ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



電子辞書? 脳を鍛える? ニンテンドーDSに新機軸のソフトが!

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●『DS楽引辞典』などが発表に!!

 任天堂は3月14日、ニンテンドーDS向けの新機軸エンターテインメントソフトを発表した。今回明らかにされたのは、脳を鍛えるためのソフト『東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授の脳を鍛える大人のDSトレーニング』、実用的で遊び心満載の電子辞書『DS楽引辞典(らくびきじてん)』、あたまの柔軟体操ができる『やわらかあたま塾』の3タイトル。すべて任天堂から発売予定だ。どのソフトも、いままでのゲーム機ではあまりお目にかかったことのないようなものばかり。各ソフトの詳細をちょっと紹介してみよう。
 

東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授の脳を鍛える大人のDSトレーニング
【5月発売予定 2800円[税込]】 

▲東北大学の川島隆太教授が考案した、脳のトレーニングがニンテンドーDSで行えるというもの。このソフトは、タッチスクリーンのある画面が右にくるように本体を横に持って使用する。名文音読(写真中段)や三角暗算(写真下段)などで脳を鍛えることができるぞ。通信機能にも対応し、最大16人で遊べるとのこと。

 

DS楽引辞典 【6月発売予定 4800円[税込]】 

▲三省堂の『新グローバル英和辞典』、『デイリーコンサイス和英辞典』、『デイリーコンサイス国語辞典』の3つの辞書を収録。タッチスクリーンの機能を活かし、手書き(写真左)やソフトキーボード(右)です早く検索できるぞ。また、ピクトチャットの機能を使って、検索結果をほかのニンテンドーDSに送ることも可能だとか。

 

やわらかあたま塾 【6月発売予定 2800円[税込]】 

▲あたまの柔軟体操を目的としたソフト。左の写真は上の絵に必要なパーツを見つけ出す問題、右の写真はいちばん重い動物を答える問題だ。簡単そうで奥の深い問題が多数収録され、子供から大人まで幅広い年齢層が楽しめる内容になっているのだ。さらに、無線通信でほかのニンテンドーDSに問題を送り、最大8人での対戦も可能ということだ。

 
 なお、ニンテンドーDSの公式ホームページでは、"全く新しいエンターテインメントソフトラインアップ"として、すでに発表されている『Nintendogs(ニンテンドッグス)』と『エレクトロプランクトン』を加えた合計5タイトルを紹介している。従来のゲームの枠にとらわれないこれらの作品群でどんな楽しみを提案してくるのか? 発売が待ち遠しいよね。

 

※ニンテンドーDS公式ホームページはこちら
※任天堂公式ホームページはこちら
 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース