ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



"マリオ&ゼルダ ビッグバンド ライブ"開催!

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●宮本茂氏が自慢のギター演奏を披露!

 

▲東京キューバボーイズ・ジュニアと有田純弘バンドが交代でゲーム音楽をアレンジした楽曲を演奏したのだ。

 本日(9月14日)、"マリオ&ゼルダ ビッグバンド ライブ"が開催! このライブは『スーパーマリオブラザーズ』や『ゼルダの伝説』いった任天堂の人気シリーズの音楽が楽しめるというもの。ライブでは、名曲の数々がラテン調、ジャズ調にアレンジされ、演奏されたのだ。
 

▲左から近藤氏、宮本氏、手塚氏。各ゲーム音楽ができたエピソードなどを語っていたのだ。

 

 またライブには、任天堂から特別ゲストが参加! 演奏されたゲーム音楽を手がけた任天堂の近藤浩治氏や、各ゲームの生みの親である宮本茂氏らが登場し、それぞれのゲーム音楽が誕生した秘話や音楽にかける情熱などを語ったのだ。しかも、宮本氏が自慢のギター演奏を披露するなど、任天堂ゲームファンで満員の会場は熱狂的な盛り上がりだったぞ。

 

▲宮本氏は自慢のギターの腕を披露。手にしているのは任天堂入社後のボーナスで購入したマーチンD-28。ブルーグラスという音楽のジャンルの曲を披露してくれたぞ。

 

 「任天堂のゲームは、音楽だけでなく効果音までこだわって作っています。ひとつのゲーム作品がひとつの音楽というスタンスなんです。全世界の人たちが聞いてくれていると思うと苦労して作った甲斐があったなぁと思いますね」(近藤)

 

 「僕はギターが趣味なんじゃなくて"ギターの練習"が趣味なんです(笑)。任天堂に入って初めてのボーナスと2度目のボーナスをつぎ込んでギターを買ったりもしました。コンちゃん(近藤氏)にはゲーム音楽に関して昔からいろいろ難しい注文をしてきましたが、それに応えてくれていい音楽ができたと思っています」(宮本)
 

 ゲーム音楽だけでなく、宮本氏のギター生演奏も楽しむことができた今回のライブ。会場に集まったファンは大満足だったんじゃないかな?

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース