ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



スクウェア・エニックスの戦略説明会開催

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●『FFXII』は今期に、『ドラクエVIII』は来期以降に

 

 5月29日に都内で、スクウェア・エニックスが戦略説明会を開催した。説明会には、同社代表取締役社長の和田洋一氏、代表取締役副社長の本多圭司氏らが出席。2003年度の決算報告をするとともに、来期以降の戦略についても詳しく語られたのだ。

 

▲スクウェア・エニックスの和田洋一社長、本多圭司副社長が2003年度の決算報告をするとともに、今後の同社の戦略を語ったのだ。

 

 発表の席で和田社長は2004年度の事業計画について、パッケージ、オンライン、モバイル、出版といった面で合併の相乗効果が期待できると断言。全世界のゲームメーカーが15〜20パーセントの利益率も、スクウェア・エニックスでは40パーセントをキープするとした。また中期的な戦略を語る中で、日本のゲーム市場が海外のそれと比べて低下傾向にあることも指摘。今後はいかに海外で勝つかが死活問題になると主張し、今年の冬に予定している『ファイナルファンタジーXI』のサービススタートを筆頭に、欧米でのソフト展開に力を注いでいくことを強調したのだ。

 

 発表会で示されたスクウェア・エニックスの今後のコンテンツ戦略をまとめると、以下のようになる。

 

●パッケージソフトについて

・ビッグタイトルの安定したリリース。2003年下期のように、旧スクウェア、旧エニックスのビッグタイトルがバッティングしないよう、スケジュールを調整する。

・海外展開のための、ローカライズの強化。

●オンラインについて

・『FFXI』でのノウハウを活かした、コミュニティーマネジメントの強化。

・オンラインタイトルの充実。

●モバイルについて

・良質なコンテンツの提供。

・内部開発の強みを活かした、オリジナルコンテンツの開発。

●北米での展開

・直販体制の確立。

・オンラインビジネスの立ち上げ。

●欧州での展開

・多言語への対応。

・日本を上回る市場ポテンシャルの開拓。

●アジアでの展開

・急速なユーザー増への適切な対応。

 

 また発表会の最後に行われた質疑応答のなかで、注目の『ファイナルファンタジーXII』、『ドラゴンクエストVIII』、『キングダムハーツ2』についての説明も行われた。それぞれのタイトルについて、和田社長、本多副社長は以下のようにコメントしたぞ。

 

●『ドラゴンクエストVIII』について

和田:『ドラクエVII』までとは見た目から違うソフト。海外でも十分にやっていけるタイトルだと思います。それをどのように我々がプロモートしていくのかが重要。なお、今年度の発売予定には組み込んでありません。

本多:いま欧米で、日本のマンガやアニメがものすごく評価されています。またキャラクターデザインの鳥山明氏の作品も非常に人気がある。そういう意味でもポテンシャルの高いソフト。やはり、我々のプロモーションが重要になります。

●『ファイナルファンタジーXII』、『キングダムハーツ2』について

和田:『FFXIIについては、2003年度のスケジュールに入っています。『キングダムハーツ』の続編については、ライセンス契約がまだ着地していないので、交渉中というところです。

 

 

 

 

 

 

 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース