ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



CESA GAME AWARDS発表授賞式開催! 最優秀賞は『モンスターハンター』に!!

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●新たにGAME AWARDS INDIESも選考

 

 本日(10月27日)、CESA(社団法人コンピュータエンタテインメント協会)主催による、CESA ゲームアワーズ(GAME AWARDS)が開催された。これは、2003年4月1日から2004年3月31日までに発売された家庭用ゲームソフトを対象とした表彰式で、今回で8回目となる。栄えある最優秀賞には、カプコンのプレイステーション2用ソフト『モンスターハンター』が選ばれた。
 

 発表は、今回から新設されたゲームアワーズ・インディーズ(GAME AWARDS INDIES)から行われた。これは、製品化されていない作品を対象にした部門。5月1日から8月31日までに募集された応募作品から厳選された6作品がノミネートされ、優秀賞と大賞にそれぞれ1作品ずつが選出された。

 

■ゲームアワーズ・インディーズの受賞作品

 

タイトル

制作者

 ハード

大賞

バーガーバーガー

生島大

PC

優秀賞

MANNEKENPIS

小沼雅嗣 

PC

       

 大賞を受賞した生島大氏は、専門学校の講師を務める人物。受賞作は、学生からゲーム制作のアイデアに関して相談されたときに思いついたとのことだ。

 

 東京ゲームショウ2004に出展された未発売のタイトルが対象の、ゲームアワーズ・フューチャー(GAME AWARDS FUTURE)には、11タイトルが選出された。

 

■ゲームアワーズ・フューチャーの受賞作品

タイトル

メーカー

ハード

キングダム ハーツ II

スクウェア・エニックス

プレイステーション2

グランツーリスモ4

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン

プレイステーション2

テイルズ オブ リバース

ナムコ

プレイステーション2

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君

スクウェア・エニックス

プレイステーション2

バーンアウト3:テイクダウン

エレクトロニック・アーツ

プレイステーション2

バイオハザード4 

カプコン

ニンテンドーゲームキューブ

Halo2(ヘイロー2)

マイクロソフト

Xbox

メタルギア ソリッド 3 スネークイーター

コナミ

プレイステーション2

ラジアータ ストーリーズ

スクウェア・エニックス

プレイステーション2

ロックマン エグゼ 5 チームオブブルース/チームオブカーネル

カプコン

ゲームボーイアドバンス

ワンダと巨像

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン

プレイステーション2


 
 『テイルズ オブ リバース』のプロデューサー、吉積信氏は「こういう賞をいただいて身が引き締まる思いです。ゲームの可能性を信じて作り続けていきたいです」とコメント。また、『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』のシナリオ・ゲームデザインを担当している堀井雄二氏は「発売まで1ヵ月を切ってしまいました(笑)。今回は延期はありませんよ!」と11月27日の発売を確約してくれたのだ。

 

▲ナムコの吉積信氏はゲームアワーズ2003-2004も『テイルズ オブ シンフォニア』で受賞。

▲大作『ドラクエVIII』の発売を間近に控え、その発言に注目が集まる堀井雄二氏。

 


●ゲームアワーズ優秀賞は10タイトルが受賞
 

 ゲームアワーズ2003-2004に10タイトルが選出されたほか、最も多い販売本数を記録したタイトルに贈られるベストセールス賞、海外でヒットしたタイトルが対象のグローバル賞、審査員の推薦による特別賞なども発表された。
 

■ゲームアワーズ2003-2004の受賞タイトル

 

タイトル

メーカー

ハード

最優秀賞

モンスターハンター

カプコン

プレイステーション2

優秀賞

鬼武者3

カプコン

プレイステーション2

塊魂

ナムコ

プレイステーション2

逆転裁判3

カプコン

ゲームボーイアドバンス

グランド・セフト・オートIII

カプコン

プレイステーション2

戦国無双

コーエー

プレイステーション2、Xbox

テイルズ オブ シンフォニア

ナムコ

ニンテンドーゲームキューブ

ドラゴンクエストV 天空の花嫁

スクウェア・エニックス

プレイステーション2

ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン

ポケモン

ゲームボーイアドバンス

みんなのGOLF4

ソニー・コンピュータエンタテインメント

プレイステーション2

ワールドサッカー ウイニングイレブン7

コナミ

プレイステーション2

ベストセールス賞

ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン

ポケモン

ゲームボーイアドバンス

グローバル賞

エキサイティングプロレス5

ユークス

プレイステーション2

ニード・フォー・スピード アンダーグラウンド

エレクトロニック・アーツ

プレイステーション2、ニンテンドーゲームキューブ、Xbox、ゲームボーイアドバンス、PC

特別賞

EyeToy:Play

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン

 プレイステーション2

剣神ドラゴンクエスト 蘇りし伝説の剣

スクウェア・エニックス

--

ファミコンミニシリーズ

任天堂

ゲームボーイアドバンス



 『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』の開発を担当したアルテピアッツァの眞島慎太郎氏は「老若男女すべての人に楽しんでもらえる良質なゲームを、と思って作りました」とコメント。また、『戦国無双』のディレクター鯉沼久史氏は「次回作もユーザーに指示される作品を作りたい」と注目の発言をしていたぞ。
 

 授賞式の締めくくりは、『モンスターハンター』の田中剛プロデューサーと藤岡要ディレクターの受賞コメント。

▲左がディレクターの藤岡要氏。右がプロデューサーの田中剛氏だ。

 

 「とにかくゲームを出すまでが長かった。いろいろな人が関わって作ったタイトルです。"オンラインで最高のアクションを作ろう"というコンセプトでプロジェクトを立ち上げて、さまざまな要素を削ったすえ、やっとできたという印象です。」(田中氏)


 「"でかいモンスターを作りたい"というシンプルなコンセプトで立ち上げました。試行錯誤の結果、かなりクセのあるゲームになりましたが、ユーザーさんにはおもしろいといってもらえてうれしいですね。『モンスターハンター』はようやく土台ができたと思っている段階。これからさらに成長し、進化を遂げます!」と宣言していたぞ。

 

▲最後は受賞者全員で記念撮影。コナミの小島秀夫氏やカプコンの稲船敬二氏といった姿も見られる豪華なメンバーだ!



※CESAの公式サイトはこちら

         

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース