ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



ヴェネチア国際映画祭に『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』が出品!

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●デジタル映像部門の特別招待作品に

 

 スクウェア・エニックスの映像作品『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』が、なんと、世界三大映画祭のひとつ"第61回ヴェネチア国際映画祭"に出品されることに! 同祭典は9月1日〜9月11日にイタリアのヴェネチアで開催。『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』は、今回から新設される"ヴェネチア・デジターレ"(デジタル映像部門)の特別招待作品として出品されるのだ。まだ制作途中のため、コンペティション(作品の審査)には参加しないが、未完成作品の招待そのものが異例のことだという。今回の出品にあわせてスクウェア・エニックスは特別編集版を制作し、会場で上映するということだ。

▲『ファイナルファンタジーVII』にはまだまだ続きが! ハイクオリティーな映像で、はたしてどんなストーリーが展開される?


 『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』は、`97年にプレイステーションで発売され、大ヒットを記録したRPG『ファイナルファンタジーVII』のその後のストーリーが描かれるというもの。物語としては続編にあたるが、ゲームではなく最新技術による美しい映像作品として登場することになるのだ。なお、同作品はDVDソフトととして2004年に発売されるほか、PSP用の映像ソフトとしてもリリース予定(こちらは発売日未定)。

 

 ヴェネチア国際映画祭に出品することだけでも、それはもうたいへんな栄誉! さらに、そこでどれだけ高い評価を受けることになるのか? 期待してしまうね。

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース