ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



スクウェアとエレクトロニック・アーツが合弁契約を解消

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●2003年3月末日で合弁契約を解消

 

 スクウェアと米国のエレクトロニック・アーツは本日2月19日、両社の間で締結されている合弁契約を2003年3月末日で解消することに合意したと発表した。

 スクウェアとエレクトロニック・アーツは、’98年5月に、北米・日本市場におけるプレゼンスとブランドの確立を目的に北米でSQRARE ELECTRONIC ARTSを、日本でエレクトロニック・アーツ・スクウェアを設立していた。スクウェアは当初の目的を達成したと判断して、合弁契約を解消して事業展開していくことで合意したとしている。

 なお、日本のエレクトロニック・アーツ・スクウェアは、4月1日以降、エレクトロニック・アーツに社名を変更予定。米国エレクトロニック・アーツの100パーセント子会社として運営される。北米におけるスクウェアのソフト展開に関してはSQUARE SOFT(4月1日にSQUARE ENIX U.S.Aに改称予定)を中心に行っていくとのこと。

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース