ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



熱狂の"スーパーロボット大戦感謝祭 2005"開催! ファン1500人殺到!

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●最新作『第3次スーパーロボット大戦α』の映像も公開!

 

 2004年5月に累計出荷本数1000万本を突破したバンプレストの人気ゲーム『スーパーロボット大戦』シリーズ。これを記念したイベント"スーパーロボット大戦感謝祭 2005 〜1000万本の感謝をこめて"が、2月12日に都内にあるスタジオコーストで開催され、なんと1500人ものファンが参加したのだ。会場ロビーには、『スーパーロボット大戦』歴代シリーズのパッケージや特典フィギュアが展示されたほか、イベント限定の特製グッズの販売が行われていたぞ。

 

▲ステージイベント開始までの時間、ロビーでは大勢のファンがグッズを購入したり展示物を眺めていたぞ。

 

 そして感謝祭は、ファンお待ちかねのステージイベントに突入! まずステージに登壇したのは、バンプレスト代表取締社長、仲田隆司氏。「『スパロボ』シリーズはさまざまなロボットが活躍するすばらしい作品です。1000万本を突破できたのは、各ロボット作品の版権元や関係者、そしてファンのみなさんのおかげです。今後も2000万本、3000万本を目指していきます」と挨拶すると、ファンから社長コールが巻き起こったのだ。

 

 つづいて、2005年発売予定のシリーズ最新作『第3次スーパーロボット大戦α〜終焉の銀河へ』の制作発表が行われ、CGデモや戦闘シーンの映像が上映。『機動戦士ガンダムSEED』や『勇者王ガオガイガー』、さらに『電脳戦機バーチャロン』シリーズなどの参戦作品が紹介されると、会場のファンから大き歓声が上がったぞ。そしてステージに、『スパロボ』シリーズのプロデューサーである寺田貴信氏が登場。最新作についてつぎのようにコメントした。

 

▲寺田氏と、アニメソング界のアニキこと水木一郎によるトークショー。

▲寺田氏と神谷明、緑川光、置鮎龍太郎、かかずゆみといった豪華声優によるトークショーに、『スパロボ』イメージキャラクターの加藤夏希がスペシャルゲストとして登場。寺田氏の口からは「加藤さんにもキャラクターとして『スパロボ』に出てもらおうかなぁ」と意味深な発言をしていたぞ。

 

 「『α』シリーズは当初、3部作にする予定でしたが、『α外伝』などが入り予定が変わってしまいました。今作のコンセプトは"行きつくところまで行く"です。これまでは宇宙と言っても地球圏でしたが、今回は銀河にまで話が進んでいます。ストーリーはシリーズでも最高のスケールになっていますし、『バーチャロン』などの新規参入作品がどのように絡んでくるのかなど、ファンのみなさんは楽しみにしていてください」(寺田氏)

 

 このほか、ステージではOVA版『スーパーロボット大戦』の制作発表や、水木一郎、JAM Projectなどのアーティストによるライブコンサートが行われるなど、イベントは終始大盛り上がりだったぞ!

 

▲5月27日に発売されるOVA『スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION THE ANIMATION』の紹介コーナーには、出演者の水谷優子と置鮎龍太郎が登場。

▲『マジンガーZ』や『コンバトラーV』の歌を熱唱した水木一郎。

▲ライブコンサートには飯島真理がサプライズゲストとして登場。名曲『愛・おぼえていますか』をしっとりと歌い上げた。

▲JAM Projectは『第3次スーパーロボット大戦α』のテーマ曲『ゴング』(仮題)を初披露!

▲出演者全員がステージで最後の挨拶! ファンといっしょに「『スーパーロボット大戦』万歳!」と叫んだのだ!

 

※『スーパーロボット大戦』公式サイトはこちら

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース