ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



【スクウェア・エニックス パーティ】『DC -FF VII-』のオンライン対応が発表
【スクウェア・エニックスパーティ】

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●"コンピレーション・オブ・ファイナルファンタジーVII"のシアターで明らかに
 

 スクウェア・エニックスパーティーの数ある出展の中でも、その人気で『ファイナルファンタジーXII』と双璧を成していたのが、"コンピレーション・オブ・ファイナルファンタジーVII"のシアター。このシアターの上映中に、『ダージュ オブ ケルベロス -ファイナルファンタジーVII-』がプレイオンライン対応になること、そして8月1日からβテストの参加者が募集されることが発表されたのだ。

▲開場から30分しか経っていない、午前10時30分にはすでに2時間待ちの状態。その後もまったく人気は衰えず、イベント終了2時間まえの午後4時には行列への参加をうち切られた。

 

 『ダージュ オブ ケルベロス -ファイナルファンタジーVII-』(プレイステーション2用ソフト、発売日未定)は、『ファイナルファンタジーVII』から3年後の世界を描いたガンアクションRPG。『ファイナルファンタジーVII』を軸にした関連作品群"コンピレーション・オブ・ファイナルファンタジーVII"の一翼を担う作品だ。これまで、ヴィンセントを主人公にしたシングルプレイヤーモードの概要が紹介されてきたが、今回発表されたのは、マルチプレイヤーモード。

▲これはロビーの画面。ほかのプレイヤーとコミュニケーションを取ったり、ミッションを受けたり、バトルにエントリーしたりすることができる。

 

▲ジャングルや荒野などさまざまな場所が舞台となるとのことだ。

 

◆発表されたマルチプレイヤーモードの概要

 プレイヤーは神羅カンパニーのプレジデント神羅により作られた、巨大地下施設"ディープグラウンド"のソルジャーとなり、ミッションの遂行、チームバトル、勲章の獲得をしながらソルジャーとしてのクラスをあげ、最強のソルジャーを目指すのだ。与えられた任務をこなすミッションモード、個人対個人で戦うバトルモード、チーム同士の戦闘を行うチームバトルモードがあるぞ。


 このマルチプレイヤーモードのβテスト参加者の募集が8月1日からスタート。以下がβテスト募集の概要だ。

 

募集期間

8月1日〜8月22日

募集要項

(1)フリーメール、携帯電話のメール以外のメールアドレスを所持している
(2)プレイステーション2ならびにアナログコントローラ、プレイステーション BB Unit、インターネット接続のための環境を所持している
(3)インターネットエクスプローラ5.5以上のブラウザとそのブラウザが動作するPCを所持している

募集内容

『ダージュ オブ ケルベロス -ファイナルファンタジーVII-』マルチプレイヤーモードβテストのテストプレイヤー。今回の募集では、今秋開始予定のマルチプレイヤーモードβテストに参加できます。参加テスターはβテスト期間中に発見された不具合や障害を、βサイト上の障害報告フォームから報告する必要があります。

βテスター選抜方法

規定の条件を満たす応募者の中から抽選で選抜。抽選結果は、当選者へのβキットの発送を持って発表とします。

 

 また、本日(7月30日)から同ソフトのマルチプレイヤーモードの公式サイト(→サイトはこちら)がオープン。βテストに参加したい人は要チェックだ。

 

●『アドベントチルドレン』に関する今後のスケジュールも明らかに!
 

 シアターではこのほか、『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』のジャパンプレミアが9月8日に開催されること、そして翌日の9月10日から劇場で公開されることなども発表されたのだ。また、『キングダム・ハーツII』の新たな映像も公開。残念ながらいずれの映像もお見せできないが、非常に内容の濃い映像発表だったと言える。

▲こちらは『キングダム・ハーツII』体験コーナーの入口に展示されていたもの。『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』の限定BOX(ADVENT PIECES:LIMITED)のパッケージの原型。なんとも豪華だが、実際にこれと同じ皮が使われかは未定だとのこと。


●『DC -FF VII-』のシングルプレイヤーモードが体験できた
 

 シアターの隣には、『ダージュ オブ ケルベロス -ファイナルファンタジーVII-』の体験コーナーが設置された。これは、同ソフトのシングルプレイヤーモードの体験スペース。同ソフトのイメージに即した真紅の照明に照らされた円形のブースに、50台もの試遊台が設置され、多くの人が話題のソフトを体験していったぞ。
 

▲中心の柱を取り囲むように、円形に試遊台が置かれている。

 

 体験できたのは、"カームの街"というステージ。どうやらオープニング直後の部分のようだ。まず、カームの街に飛来した輸送機から無数のソルジャーが降下し、街が蹂躙される映像が流される。そしてあの男、ヴィンセントが屋根の上に登場! プレイヤーはヴィンセントを操作して、ソルジャーたちを銃撃で倒していくことになる。このステージは街ということもあって、視界が遮られることが多い。狙い撃つよりも、突然現れる敵に瞬時に判断して対応するという感じだったのだ。



●モバイルブースで『ビフォア クライシス -FF VII-』のイベントも開催
 

 さまざまな携帯電話用コンテンツが出展されているモバイルブースでは、好評配信中のFOMA90Xiシリーズ用コンテンツ『ビフォア クライシス -ファイナルファンタジーVII-』のイベントが開催された。イベントの目玉は、近日配信予定の"チョコボレーシング"の大会。"チョコボレーシング"は、自分で育てたチョコボを参加させられるレース。『ビフォア クライシス -ファイナルファンタジーVII-』内の"ゴールドソーサー"という街でできるレースで、赤外線通信による多人数対戦も楽しめる。今回は、その場で募集された6人の参加者による競争で、優勝者には"神羅社員証"とこの大会でしか手に入らない"チョコボマテリア"のデータ(同コンテンツで使用可)がプレゼントされたのだ。

▲レースではスタミナの配分が重要。先行して逃げ切るか、はたまた追い込んで勝つか?

 

 

 

 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース