ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



『ドラゴンクエストVIII』発売日リポート!【池袋編】

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●ビックカメラ池袋本店では1時間で推定500本以上を販売!!
 

 ここでは東京、池袋のビックカメラ池袋本店での様子をレポートする。
 

 取材陣が現場に到着したのは、販売開始の30分まえ、午前6時30分。すでに店頭には60人前後の行列ができており、店のスタッフが整理に追われていた。先頭に並んでいた人は深夜0時から並んでいたとのことで、徹夜組もちらほらいたようだ。「国民的大作ソフトでも、ソフトの販売形態が多様化した現代は行列もこんなものか」と思いかけたが、ここから同店はたいへんな騒ぎとなる……。

▲まだ暗い午前6時30分。このときはまだ、その後発生する大行列の兆候はなかった。

 

 販売開始の午前7時が近づくにつれ、駅の方向からつぎからつぎへと人が押し寄せてきたのだ。そのほとんどが『ドラゴンクエストVIII』の購入が目的。6時45分には行列は180人前後にふくれあがる。なんと15分で3倍の数に! 道行く人もめったに見られない光景を目にして驚いた様子だったぞ。さらに行列はふくれあがり、販売時刻直前には230人前後にまでなっていたのだ。

▲空が明るくなるに従って、行列がふくれ上がっていく。販売開始10分まえには200人に達していただろう。

 

 そしていよいよ販売がスタート。拡声器をもった店のスタッフが「ついに発売開始でございます! 4年ぶりの『ドラゴンクエスト』!!」と声を張り上げる中、店頭に設置された特設販売所に山と積まれた ソフトがつぎつぎとさばかれていったのだ。

▲ソフトを手にしたとたん、満面の笑みを浮かべる子ども、しかつめらしい顔をして買っていく男性、購入したソフトを手にいそいそと家路につく若者など、さまざまな人の表情が見られたのだ。

 

 ところが、ここで不思議な現象が発生する。なんと、行列がいっこうに減らないのだ。それどころか、販売開始以降も行列の人数は増え続け、午前7時15分には250人を超える大行列に! ソフトを販売するスピードよりも、新たに行列に加わる人数のほうが勝るという珍しい現象が起こったのだ。そこで、同店では店内に販売コーナーを増設。それまで3台だったレジを7台態勢にして対処し、混乱を未然に防ぐことに成功!

▲午前7時15分、ついに行列はJR池袋駅西口への連絡トンネルにさしかかった。人数は250人を突破!

 

▲急遽設置された特設販売コーナー。同タイトルのポスターなどがまったく見られない。

 

 その後も客足はいっこうに衰えず、販売開始から1時間後の午前8時までの間に、同店では500本を超えるソフトが販売されたのだった。本日、同店だけでいったい何本のソフトが販売されるのか、想像もつかない。そして、全国のショップでは? 後日明らかになる数字が楽しみだ。

 

 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース