ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



PSP発売日リポート!【新宿編】

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●最大1500人以上の行列! 久夛良木社長も電撃訪問!

 

▲新宿ヨドバシカメラ西口本店前は、午前2時30分でこの状態。迫力の行列だ。

 

 本日12月12日は、ソニー・コンピュータエンタテインメントの新携帯ゲーム機"プレイステーション・ポータブル(PSP)"の発売日! そこで、恒例の都内量販店(新宿、渋谷、池袋、秋葉原、有楽町)の発売日リポートをお届け!
 

 まず、新宿のヨドバシカメラ西口本店前の模様から。午前2時30分、現地に到着した我々取材班は、思わず目の前の光景に目を疑った。なんと、深夜とは思えない熱気で、行列はすでに800人以上! 日本人だけではなく外国人の姿も多く、真昼のような賑わい。トップの男性は、なんと前日の午前11時から並んだとのことで、この時点で約16時間待ち。多くの報道関係者がつめかけ、これほどインパクトのある徹夜組みを含む行列はプレイステーション2発売以来。まさに社会現象ともいえる熱狂ぶりだった。

 

▲予約販売がなかったからか、われ先にとPSPを求める人でごったがえす店舗前。


 そのあとも行列は拡大する一方で、午前5時には1000人を突破。人垣は広いヨドバシカメラの店舗周辺をぐるりと一周し、甲州街道にとどく勢い。発売直前の午前6時まえには約1300人まで膨れ上がった。
 

▲店舗前を取り囲む報道陣。

▲久夛良木社長がヨドバシカメラに電撃訪問! つめかける報道陣。店内は一時パニックに!

 

 一方、店舗前は午前6時オープンに向けて着々と準備が進む。発売に向けて高まる緊張感。その瞬間をおさえるべく、50人以上の報道関係者が店舗を取り囲む。なんとそのとき、SCEの久夛良木健社長が電撃的に登場! 特別に制作されたヨドバシカメラのPSP仕様のハッピを着て、久夛良木社長もカウントダウンに備えた。カウントは1分まえから開始され、ついに「3・2・1、販売スタートです!」という掛け声ともに、クラッカーの音が鳴り響く。まわりからは自然と大拍手が沸き起こった。

 

 久夛良木社長は発売日を迎えた感想を、「これだけ多くの人にお待ちいただいて、PSPに対する期待の高さをひしひしと感じました。発売直前まで雨が降らないか、PSPをのせたトラックがジャックされないか、本当に心配でしたが、これでひと安心(笑)。行列については、どのくらいの人が並んでくれるのか、敢えて想像はしていなかったけど、今日の状況を見て全力投球してよかったなと感じました。未来に向かって剛速球を投げ、ストライクが取れたイメージ。先週はニンテンドーDSが発売されて、今週はPSPと、ゲーム業界のパワーを感じます。ふたりいないと相撲が成り立たないように、さまざまなソフトメーカーさん、ハードメーカーさんといっしょに市場を盛り上げていきたい。これからすごいことが起こりそうな予感がしますね」(久夛良木)

 

▲トップで並んでいた男性に、PSPを販売する久夛良木社長。ガッチリ握手も交わした。

 

 また、PSPの出荷台数について同氏は、「10年まえに初めてプレイステーションを発売したとき、どのくらいの市場になるのかわからず、手探り状態で10万台を出荷した。そしてプレイステーション2になり、十分な数をそろえたつもりでも、100万台がいっきになくなりました。そして、PSP。私たちが携帯ゲーム機市場に乗り込むのは初めて。どのくらいの市場になるかわからないので、初回出荷は20万台に設定しました。今年中に50万台を出荷する予定ですが、これでは足りなそうですね(笑)。明日以降、増産の指示を出そうと思っています」とコメント。発売スタート後も行列は縮小せず、最大約1500人以上に。午前7時、あまりにも多くの人が訪れるので、行列が打ち切られた。
 

▲午前9時まえには完売。わずか3時間足らずで、同店では約1500台のPSPを売り切ったのだ。「予想はしていましたが、今回はここ数年ではいちばんのパニック状態になりましたね。もちろんこれからもまだまだ売れると思う。たくさん仕入れて、どんどん売りますよ!」と店舗マネージャー。

  

 なお、追ってほかの地域のリポートを掲載していくぞ。お楽しみに!

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース