ違い"の海外でのモード名)を使ったイベントもいろいろやっていきたいと思っています。

――欧州での『マリオカートDS』の発売日とニンテンドー Wi-Fi コネクションのサービス開始について発表されましたが、日本も同じくらいの時期になる?

紺野 まだ正式発表まえなので詳細は言えません。ただ、Wi-Fiコネクションのサービスは世界同時にスタートさせたいという方針なので、結果的にこれ(11月4日)に近い時期にはなりますね。

――Wi-Fiコネクションの開発状況は?

紺野  システムはほぼ完成していると言っていいくらい。現在はいろいろな実験を行っている段階です。じつは、今回の機会を利用して、ドイツと日本で対戦プレイをやってみたんですが、快適に遊ぶことができました。まだ発表まえなので詳細は明かせませんが……、"とにかく誰もが理解できてすぐに使えるものであること"とだけは言えます。

 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース