ファミ通.com 携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

ファミ通媒体メニュー



発表会見から一問一答
【スクウェア・エニックス誕生! ニュースその3】

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

●「"イノベーションをどのように起こしていくか"、その体質を作るための合併です」

 既報のとおり、エニックスとスクウェアが合併を発表し、本日11月26日に都内で会見が行われた(→関連記事1関連記事2)。会見での質疑応答から、両社社長の発言を一部紹介するぞ。

――いまのゲーム業界では何がいちばんの課題か?

▲エニックスの本多社長。合併後はスクウェア・エニックスの代表取締役副社長に就任する。
 

エニックス 本多社長(以下、本多) ゲームを適用できる領域が、技術の発展により圧倒的に広がっている。これに対してユーザーが本当に望む作品が提供されているかが課題です。これからメインストリームになっていくであろうオンラインやネットワーク、あるいはオフラインの発展系も。すべてにおいて要望に応えたい、というのがテーマとしてあります。それに対するひとつの回答が、今回の合併であります。この合併によって、内製だけでなく外部のクリエーターも起用して圧倒的なパワーが手に入るわけです。このパワーをもってユーザーが本当に必要としている、刺激を受けたがっている、あるいはいい意味で裏切られる、そういったタイトルを供給していきたい、と考えています。

▲スクウェアの和田社長は、スクウェア・エニックスの代表取締役社長に就任する予定だ。
 

スクウェア 和田社長(以下、和田) 敢えてひとことで言うと、"イノベーション(創造、革新)をどういうふうに起こしていくか"ということだと思います。ユーザーの嗜好の変化、通信、エンターテイメントを取り巻く環境はずいぶん変わっていきます。これを有機的につなげて、どういうイノベーションを起こすか? そのイノベーションを起こすための体質、体力をどのように作っていくかというのがこの合併の趣旨であります。今後、イノベーションをわたくしどもで巻き起こしていきたいと思います。

――合併後の社名、"スクウェア・エニックス"について

和田 スクウェアもエニックスも、どちらもユーザーに非常に認知されているブランドであります。そのため、仮称ではありますが社名は"スクウェア・エニックス"とさせていただきました。ユーザーの意見も含めまして、これを変える変えないについても、今後決めていきたいと考えております。


――両社から発売が予定されているタイトルについては変更はあるのか?
 

和田 現状、双方から発売を予定しているソフトについては、確実にユーザーさんの手に届くように存続させていきます。
 
――両社が持っているカルチャーの温度差についてはどう考えているのか?

和田 もちろんカルチャーは違いますが、"創造"と"革新"というユーザーさんに対するベクトルは同じだと考えています。


本多 カルチャーが違うということはそれぞれいい部分を持っているというわけです。そのいい部分を活用していくということを、我々は最重要視しています。

――合併により開発体制はどのように変わっていくのか?

和田 スクウェアは完全内製型で、エニックスは外製型とほとんど現時点ではバッティングしておりません。現状ある相互の開発体制を延長するというように考えており、相互の開発体制について手を加えることは当分ないと思います。


――合併後のアイデアは、たとえば『ドラゴンクエスト』と『ファイナルファンタジー』を融合させたものも企画される可能性もあるのか?
 

和田 両社がいっしょになることで、いっしょにならなければできなかったことを企画していけたらと考えています。それが『ドラゴンクエスト』と『ファイナルファンタジー』を融合させた何かということでは必ずしもありません。

――スクウェアに出資しているソニー・コンピュータエンタテインメントとの関係は、この合併により今後どうなっていくのか?
 

和田 スクウェアはソニー・コンピュータエンタテインメントさんにご出資いただいております。しかし、この出資と私たち(スクウェア)がプレイステーション2にソフトを供給していることについては独立した問題です。ですから、合併により今後関係が変わるか変わらないかというと、これは(スクウェア)単独でも合併後でも、変わらないことだと考えています。

――新会社の新しいメディアへの展望は?

本多 日本においてはスクウェアさんがプレイオンラインで、オンラインゲームのひとつの市場を形成しています。これはコンシューマーの市場においてはまだ小さなもので、これをエニックスとスクウェアで大きな市場にしていきたい。また、両社が手がけているPCでのオンライン事業についても、さらには携帯電話のコンテンツはアジアや欧米においても広がっていく、これについてもお互いのコンテンツのいい部分を投入していければと考えております。

※関連記事1:エニックスとスクウェアが合併を発表!
※関連記事2:エニックスとスクウェアが記者会見を開催!
者会見を開催! エニックスとスクウェアが記者会見を開催!

ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークに追加
  • ライブドアクリップに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

この記事の個別URL

TVゲーム関連最新ニュース