ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



SCE発表会リポート! 各種発表内容をココでチェック!

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●久夛良木氏の口から数々の驚きの発表が!


▲久夛良木氏が手に持っているのが、PSPと新型プレイステーション2。この年末、SCEがさらなる攻勢をかける!

 

 既報のとおり、本日9月21日、PlayStation Business Briefing2004が都内で開催された。発表会には、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の久夛良木健代表取締役社長兼CEOを始めとする同社の取締役陣が出席。久夛良木氏が壇上に立ち、つぎつぎと驚きの発表を行ったのだ。ここでは、発表会の全体的な内容をお届けするぞ。

 まず発表会では、プレイステーション2が日本、北米、欧州の各地域で安定したシェアを獲得していることを説明。世界規模で、同ハードがナンバーワンシェアを獲得していることが紹介された。続いて、年末年始に発売が予定されている期待のプレイステーション2用ソフトを公開。スクウェア・エニックスの『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』やSCEの『グランツーリスモ4』、ナムコの『テイルズ オブ リバース』、コナミの『メタルギア ソリッド 3 スネークイーター』など、じつに豪華なラインアップがこの冬に控えていることが発表されたのだ。

▲11月27日発売予定の『ドラクエVIII』。この大作を始め、多数の魅力あるソフトが年末年始に発売される!


 そして久夛良木氏は、この年末年始商戦を強力にバックアップするとして、新型プレイステーション2を発表! 既報のとおり、この新型プレイステーション2は、本体サイズを大幅に小型化。壇上に新型プレイステーション2が運ばれると、報道陣から無数のフラッシュが飛び交ったのだ。


▲壇上で新型プレイステーション2を紹介する久夛良木氏。その大きさに注目が集まった! 

 

 さらに久夛良木氏は、PSP(プレイステーションポータブル)について説明。東京ゲームショウ2004出展タイトルを明らかにしたほか、同ハードに"クロスメディアバー"機能が搭載されていることを明言。このクロスメディアバーは、PSXなどに搭載されているソニーグループ独自の機能で、ハード内の各種コンテンツを高速でスクロール、選択できるもの。多彩なエンターテインメントコンテンツが楽しめるPSPだが、このクロスメディアバーで快適に操作できそうだ。


▲クロスメディアバー(XMB)がPSPに採用決定! 各種コンテンツを高速スクロールで快適に選択できそうだぞ。

 

 最後に久夛良木氏は、次世代プレイステーションのメディアとして、ブルーレイディスクROM(BD-ROM)を採用することを発表。その内容は既報のとおりだ。

▲SCEハードのスケジュールが公開に! 画面下にある"Next System"が次世代プレイステーションを指している。開発ツールのVer.1が2005年早々に配布予定であることもわかる。

 

  このとおり、じつに盛りだくさんな内容だった、今回の発表会。なお、気になるPSPの発売日と価格だが、「東京ゲームショウ2004のユーザーの反響、ソフトメーカー各社様のご意見を聞いたうえで、後日、改めて発表します」(久夛良木)とのこと。とは言え、ハード自体はすでに完成状態で、開発はすこぶる順調なようだ。

 この日の発表会のファミ通.comの各記事は下にまとめているとおり。ぜひ、それぞれの記事をしっかりチェックしてほしい。

※新型プレイステーション2に関する記事はこちら→その1その2その3
※PSPに関する記事はこちら
※次世代プレイステーションに関する記事はこちら
※会場に展示されたPSP、新型プレイステーション2関連の記事はこちら

 

 

 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース