ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



『サクラ大戦 〜熱き血潮に〜』のCMの舞台裏をリポート

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●今後も"GEKITEI編"や"出撃編 真宮寺さくらバージョン"といろいろ

 セガから2月27日に発売予定のプレイステーション2用ソフト『サクラ大戦 〜熱き血潮に〜』。同ソフトのゲーム画面やムービーを編集したCM、"出撃編 大神一郎バージョン"が放映中だ。今後はこのほかにも、"GEKITEI編"や"出撃編 真宮寺さくらバージョン"といったCMも予定されている。

 これらのCMは、都内のスタジオで2月6日に"出撃編 大神一郎バージョン"、2月13日に"出撃編 真宮寺さくらバージョン"の声を収録。どちらのCMでも大神役の陶山章央、さくら役の横山智佐による気合のこもったセリフを聴くことができるぞ。
 

▲収録にのぞむ陶山章央。「CMのセリフはめいいっぱい気合が入りました!」とコメントしているぞ。

▲さくら役の横山智佐もノリノリで収録。こちらも気合十分! ちなみに"出撃編 真宮寺さくらバージョン"は発売日の2月27日以降に放映されるとのこと。


 また、2月8日には都内某所で"GEKITEI編"の撮影が実施された。こちらは"タクシー編"、"親子編"、"女子高生編"の3パターンが用意されていて、日常生活の中でついつい『サクラ大戦』のテーマ曲"檄!帝国華撃団"を口ずさんでしまう人々が描かれているのだ。
 

▲"タクシー編"ではタクシードライバーが歌を口ずさむ。ちなみに運転手役はとある会社の社長さんだとか。

▲"女子高生編"では、黒板を消しながら"檄!帝"を。テイクを繰り返すたびに、スタッフが黒板の字を書きなおしたりと、なかなかたいへん。


 

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース