ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



PSP、プレイステーション2の出荷台数が明らかに!

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●ソニーグループが2004年度連結業績を発表!

 

 本日(4月27日)、ソニーは2004年度(2004年4月1日〜2005年3月31日)の連結業績を発表した。ゲーム分野の売上高は前年比6.5パーセント減の7298億円(前年7802億円)で、営業利益は前年比36.1パーセントの432億円。売上高減少のおもな原因として、販売台数の減少に加え、日米での本体価格の値下げが挙げられている。また、営業利益の大幅な減少についてはPSP(プレイステーション・ポータブル)の立ち上げ費用が大きな要因のひとつと分析している。

 

 気になるハードの全世界の出荷台数は、プレイステーション2が1617万台(前年比393万台減)で、PSPは297万台。プレイステーション2用ソフトの全世界の総出荷本数は2億5200万本(前年比3000万本増)で、PSP用ソフトは570万本となっている。2005年度の展望については、PSPに期待する一方で、"次世代コンピュータエンタテインメント システム"などを中心とした研究開発投資が増加することで、前年度並の水準を見込んでいるとのこと。またプレイステーション2とPSPの出荷台数は、ともに1200万台を予定しているということだ。

 

ハードの全世界出荷台数

プレイステーション2

1617万台

PS one

277万台

PSP

297万台

ソフトの全世界出荷本数

プレイステーション2

2億5200万本

プレイステーション

1000万本

PSP

570万本

 

※ソニーのホームページはこちら

※ソニーのニュースリリースはこちら(PDF)

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース