ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



北米でのPSP販売開始の様子をレポート

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●発売まえには行列も発生

 

 3月24日(現地時間)、PSP(プレイステーション・ポータブル)の北米地域での販売がスタートした。ソニー・コンピュータエンタテインメントは同地域向けに100万台の初回出荷台数を用意し、万全の態勢を整え発売日を迎えた。
 

 取材陣が訪れたサンフランシスコにあるソニー・グループのアミューズメント施設"メトレオン"では、前日の午後11時の段階で50人以上の行列が発生。先頭に並んでいたふたり組は、なんと前日(3月23日)の朝8時から並んでいるとのことだった。ソニー・コンピュータエンタテインメントアメリカの発表によると、行列の人数は75人前後とのことだ。多くの人は、PCや椅子を持ち込んで行列に参加。くつろいだ様子で、発売の瞬間を待っていたぞ。

 

▲メトレオンの建物の壁には、巨大なPSPのオブジェが! 人目を引くこと間違いなしだ。

 

 そして、3月24日午前0時ちょうど、ついにPSPの販売がスタート。売り場に山と積まれたPSP本体と、30タイトルの同時発売ソフトがつぎつぎと販売されていったのだ。先頭にならんでいたふたり組は結局、約40時間並んでPSP本体を購入。取材に訪れた報道陣の質問攻めにあっていたぞ。また、ソニー・コンピュータエンタテインメントアメリカのエグゼクティブ・バイス・プレジデント、ジャック・トレトン氏みずからがレジに立ち、並んで購入した人々にPSPを手渡していったのだ。

 

▲圧倒的な前人気に対応して、十分な初回出荷分が用意されたPSP。品薄になる可能性は低い?

 

▲同時発売タイトルは30本と豊富。日本での発売から遅れること3ヵ月、満を持して発売されただけのことはあるね。

 

▲レジに立ったジャック・トレトン氏(左)と先頭に並んで購入した男性(右)。どちらも多くの報道関係者に囲まれ、フラッシュを浴びていたぞ。

 

 ついに、北米地域での発売を迎えたPSP。発売初日の人気から見ても、世界的な大ヒットが十分に期待できる。

 

 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース