ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



国立科学博物館で"テレビゲームとデジタル科学展"の開催が決定

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●ゲームの歴史を振りかえり、未来を考える
 

 7月17日から10月11日まで、東京都上野の国立科学博物館で、"テレビゲームとデジタル科学展"が開催される。入場料は一般、大学生が1300円[税込](前売り、団体は1100円[税込])。小、中、高校生が600円[税込](前売り、団体は400円[税込])。


 この展示会は、コンピュータとテレビゲームの歴史や、プレイステーション2の内部構造、テレビゲームの未来、テレビゲームの社会的影響など、ゲームに関するあらゆることを展示する。協賛社のソニー・コンピュータエンタテインメントが、『EyeToy』シリーズを出展することも決まっているぞ。

 

おもな展示物

●日本最古級の自動計算機"矢頭良一の自動算盤"

●世界初のプログラム内蔵式電子計算機"ENIAC(パーツ)"

●世界初のマイクロプロセッサ"インテル4004"

●アップル創業者のサイン入り"アップル1"

●テレビゲームの先祖"Tennis For Two"、"スペース・ウォー"

●アーケードゲームの始まり"コンピュータ・スペース"、"PONG(オリジナル・タイプ)"

●初期のアーケードゲーム"スペースインベーダー"、"パックマン"

●家庭用ゲーム機の原型"ブラウン・ボックス"

●日本のテレビゲーム機のフルラインアップ

●ユビキタス・ゲーミング・プロジェクト

●シネマトリックス

●ピンポンプラス

 

"テレビゲームとデジタル科学展"の開催概要

開催日程

7月17日〜10月11日

開館時間

7月17日〜8月31日は午前9時〜午後6時

9月1日〜10月11日の火、水、木曜日は午前9時〜午後5時、金、土、日、祝日は午前9時〜午後6時                

休館日

9月6日、9月13日、9月21日、9月27日、10月4日

開催場所

国立科学博物館(東京都台東区上野公園7-20)

入館料

一般、大学生1300円[税込](前売り、団体は1100円[税込])/小、中、高校生は600円[税込](前売り、団体は500円[税込])

主催

国立科学博物館、TBS、読売広告社

特別協賛

PlayStation2、NTT東日本

後援

文部科学省、総務省、経済産業省(以上予定)、社団法人コンピュータエンタテインメント協会、特定非営利活動法人コンピュータエンターテインメントレーティング協会、社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会、TBSラジオ

特別協力

独立行政法人情報通信研究機構、凸版印刷株式会社

協力

アスキー、インテル、お茶の水女子大学文教育学部坂元研究室、コンピュータ歴史博物館(米国)、スミソニアン博物館(米国)、セガ、ソニー・コンピュータエンタテインメント、タイトー、財団法人テレコム先端技術研究支援センター、テレビゲーム・ミュージアム、東京大学ゲーム研究プロジェクト、東京大学大学院情報学環馬場研究室、ナムコ、日本アイ・ビー・エム、バンダイ、ミシガン大学(米国)

お問い合わせ先

03・5777・8600

 

※国立科学博物館の公式サイトはこちら

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース