ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



『ポケモン』映画の舞台挨拶に宇宙飛行士の毛利衛氏が登場

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●彗星の美しさと宇宙のすばらしさを子供たちに


毛利氏

▲毛利氏が短冊にかけた願いは、「火星に生命が見つかりますように」。火星と地球は、8月21日に6万年ぶりの接近をするとのこと。
 

 7月5日、都内の日本科学未来館で映画、『劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星』と『おどるポケモンひみつ基地』の特別試写会が行われた。『七夜の願い星』は、1000年に一度、7日間だけ現れるという"千年彗星"と、人々の願いを叶えるという幻のポケモン"ジラーチ"を中心としたストーリー。会場では作品の上映をまえに舞台挨拶が行われ、湯山邦彦監督や声優の山寺宏一、山田ふしぎが出席。さらに、ゲストとして宇宙飛行士の毛利衛氏も登場したのだ。
 

湯山監督

▲湯山監督の願いは、もちろん映画の大ヒット。前売券の販売はすでに100万枚を超えており、成就するのは間違いなしだ。
 

 湯山監督は、「1000年という時を超えて現れる彗星と、ポケモンを結びつけることでおもしろいお話ができると思って作りました」と、作品の制作に彗星が重要な役割を果たしたことを述べた。また、毛利氏は自身が彗星を見た経験を交えながら「彗星のことを知るためには、実際に観測している人に聞くのがいちばん」と語り、客席の子供たちに宇宙と科学のすばらしさを伝えていたぞ。

 また、会場では7日7日の七夕にちなんだイベントも開かれたのだ。訪れた子供たちはそれぞれの願いを短冊に書き、毛利氏らといっしょに大きな竹にかけていたのだ。なお、『劇場版ポケットモンスター』の上映は7月19日から。たくさんの夢を集めて大ヒットとなりそうだ。

七夕イベント

▲宇宙飛行士の姿をした子供たちが、毛利氏たちとともに願いをかけた。短冊の中には、「ジラーチをゲットしたい!」というものも。

 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース