ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



あの開発会社の実力は?
データで見るゲーム市場

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●「あのゲームはここが作っている」がセールスポイント

 

 ここ最近、「ゲームを誰が作っているのか?」に注目が集まることが多くなってきた。とりわけ、有名な開発会社が担当したタイトルは、その会社名こそが最大のセールスポイントになる。2005年1月に発売された『ラジアータ ストーリーズ』は、『スターオーシャン』シリーズや『ヴァルキリープロファイル』で名高いトライエースが開発し、ルーキータイトルにもかかわらず約30万本を販売。また、7月発売予定の『絢爛舞踏祭』を手がけるアルファ・システムや、8月に発売される『グランディアIII』のゲームアーツなど、開発会社自体に根強いファンが付いている例も珍しくない。

 

 というわけで今回は、「ファミ通ゲーム白書2005」の中から、開発会社別のゲームソフト販売本数ランキングを紹介したい。これは、2004年の年間ゲームソフトTOP100のなかから、そのソフトを開発した会社(社内チームも含む)ごとに集計したもので、任天堂やカプコン、ナムコなど内部制作中心の大手メーカーが上位に登場しているものの、それに割って入る形で、さまざまな開発会社が登場している。

 

 【2004年 開発会社別ゲームソフト販売本数TOP10】

 

順位

開発会社

2004年販売本数

TOP100内タイトル数

クロレビ平均

代表タイトル

1

ゲームフリーク

3,999,760

3 

34 

ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン 

2

任天堂

3,558,079

13 

35 

ファミコンミニ スーパーマリオブラザーズ 

3

レベルファイブ

3,231,288

1 

39 

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君

4

カプコン

2,244,576

9 

34 

鬼武者 3

5

コナミコンピュータエンタテインメント東京

1,867,314

3 

32 

ワールドサッカー ウイニングイレブン8

6

ω-Force

1,696,286

3 

33 

戦国無双

7

アルテピアッツァ/マトリックス

1,611,155

1 

34 

ドラゴンクエストV 天空の花嫁(PS2)

8

ナムコ

1,059,371

6 

32 

エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー

9

サミー

902,105

1 

- 

実戦パチスロ必勝法! 北斗の拳

10

ハドソン

833,318

2 

31 

マリオパーティ6

 

 ※第1章「2004年 国内ゲーム市場の動向」の「開発会社の状況」(p156)より抜粋。また、水色の欄は開発専門の会社を表し、「クロレビ平均」は週刊ファミ通でレビュー対象となった当該開発会社のタイトルの平均点です。

 


 開発会社別ランキングの首位はゲームフリーク。何と言っても『ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン』『〜エメラルド』が強力だ。2位は内製中心の任天堂だが、3位に『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』を開発したレベルファイブが登場。同社は『ダーククラウド』『ダーククロニクル』といったタイトルも手がけており、次回作にもかなり期待できそうだ。

 

 その他、メーカー内のチームや子会社を除く独立系の開発会社は、7位のアルテピアッツァ・マトリックス(『ドラゴンクエストV』)、15位のパリティビット(『ダービースタリオン04』)、17位のトムクリエイト(『SDガンダム GジェネレーションSEED』)、20位ディンプス(『ドラゴンボールZ2』)といったところが挙げられる。

 

 次世代機でも、『ブルードラゴン』のミストウォーカーとアートゥーン、『ナインティナイン・ナイツ』のキューエンタテインメントとファンタグラムなど、開発する会社が前面に出てきている。今後、開発会社の名前が「売り」になる傾向は、ますます強くなるだろう。(エンターブレイン マーケティング企画部)

 

 

「ファミ通ゲーム白書2005」の第1章「2004年 国内ゲーム市場の動向」では、ハード/ソフトの総括データをはじめ、各プラットフォームの詳細データ、1月から12月までの月別データ、ジャンル別のソフト販売詳細データ、メーカー別のソフト販売状況、中古市場データなどを掲載している。また第7章の「補完データ」では、2004年ゲームソフト販売本数TOP500をはじめ、日本国内のデータを豊富に掲載している。「ファミ通ゲーム白書2005」に興味のある方はこちらまでどうぞ。

 

 

ファミ通ゲーム白書2005

編集

エンターブレイン マーケティング企画部

ISBN

4-7577-2307-5

発売日

2005年5月13日 

価格

2万8000円[税込]

判型

A4判 / 平綴じ

ページ数

448ページ(カラー16P、2色432P)

 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース