ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



マイクロソフトがXbox用の電源コードの交換実施を発表

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●電源コードが原因で、発火につながる故障への対応として

 マイクロソフトは、全世界1410万台のXbox用電源コードを自主的に交換すると発表した。マイクロソフトによると、Xboxが10000台につき1台未満の割合で、発火につながる故障が起きているという。ほとんどすべての場合において、故障による被害はXbox本体内部、もしくは電源コードの本体との接触部分の破損のみにとどまっているが、全世界で30台のXbox本体に関しては、こうした故障が原因で、軽い火傷、あるいは物品に軽微な破損を受けており、そのうちの7件は手に軽い火傷を負ったユーザーがいると報告されている。今回の交換は、そうした故障に対して、"消費者の安全を何よりも大事に考えた予防的な措置"とのことで、2003年10月23日以前に製造されたXboxは電源コードを交換する必要があるとしている。 

 この件に関し、マイクロソフト コーポレーションのホーム & エンターテイメント ディビジョン シニア バイスプレジデントであるロビー バックは「こうした事例は極めてまれですが、予防的な措置を取ることにしました。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。お客様に交換用電源コードを無料で提供することが責任ある措置だと考えました」とコメントしている。交換用電源コードはこちらから申し込み可能で、上記サイトにアクセスできない場合は、フリーダイヤル0120・558・573までお電話のこと(フリーダイヤルが利用できない場合は03・3570・8110まで)。新しい電源コードは、2〜4週間以内に届けられる。マイクロソフトでは、電源コードを取替えるまでXboxを使用していないあいだは電源を切っておいてほしいとしている。


※公式リリースはこちら

※交換用電源コードの申し込みはこちら

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース