ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



"第5回Game Developers Choice Awards"で『塊魂』が2部門受賞!!
【GDC 2005】

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●盛大な表彰式が行われた!!


▲『塊魂』のディレクターであるナムコの高橋慶太氏は、一度目の受賞で「今朝、アメリカに着いたばかりで眠いんですけど、賞がもらえたので来てよかったです」とコメント。2度目の受賞で壇上に上がったときは「そろそろ眠りも覚めてきました。ありがとう」と、大舞台でもいたってマイペース。


▲ナムコと任天堂が共同開発し、専用コントローラーによるユニークな操作を実現した『ドンキーコンガ』が"INNOVATION"を受賞。プロデューサーの五十嵐博氏(ナムコ)は出席できなかったが、「任天堂さんは大人から子供まで遊べる簡単な操作を提唱していますが、ナムコもそのような考えにもとづきいっしょに開発できました。」とコメントが読み上げられた。
 

 3月8日(現地時間)、アメリカのサンフランシスコで国際ゲーム開発者協会(IGDA)が主催する、ゲーム開発者たちが選ぶ賞"第5回Game Developers Choice Awards"の授賞式が開催された。この中で、『塊魂』が"GAME DESIGN"と"INNOVATION"の2部門を受賞したのだ! "INNOVATION"の部門では『ドンキーコンガ』も受賞したぞ。"AUDIO"部門で『Halo(ヘイロー)2』が受賞。なお、もっとも大きな賞である"BEST GAME"には『Half-Life 2』が輝いた。人物賞では生涯にわたってゲームを開発したことを表彰する"LIFE TIME ACHIEVEMENT"は、アーケードゲーム開発者Eugene P. Jarvis氏が受賞したのだ。そのほかの受賞作品を含めた結果は下記のとおり。
 

▲ノミネートされた作品の関係者たちが円卓に座り、発表を待つという映画のアカデミー賞のようなスタイルの表彰式。プレゼンターのひとりとして、昨年"First Penguin Award"を受賞した松浦雅也氏も登場した。

 

Best Game

■『Half-Life 2』 (Valve Software / Vivendi Universal Games)
- Ken Birdwell, Gabe Newell, Jay Stelly

 

Innovation

■『ドンキーコンガ』(ナムコ)
『塊魂』(ナムコ)
- 高橋慶太氏  

 

Audio

『Halo 2(ヘイロー 2)』(Bungie Software / Microsoft Game Studios)
- C Paul Johnson, Marty O'Donnell, Jay Weinland

 

Character Design

『塊魂』(ナムコ)
- 高橋慶太氏

 

Game Design

『塊魂』(ナムコ)
- 高橋慶太氏

 

Technology

■『Half-Life 2』 (Valve Software / Vivendi Universal Games)
- Yahn Bernier, Brian Jacobson

 

Visual Arts

■『World of Warcraft』(Blizzard Entertainment)
- Sam Didier, William Petras, Justin Thavirat

 

Writing

■『Half-Life 2』(Valve Software / Vivendi Universal Games)
- Viktor Antonov, Randy Lundeen

 

New Studio

■Crytek (『Far Cry』)
- Avni Yerli, Cevat Yerli, Faruk Yerli



※"Game Developers Choice Awards"の公式サイトはこちら
※IGDA東京の公式サイトはこちら

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース