ファミ通.comゲームニュース>『九龍妖魔學園紀』ED曲を収録
■NEWS 2004/4/13

『九龍妖魔學園紀』エンディング曲の収録が行われた!

●喜多村英梨が『九龍妖魔學園紀』の世界感を歌う!

 

▲《生徒会》に支配された學園。主人公は、その學園に隠された謎を解き明かしていくことになるのだ。

 アトラスから2004年に発売予定のプレイステーション2用ソフト『九龍妖魔學園紀』。このゲームは、《転校生》となったプレイヤーが學園に隠された秘密を探るというアドベンチャー。このエンディングで使用されるテーマ曲を、ドラマやCMなどで活躍する人気急上昇中のタレント、喜多村英梨が歌うことが決定! そのレコーディングが都内のスタジオで行われたぞ。

 

 エンディングの曲名は『アオキキヲク』。作詞を同ゲームの監督である今井秋芳氏、作曲を同ゲームの音楽制作を務める新田高史氏が担当。ゲームの世界観にマッチした曲に仕上がっているのだ。そして、その曲に歌声を吹き込むのが喜多村英梨。ゲームの曲を歌うことになった彼女は、じつは大のゲーム好き。休日は外に出ないで家でゲームをプレイしていることもあるとか。そんな彼女が、今回のエンディング曲についてつぎのようにコメントしたぞ。

 

▲「これまで歌ったことのないクールでしっとりとした雰囲気の曲です」と語る喜多村英梨。

 「『アオキキヲク』は、學園を舞台にしたこのゲームにあった歌です。これから始まる未来に向かって希望を持つけれど、いろいろな壁にぶつかって悩みを抱えることもある。そんなときに、最初の新鮮な気持ちを思い出して、あの頃の気持ちを取り戻して前に進んでいこう。そういうメッセージを持った歌です。私も高校生なのでこの歌に共感できました。ファンの方も、ゲームをプレイしたあとに流れるこの歌からなにか感じ取ってくれるとうれしいですね」(喜多村)

 

 過去にアニメ主題歌を歌った経験もあるだけに、喜多村英梨も終始リラックスムードで収録に臨み、レコーディングは順調に進行していったのだ。『九龍妖魔學園紀』ファン、そして喜多村英梨ファンは、『アオキキヲク』を要チェックだ!

 

▲好きなゲームのジャンルはRPGや音ゲーだとか。

 

※アトラス公式サイトはこちら

※喜多村英梨のプロフィールはこちら




トップゲームニューストピックス


インフォメーションプライバシーポリシー利用条件・免責
FAMITSU.com ©KADOKAWA CORPORATION 2015
ファミ通.comに使用されている画像は全て著作権管理ソフトで保護されています。 無断で転載、加工などを行った場合、処罰の対象となることもございます。