ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



ロンドンでPS EXPERIENCEが開幕! 話題盛りだくさんのイベントに注目!

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●新作ソフト3タイトルが明らかに! 小島監督も来場!

 

▲会場外には早朝から行列が発生! 有料イベントながら、ロンドンのゲームユーザーが大挙来場したのだ。

 現地時間8月29日、イギリスのロンドンでソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEE)が主催するユーザー参加型イベント"PlayStation EXPERIENCE"が開幕した。このイベントは、欧州市場向けのプレイステーション2用ソフトが大挙出展されるイベント。その規模は昨日お届けした"ects 2003"よりも大きく、プレイステーション2に参入している多数のメーカーが参加。開催初日は早朝から、ロンドンのゲームファンが行列を作って開場を待ちわびていたのだ。
 

 このPlayStation EXPERIENCEは東京ゲームショウのイギリス版のようなイベント。特徴は会場内をメーカーのブースごとでなく、ソフトの大まかなジャンル別で区切っていること。"リズム"、"バトル"、"スロットル(レース)"、"ホラー"、"ネットワーク"などのジャンル別に約100タイトルがプレイできたのだ。また、各ゲームの体験コーナーも非常に凝った作り。とくに子供たちに配慮した体験コーナーが目立っていて、ソファーに座ってゲームができたり、無数のボールが敷き詰められたスペースで遊びながらゲームをしたりと、とにかく子供たちが楽しんでいる姿が印象的だった。
 

▲PlayStation EXPERIENCEは8月31日まで開催予定。

▲子供は低い椅子に座ってゲームをプレイできるなど、各試遊台にはさまざまな工夫が。

 

 SCEEはこのPlayStation EXPERIENCEに合わせて、新作3タイトルを発表。発表されたのは『SING(仮題)』、『DJ(仮題)』、『SIREN(仮題)』で、会場では『SING(仮題)』と『SIREN(仮題)』を実際にプレイできた。『SING(仮題)』はカラオケを題材にしたゲームで、オリジナルソング75曲を専用USBマイクで歌うことが可能。ふたりプレイにも対応していて、歌に点数がつく仕組みになっていたぞ。『SIREN(仮題)』は日本を題材にしたアクションホラーゲーム、『DJ(仮題)』はUSBヘッドセットを装着して、DJプレイが楽しめるソフトなのだ。なお、いずれも日本での発売は未定。

▲『SING(仮題)』はテレビモニターに表示される歌詞に合わせてオリジナルソングを歌い、点数を競うカラオケソフト。ソフトはCD3枚セットで、計75曲が収録されるとのこと。発売は欧州で来年春の予定。

 

 また、このPlayStation EXPERIENCEに、日本からもビッグゲストが登場。コナミの小島秀夫監督が来場して、『メタルギア ソリッド 3:スネークイーター』の最新プロモーションムービーを公開。ステージ上から会場のファンと一問一答をしたほか、サイン会まで実施。イギリスのゲームファンから熱烈な拍手と歓声が沸き起こっていたのだ。

 

▲イギリスのゲームファンのために小島秀夫監督が来場! 「『メタルギア ソリッド 4』の構想はあるが、開発に直接タッチするのは『3』が最後の予定」、「いままででいちばん好きなゲームは『スーパーマリオブラザーズ』」など、ファンとの一問一答に答えていた。ムービー上映時にはご覧の人だかりができていたぞ。


  そのほか、会場で注目を集めていたタイトルはブース別に掲載する。こちらもお楽しみに!

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース